ここから本文です
お茶の間歌声喫茶「山椒魚」
♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 歌声で平和・連帯・健康を! 出前歌声も申し受けています。

半年振りでした

ようこそ
  お茶の間歌声喫茶山椒魚 へ!

   ご訪問ありがとうございます

本日のお題 半年振りでした

昨日は、かしわぎ園への出前うたごえでした。

かしわぎ園…障がい者の居住型施設。2012年から不定期に訪問。数年前
       から隔月訪問。今回で22回目?
       参加自由。入居者の半数以上が参加されます。全員車椅子で
       す。

今年の2月に予定されていたのですが、インフルエンザの流行のため、中止となりました。昨年の12月は、あるじ(私)が風邪をひき、初めてあるじ抜きの訪問となりました。したがって、あるじにとっては半年ぶりの訪問となります。

イメージ 1

いつものように、開演30分前から、徐々に集まってきます。開演の2時 15分には、投薬などの都合で、参加希望者全員があつまりません。   開始20分ぐらいで、ほぼ、揃います。開演時間を送らせることも考えなければなりませんね。
今回も40名以上が参加してくださいました。初めて見る方も数人いらっしゃいました。入居者も入れ替わっているようです。施設のスタッフ、山椒魚スタッフ(11名)を含めると60人を超えました。

ダイジェスト版歌集を使い、リクエストを頂いて歌っていきます。
自分で書ける方もいらっしゃいますが、大半は山椒魚スタッフが聴きとって書きます。言葉が不明瞭で聞きとるのも大変なのですが、何とかリクエストを頂いてきます。
歌集に載っていない曲のリクエストもあるのですが、可能な限り対応します。今回も、3曲ほどあったのですが、2曲は歌うことができました。1曲は、次回の宿題となりました。

笑い話などのを入れるのですが、反応が弱く、どうしても、歌中心になります。でも、できるだけ、色々な話をするようにしています。

今回は、山椒魚専属?トランペッターのKさんに2曲演奏をお願いしました。歌ばかりだと、私も、皆さんも疲れますので。この会場は、とても響きが良く、トランペットの音色もとても柔らかく響きます。

イメージ 2

「瀬戸の花嫁」の替え歌にも挑戦してもらいました。そして定番の「幸せなら手をたたこう」も。

イメージ 3
幸せならハイタッチ

最後は、「今日の日はさようなら」です。
車椅子のまま手を繋いでもらいます。隙間のある所にはスタッフに入ってもらいます。

60分、しっかりと歌い切りました。
みなさん、名残惜しそうにしながら、部屋へ戻られます。

ここは、若い方も多いので、若者向きの曲を用意しなければなりませんね。
かしわぎ園用に、別冊を作る必要がありそうです。

リクエスト伺い、歌集めくり、歌詞コール、トランペット演奏、そして伴奏と、今回も、チーム山椒魚が大活躍でした。ご苦労様でした。



おまけ

イメージ 4
ヒバリのホバリング



おあとがよろしいようで…。



蘇る「本店」?

ようこそ
  お茶の間歌声喫茶山椒魚 へ!

   ご訪問ありがとうございます

本日のお題 蘇る「本店」?

昨日は、半年振りの「ほろ酔い歌声喫茶トレビアン」でした。

スナック&パブ「トレビアン」を貸し切っての歌声喫茶です。夜の6時30分〜8時15分。700円、ワンドリンク付き、アルコール可。1000円で飲み放題となります。完全予約制。三か月に一回のペースで開催しているのですが、冬期間は足元が危険なのでお休み(冬眠)しています。
暖かくなったので、昨日、再開しました。

予約23名に飛び込み1名、お店のスタッフ2名で、総勢26名。会場はほぼびっしりとなります。今回、初参加のお一人を除き、みな顔なじみ・常連さんです。といっても、仕事の都合などで、コミセンで日中開催している歌声喫茶には参加できないため、「ほろ酔い」のみのお客さんも何名かいらっしゃいます。そんな話を聞くと、「ほろ酔い」を止めるわけにはいきません。お店の、ママさんも楽しみにしてくださっています。15人以上であれば、お店としても損はないということです。

通常の歌声喫茶は、リクエストカードを使いますが、ここでは、カードを使わず、座席順に自己紹介をしながら、リクエストしていただく方式です。
私どもは「本店方式」と呼んでいます。

※注・「本店」…私どもの歌声喫茶は最初、我が家の茶の間を開放して開   
         催していました。それで「お茶の間歌声喫茶」と名乗っ
         た訳です。そのうちに、コミセン等他の会場でも行うよ
         うになり、我が家での歌声喫茶を「本店」と名乗るよう
         になったのです。

