ここから本文です

THE 舶来寄席 ブログ

書庫全体表示


いよいよ開幕!
THE 舶来寄席 2017 winter
吉本新喜劇×ワールドエンターテインメント特別公演

2017年 2/3(金)〜2/26(日)


いよいよ本日!「THE 舶来寄席 2017 winter」が開幕!今回のキャストは、2014年初回公演にて上演し、羽1枚とヤシの枝だけで組み合わせたオブジェが絶妙なバランスで空中に浮かびあがる展開に思わず引きずり込まれるパフォーマンスを披露した「マディール・リゴロ」が多くの声を頂き待望のカムバック!そして、世界最速!超速ジャグラー「マリオ・ベロセック」、今までに見たことのない足を使ったユニークな足の人形劇「アンネ・クリンゲ」ほか世界一流のアーティストが6組集結。吉本新喜劇からは、辻本茂雄「茂造」、すっちー「すち子」、アキ&清水けんじ&酒井藍ユニットの日替わりで実施、今人気絶頂の座員が新たな作品で参戦。果たして今回はどんなステージが繰り広げられるのか!?まだブログでご紹介していなかった「暴走自転車カップル」デュオ・ライド「どたばたトランポリン」プロフェッサー・ワッコーはじめ、あらためて出演パフォーマーのご紹介をさせて頂きます!


待望の再演!バランスの魔術師
マディール・リゴロ


羽・ヤシの木を用いた緊張感が張り詰めた見事なバランス芸で、洗練された舞踏・音楽を融合し芸術性に満ちたパフォーマンスを披露するマディール・リゴロ2014年の「THE 舶来寄席」公演時にも上演し大好評を得たパフォーマンスが待望の再演!


◆より詳しいマディールさんの記事はこちら



ポールを操る 美女大国ウクライナの妖精
ヘレナ・リーマン


イメージ 1

ポールダンスにアクロバットやバレエの要素を重ねあわせた妖艶なアクトで官能的かつパワフルな動きで魅せる。古典的な気品、官能的な魅惑、スポーティで垢抜けた上品さ…といった彼女の類稀なる多才さで、ヨーロッパ中のテレビ番組やショーの観客たちを驚嘆させているへレナ・リーマン

◆より詳しいへレナさんの記事はこちら



世界最速!超速ジャグラー
マリオ・ベロセック



1974年チェコ共和国のプラハで、何代も続く有名なサーカス一家に生まれたマリオ・ベロセック両親もジャグラーで、1984年父からジャグリングを教わってから33年間ジャグリングを継続中。目で追うことのできないほどの速さでクラブを操り、世界で最も速いジャグラーとしてギネス記録を持っている。

◆より詳しいマリオさんの記事はこちら

◆今年行われた「第41回モンテカルロ国際サーカスフェスティバル」でマリオさんがブロンズ・クラウン賞を受賞しました!



足技で織りなす"ラブストーリー"
アンネ・クリンゲ



ひとりの足で行うユニークな人形劇を行うアンネ・クリンゲ。1999年に足人形を創作、劇場も設立。老若男女どの層も飽きさせないショーで、90分もの長尺の作品もあり、現在までに8つのショーを制作している。2005年より国内及び欧州に於いてインターナショナル・フェスティバルやテレビ番組、バラエティ劇場に出演。2016年ドイツ・ポーランド・ウーゼドム島で行われた「インターナショナル・クラインコンスト・フェスティバル」では優秀観客賞及び子供審査員賞を受賞した。

◆より詳しいアンネ・クリンゲさんの記事はこちら



ロシアのおっちゃん ほんまに大丈夫なん?
プロフェッサー・ワッコー



アクロバティックなトランポリンにコメディ要素を盛り込んだコメディ・トランポリン芸。ハチャメチャ・プロフェッサーのプロフェッサー・ワッコーがリズミカルにステージを飛びまわる。1980年、モスクワ・オリンピック開会式に10歳で出演。ロシア舞台芸術大学を卒業。以降、ヨーロッパ内のサーカス・フェスティバル、テレビ番組に多く出演している。

ワッコーさんは、1月28日に来日し、翌29日には西梅田スクエア(旧大阪中央郵便局跡地)にて行われた「よしもとラフピーパーク冬祭り」でひとあし早くパフォーマンスを披露しました。華麗に空を舞い、砂利道に飛び落ちるという捨て身のトランポリンパフォーマンスに爆笑と歓声があがりイベントを大いに盛り上げてくれました!

