国際結婚の安心・安全はない

国際結婚は日本の民法の枠外なんだと最近やっとわかりました

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 防衛問題や安全保障問題の話になると、一般の国民はとたんに難しいと思ってしまう。私も軍事専門家ではない。しかし技術的、専門的な事などほとんど知らなくても、根本的なところを見る目があればいいのだ。それは常識があればできる。大切な事は、「おかしい」と思ったら、それを一歩進んで自分の頭で考えてみることである。

 3月18日の朝日新聞は、わが国の本土を守る防衛システムが、ついに国内にはじめて配備される事を報じた。埼玉県にある航空自衛隊入間基地に3月末までに最初のパトリオットミサイル3が配備されるという。今後2010年度までに段階的に全国16箇所の航空自衛隊基地に、パトリオット3が配備されていくことになる。

 全体で1兆円とも言われるこの迎撃ミサイルシステムが、本当に本土防衛の役割を果たすのか。それはもちろん素人の一般国民にはわからない。しかし本当のところは自衛隊もわからない。米国でさえもわからないのだ。なぜならば技術力が開発途上であるからだ。配備しながら開発を進めるといった見切り発車であるからだ。

 そもそも今回日本国内に配備される地対空迎撃ミサイルシステムというものは、3月16日の私のブログで書いたように、敵国から発射されたミサイルを海上に浮かべたイージス鑑のミサイルが撃ち損ねたものが、本土に向かって来て、それを着弾する間際に撃ち落すという離れ業の迎撃ミサイルシステムである。撃ち損じたら、確実に本土に被弾する。それが都心に被弾すれば壊滅的被害を受けることは間違いないちなみに3月20日の読売新聞は、宇宙工学アナリストの試算であるとして、核弾頭を搭載した弾道ミサイル(広島に投下されたウラン型爆弾の約10倍の威力のものを想定)が永田町を直撃した場合には、約200万人が即死、約100万人が重度の放射線被爆をこうむるとしている。実際はそれよりはるかに犠牲は大きいに違いない。

 このような破壊的な核弾道ミサイルを今の技術では確実に防ぐ事は出来ないというのに、今回日本に配備される地対空迎撃ミサイルシステムには、それ以前の問題として根本的な欠陥がある事が、この3月18日の朝日新聞の記事は教えてくれている。

 すなわち今回導入されるパトリオット3の防御範囲はわずか半径20キロという。だから入間基地に置いたぐらいでは皇居は愚か東京都心さえもまったく守れない。それは横田基地に置いた場合も同様である。だから平時は自衛隊基地に配備しておくとしても、迎撃の際は必要な場所に展開させなくてはならない。ところが都心の何処に展開できるというのか。自衛隊内部で真剣に考えた結果、民間の土地借り上げの手続きにかかる時間や、市民生活に与える影響、経済的補償問題など、困難な問題が立ちはだかり、結局は自衛隊基地や駐屯地に展開する他はないという結論になったという。つまり今回決定された配備計画では東京の中心地は守れないのである。それどころか国民の生命が十分に守れないのだ。

 私は3月16日のブログで、敵地から発射されたミサイルを、日本が導入した最新のイージス鑑では迎撃できないという実態が明らかにされた事を指摘した。今回の朝日新聞の報道は、本土に着弾しようとするミサイルを迎撃するというギリギリの防衛さえ、米国から導入しようとしているシステムでは技術的に不可能である事を証明したのだ。

 一体何のために総額1兆円もかけて米国の迎撃ミサイルシステムを導入しようとしているのか。国会はこの事実を国民に説明する義務があると思う。日本の防衛予算は米国軍需産業への資金協力の為にあるのではない。防衛政策は一握りの防衛族や外務・防衛官僚の独占物ではないのである。
http://www.amakiblog.com/archives/2007/03/20/#000305

閉じる コメント(7)

税金なんですよね これらは ホントに 全く 怒りしか 沸いて来ないですね 全く

2007/3/23(金) 午後 10:36 [ 建築や ] 返信する

こんばんは!これは本当に不確実な迎撃システムですよねー。私もこれを装備するよりも核弾頭を積んだ原潜が10隻ぐらいあればいいのでは?って思いますよ。どうせ照準は北京と平壌ぐらいでしょうけど。

2007/3/24(土) 午前 0:41 keinoheart 返信する

顔アイコン

あまきさんのおっしゃるとおり、悪辣な侵略国家中国に対抗すべく、日本は核武装すべきです。そしてAmericaから独立すべきです。 削除

2007/3/25(日) 午前 11:53 [ nanto ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。確かにこの迎撃システムは不完全なものです。守備範囲が狭い上に100%の迎撃能力はありません。1割撃ち損じても壊滅的な被害を被るでしょう。ではあなたはどうすれば良いとお考えですか。米国が全面的に守ってくれる。こちらが平和的ならば敵は攻撃してこない等とは信じられてはいないでしょうが。北朝鮮とは比べ物にならないくらい覇権主義の中国の方が脅威では無いでしょうか。最近の研究では先制攻撃能力より報復攻撃能力が重要視されています。私も報復攻撃能力が唯一の抑止力だと思います。 削除

2007/3/25(日) 午後 1:16 [ yamatotakeru ] 返信する

飛んでくるミサイルを迎撃するのは無理です。アメリカの関連企業とそこからキックバックを受け取る日本の政治家による日本国民の税金搾取です。日本は自主的な核武装をして撃たせないようにしなければいけません。

2007/3/25(日) 午後 3:06 coffee 返信する

顔アイコン

皆さんにコメントいただいて、ありがとうございます。軍事知識は持っていないので、転載貼り付けしただけなんですが、私の考えはだいたいコメントいただいた皆さんと同じなんです。天木氏は憲法9条本気で守れと考えているのかどうかよくわかりません。本気だったら元外交官として??です。

2007/3/26(月) 午前 11:07 ドルナ 返信する

顔アイコン

あまり役に立ちそうもないアメリカの兵器を巨額の費用をだしてなぜ購入・配備するのか?・・・ヤクザへの上納金と同じですね!、、(^O^;

2007/3/27(火) 午後 9:16 - 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事