この「本店方式」がとても気に入ってるのです。人数が少ないことに加えて、皆さんの自己紹介が個性的で、場を盛り上げ、親近感を醸成してくれるのです。

そんなわけで、「ほろ酔い歌声喫茶」は、他の歌声喫茶とは異なる独特の雰囲気になるのです。「本店」は、参加人数が増え、入りきらなくなってきたのと、準備が大変なので2年ほど前に閉店してしていまったので、今はこの「ほろ酔い」が「本店」の雰囲気を受け継いでいるというわけです。

イメージ 1

リクエストカードは使いませんが、それ以外は、変わりません。ひたすらリクエスト曲を歌っていきます。お店のスタッフ(ママさんと若い娘)にもリクエストをしていただきます。「今日は何の日」のコーナーもありますし、手品(今回はお休み)やクイズも…。

そうそう、もう一つ違うのは、MCの中身です。夜、ほろ酔いということもあって、MCは「アダルトネタ」が中心となります。ネタを仕入れるのが大変ですが、そこはインターネットの時代ですから、比較的簡単に手に入いります。問題はネタの選別です。ひんしゅくを買わないように、あまりきわどいネタは没にします。今回は、一般的なアダルトネタに加えて、ネット上で今話題となっている、東大入学式の上野名誉教授の祝辞を紹介させてもらいました。これだって立派な「アダルトネタ」ですからね。

105分、ノンストップで26曲を歌いました。最後はお決まりの「今日の日はさようなら」です。

イメージ 2

次回の7月の日程も決めました。
終了後、女店主がら、「こんなに喜んでもらえるのなら、二カ月に一回にしましょうか」という提案がありました。
お店の方とも相談して、前向きに対処していきたいと思います。


おまけ

イメージ 3
      4月13日 室蘭岳から眺た羊蹄山




おあとがよろしいようで…。

 

いい受付方法は?

ようこそ
  お茶の間歌声喫茶山椒魚 へ!

   ご訪問ありがとうございます

本日のお題 いい受付方法は?

一昨日(10日)は定例の豊川コミセン歌声喫茶でした。
前日までの予約が31名。当日予約と予約なし含めて31名。
合計62名なってしまいました。

こちらは、コミセン主催。予約受付、当日受付、会場準備、飲み物の準備は、コミセンスタッフさんが行います。我ども山椒魚は、プログラムの原板作成、音響機材のセッティング、当日の企画・司会・進行・伴奏、そして後片付けのお手伝いとなっています。

予約は原則、コミセン窓口での直接予約(料金200円支払い)、遠距離などやむを得ない場合は電話受付(料金は当日払い)となっており、予約なしはお断りとなっていたのですが、参加者の要望もあって、電話予約や当日参加も認めるようになっていました。高齢の方も多く、予約と当日と2度足を運ぶのは大変、特に冬場など天候の関係で、当日にならなければ参加できるかどうかわからない等々がありますので…。

コミセンサイドは、予約が少なくても、座席・飲み物を多めに用意して下さっているのですが、今回のように、予約の2倍となると、大変です。
今回は、飲み物が足りなくなってしまったようです。
「できるだけ予約してください」「飲み物を薄めて提供しなければならなくなりますので」と、その都度、お願いしているのですが。
急に体が空いて参加できるようになったという方を、機械的にお断りするのもどうかと思ったりして…。

今のままで、コミセンスタッフさんにご無理をかけるのか、完全予約制にして、一切当日参加は認めないことにするのか、それとも、会場のスペースには余裕があるので、思い切って、予約制を廃止するか、頭を痛めています。

イメージ 1

北海道の場合4月になると、啓蟄じゃないけど、温かくなって、皆さんの活動が活発になるんですよね。今回の62名はそのせいかもしれません。
初めての方も5〜6名、いらっしゃいました。ご夫婦も数組。男性お一人様もたくさんいらっしゃいましたよ。

同じ曲に複数の方からのリクエスト曲が多かったせいもあって、全リクエスト曲を歌いきることが出来ました。基本は抽選なのですが、複数リクエストは優先されますので、相談して出されているようです。

ここ数日、肺の調子が悪く、すぐ息切れするので、ソングリードは2番からとか、音域の高いところ(低音域は、息をいっぱい使うので)だけにするとか工夫しています。まあ、その分、もう一人のソングリーダー(女店主)に負担がかかっていますけどね。

その代わりと言っては何ですが、MCには力を入れています。しっかり準備をして、他の会場でのMCとだぶらないように工夫しています。一般参加者はもちろん、毎回参加している山椒魚スタッフにも、楽しんでいただけていると思っています。

最悪、歌わないで、ギター伴奏とMCだけというのもありかなと思っています。でも、家でもトレーニングをしていますので、まだ、しばらくは歌えるでしょう。


イメージ 2

いつものように、「今日の日はさようなら」で締めました。
2時45分が予定終了時刻。写真に記された時刻を読むと、一分オーバーですね。私の時計では5秒前に終わっていたんだけど。
あんまり延びると、コミセンのスタッフさんに迷惑をかけることになるので、終了時刻はしっかり守るように心がけています。



おあとがよろしいようで…。






[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事