本名はウラジミール(Vladimir)さんでプロフェッサー・ワッコーという名前の由来を聞いてみました。

プロフェッサー・ワッコー:
「コメディ・トランポリンをアメリカで上演した時、ハチャメチャな演技からアメリカ人のプロデューサーが「本当にアタマがおかしいんじゃないか。名前をワッコー(Wacko)にしろよ」と言われたことからです。Wackoはアメリカのスラングで変な奴とかおかしいという意味で、プロフェッサーはイギリス人の仲間がつけてくれてくれました。」

※ワッコーさんはいたって真面目な方です。

ワッコーさんは、今回が初来日!日本食で好きな食べ物はお寿司で、日本でなんでもやってみたいそうです。他にも、好きなことは「釣り」。好きな言葉は「Thanks(有難う)」、ロシアのおすすめスポットは「モスクワ」、パフォーマンス前にやる事は「基本的なウォーミングアップ」と色々教えてくれました。

パフォーマンスの見どころは「私のパフォーマンスすべて」とのことです!




キューバの自転車暴走カップル
デュオ・ライド



リス・メリー・デルガオとダリエン・フラガのコンビが自転車で華麗なアクロバットを披露するデュオ・ライドふたりはキューバの国立サーカス学校でアクロバット、自転車、ポールパフォーマンスを学ぶ。フランスやスペイン、デンマーク、オランダ、ベルギーなどヨーロッパをはじめ世界中を巡業。ベルギーのサーカスフェスティバル“Coup de Coeur 2014”で銀賞を受賞。

デュオ・ライドは、ダリエンとリスさんのご夫婦デュオ。今回が初来日となります。富士山さんや東京、そして古いお城などを訪ねてみたいそうです。日本食にはなじみがなくよく知らないというお二人。この機会に、ぜひ日本のおいしい食べ物を知って欲しいですね!他にもお二人に気になることを聞いてみました。

好きな食べ物や好きな言葉は?

「好きな言葉は、Love, GOD (愛・神)。伝統的なキューバ料理が好きですが、普通の魚や肉も好きです。」

パフォーマンスに集中する儀式などありますか?

「特に儀式というのはありませんが、ショーの後はインターネットをしてリラックスしています。また趣味としてもインターネット、テレビでスポーツ番組を観たり、映画鑑賞や音楽を聴くのが好きです。」

キューバとフランスのおすすめスポットを教えて下さい。

「我々の母国キューバではVaradero(バラデーロ)ビーチ、Cayo Coco(カヨ・ココ島)、Viñales Valley(ビニャーレス渓谷)、そしてやはり首都のハバナとシエゴ・デ・アビラ(Ciego de Ávila)ですね。今はフランスに住んでいるので、フランスのおすすめの場所はパリ、コートダジュール、ボルドーです。」

Varadero(バラデーロ)は、キューバ有数のビーチリゾート。Cayo Coco(カヨ・ココ島)は、世界屈指の透明度を誇る遠浅の白浜と美しいサンゴ礁。Viñales Valley(ビニャーレス渓谷)は、映画ジュラシックパークのような、古代を彷彿とさせる景色が広がるカルスト地形の窪地。Havana(ハバナ)は、キューバの首都。Ciego de Ávila(シエゴ・デ・アビラ)は、キューバ中部の都市で、サトウキビ、パイナップルなどの熱帯果実の栽培が盛んだそうです。

「私たちのパフォーマンスで最高で一番見てほしい場面は、静止した自転車の上で私(ダリエンさん)の頭の上でリス(奥様)がバランスをとるところ。そして・・・最後の瞬間まで見て欲しいです!」とこたえて下さったダリエンさん。最後の瞬間がとても楽しみです!


出演パフォーマーさんの情報いかがでしたでしょうか?楽しく、激しく、美しいパフォーマンスから、吉本新喜劇まで、世界一流のアーティストが大阪・なんばに集結する「THE 舶来寄席 2017 winter」で、テレビでも、ウェブでもない、ライブによってのみ伝わるここでしか味わえない感動を堪能して下さい!


THE 舶来寄席 2017 winter
その他の動画はこちら


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事