Baseball Dolphins

海外野球・国際野球のいろんな話

全体表示

[ リスト ]

スペインリーグ・投手編です

名前 球団 防率  勝敗  登/先 四球  奪三  被打率  暴投 生年
BALBOA Jorge BCN 1.25  8-0  11-8  57.2 38  85   .124  10 1986 
SACRAMENTO Lowin A SBO 1.32  9-2  11-11  82.0  34  83   .197  4 1987
GONZALEZ Eric MAR 1.42  2-1  3-3  19.0  20   .136  1 1986
BELMONTE Pedro Pablo AST 2.11  7-3  11-8  76.2  40   .245  2 1972 
LLOPIS Pol VIL 2.45  4-4  10-8  58.2  17  35   .225  3 1987
HERNANDEZ Yoel MAR 3.24  6-3  10-9  72.1  23  59   .238  2 1974 
MAGALLON Alberto INA 3.51  4-7  12-12  77.0  29  47   .318  7 1982
CARRILLO Alejandro J HAV 4.09  1-2  4-4   22.0  17  18   .192  5 1990  
CASADO Andres NAV 5.12  3-3  10-9  58.0  19  25   .316  6 1993  
RIZO Miguel A MAR 5.26  3-3  7-5   37.2  13  22   .329  2 1979

とりあえず主に先発で投げている投手の上位10人をピックアップ。
奪三振も多ければ四球も暴投も多い本格派タイプのバルボアが、外国人枠の選手を除くと防御率トップ。イタリアのリミニではまともに登板機会が与えられず、スペインに戻った昨年も散々な成績だったのですが、今年は復活したようです。
去年代表デビューした元マイナーリーガー・サクラメントも絶好調。代表常連になりそうな予感がプンプンします。
マイナー帰りで途中加入のゴンサレスもまだ3試合ですが好投している様子。まあ当然といえば当然でしょう。
御年39歳の大ベテラン・ベルモンテは相変わらず与四球の低さが群を抜いています。
2007W杯で20歳ながら代表に選出されたジョピスは久々に代表復帰があるかも。
少し気がかりなのは代表エースのエルナンデス。かつて残した圧倒的な成績に比べると少々見劣りがします。バルボア同様イタリアで味わった苦境が調子を狂わせたのか、はたまた年齢的な問題なのか。
元代表で2年間のサスペンション明けのリソはかなり厳しい成績。今後輝きを取り戻すことはできるでしょうか。


名前 球団 防率  勝敗  登/先 四球  奪三  被打率  暴投 生年
LUENGO Miquel VIL 0.66  1-0  7-1  13.2  11   .178  0 1992 
MATIAS Daniel SBO 1.31  1-0  8-1  20.2 20   .129  1 1992
GARCIA Jonathan BCN 2.13  0-1  8-0  12.2   .288  2 1989
FENTE Ruben D SBO 2.25  0-1  9-0 12.0   .256  1 1989
MENDIZABAL Markel INA 3.27  0-0  10-0  11.0   .262  2 1991
JIMENEZ Oscar BCN 3.38  2-0  12-2  29.1  20  30   .217  2 1991 
CAMINO Gabriel Kalev VIL 3.78  1-1  7-2 16.2  12  15   .238  4 1990
JODAR Marc VIL 4.87  2-1  8-1  20.1  17   .237  1 1985
CESPEDES Yorking NAV 4.28  2-3  10-3  27.1  19  15   .279  5 1992

こちらは主にリリーフでそこそこ登板している選手を拾いました。
全体的に若い選手が多く、あまり代表では聞かない名前が多いです。
まずパッと見、馴染みのあるのはフェンテ。初の代表戦だった昨年のユーロではクロアチア相手に炎上してしまいましたが、国内では中継ぎとしてトップクラスの成績を残していました。力はあると思うのでじっくりキャリアを積んで欲しいところです。
ヒメネスも最近よく聞く名前ですね。若年層の大会から主力として活躍してきた野球エリートで、将来の代表エースと目される選手。バルサは先発のコマがそろっているのでリリーフ登板が中心ですが、正直先発投手として育ててほしいところです。
あと目をひくのは、いずれも92年生まれのルエンゴとマティアス。ルエンゴは昨年もそこそこ投げてはいたのですが、今年はかなり成績を改善させています。マティアスは2007年、2009年と2大会連続でAAA代表に選ばれた選手で、登板ゼロの昨年から大きく飛躍。
2008ユーロU21にも出場し、翌年バルサのトップチームに昇格するも過去2年全く出番がなかったガルシアも、今年はそれなりに戦力になっています。
若い力の台頭は見ていて気持ちいいですね。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんにちは。最近更新されていないんですね。体調がよろしくないので?心配です
あと、ネタさがすのも大変ですしそれに自分の好きなときに書くものと自分も書いている身としてはわかってはいるものの・・・
更新待ってます! 削除

2011/7/18(月) 午後 5:01 [ 野球ふぁん ] 返信する

顔アイコン

励ましのお言葉、嬉しいです。体調は問題ないですよ〜
とりあえずヨーロッパのシーズンが一通り終わったら何かしら書こうと思っています。
これからも多少でも有用なものを書いていこうと思います。
よかったらこれからも見てくださいね

2011/7/22(金) 午前 0:58 [ ruirui ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事