梢のぶつぶつ

最近は高い木が少なくなったけれど、それでもこうしてとまっていると遠くのものも見えてくる。

全体表示

[ リスト ]

風が吹くとき

「風が吹くとき」というアニメ映画がある。

老夫婦ジムとヒルダは片田舎で年金生活をおくっている。
ある日、核戦争が勃発する。
村にも「風」が吹いた。
「だいじょうぶ。我が国はまた勝つさ。」
ジムはそんなことを言いながら、政府発行のパンフレットにしたがって手近な物でシェルターを作り、ヒルダと2人でパンフレットに書いてあるとおりに救援を待つ。
もちろん、手作りシェルターは放射能なんか防げる代物じゃない。
それでも人の良いジムたちは「政府」を無邪気に信じ、シェルターで迎えが来るのを待つ。
水がなくなったのでジムが雨を集めて飲み水にする。
「雨ほどきれいな水はないのさ。」
ジムは得意げにヒルダに話す。
子供の頃の思い出話などしながら、2人は政府の誰かが来るのを待つが、誰も来ない。
ラジオも何も言わない。
2人にはしだいに放射能におかされた症状が出て、やがて死んでしまう。

あらすじだけ見ると悲惨なだけの映画のようだが、全体に流れるトーンはそうではない。
ゆったり、のんびり、静か、おだやか・・・
そんな感じ。
「日本昔ばなし」みたいな感じ、といったら近いだろうか。
だが、そのおだやか過ぎる映像を見ながら観客の頭の片隅に常に浮かんでくるのは「手遅れだ・・・もう手遅れなんだよ・・・」という言葉。
そして、「知らない」ことの怖さ。

映画が終わって観客席が明るくなると、ほぼ間違いなく観客が思うであろうことがある。
(そうだ。この世界はまだ手遅れじゃないんだ・・・)

反核映画としては出色の出来だ。
名作と言っていい。



今回の福島の事故と、そのあとのさまざまな対応を見ていて、ふとこの映画を思い出した。

閉じる コメント(16)

そうだ…まだ手遅れじゃない!
そんなに時間はないと思うけど…

2011/7/28(木) 午後 11:20 [ ロマンチッカーnao ] 返信する

顔アイコン

その映画面白そうですね。

本質を突いているかも。

2011/7/29(金) 午前 0:06 [ SUE ] 返信する

顔アイコン

ロマンさん、SUEさん、いらっしゃいませ。
ビデオ屋さんでひょっとしたら見つかるかも。
なにしろ古い映画です。

2011/7/29(金) 午前 10:55 [ MM21s ] 返信する

全然違う話題ですけど、『宣戦布告』と言うのも良いかも。
政治関係と言うか、何か似ているかな…。

GyaO!でやってますよ。
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00908/v12032/v1000000000000000055/?list_id=391976

2011/7/29(金) 午後 11:25 [ - ] 返信する

顔アイコン

これも面白そうかな。
でも、きっとこの映画で描かれているほどにも日本の危機管理はちゃんとしてなくて、もっとお間抜けなんではないかと・・・

2011/7/30(土) 午前 11:23 [ MM21s ] 返信する

えぇ、たぶん。

2011/7/31(日) 午前 0:31 [ - ] 返信する

顔アイコン

観てみたいです。外国のアニメですか?これだったらNHKとかで今放映してもいいような。というかしてほしいですね。

2012/3/16(金) 午後 11:48 [ hay ] 返信する

顔アイコン

hayさん、コメントありがとうです。
原発事故についてさえちゃんと報道しないNHKが放映するわけないでしょ。
古いアニメだけど、ツタヤあたりだとあるかも。

2012/3/17(土) 午前 11:26 [ MM21s ] 返信する

顔アイコン

昨年の年末にEテレで深夜に放送された『低線量被爆の驚異』という番組は、そこまで切りこんだか、という内容でした。原力関係者からは講義が殺到し、一部その筋のネット上では捏造データを使って番組を作ったと言われています。

この番組の信ぴょう性に疑いを持たせようとする人々が出るくらい確信に迫っていたのだと思います。

ニュース番組はダメかも(^^;)しれませんが、まだ、なんとか真実を伝えようとしている人がいると思いたいです。

2012/3/18(日) 午前 1:13 [ hay ] 返信する

顔アイコン

hayさん、コメントありがとうです。
へえ、そこまで切り込んだ番組があったんですか。
見落とした。

2012/3/18(日) 午後 9:25 [ MM21s ] 返信する

顔アイコン

番組名がちょっと間違っていました。

追跡!真相ファイル 『低線量被曝 揺らぐ国際基準』

http://www.dailymotion.com/video/xnbnjg_20111228-yyyyyy-yyyyyyy_news

で映像がまだ見られるようです。30分弱なので、気楽に見れる時間です。

2012/3/18(日) 午後 10:13 [ hay ] 返信する

顔アイコン

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51765031.html

↑ここで池田信夫氏は、先の番組をデマと決め付けていますが、その理由を読んでも私にはサッパリ分かりません。即時脱原発に反対する人たちの多くは、この方を根拠にしているようです。

この方、どういう方かご存知ですか?こんなコメント貼り付けてご迷惑かもしれないので内緒にして投稿します。

2012/3/18(日) 午後 10:49 [ hay ] 返信する

顔アイコン

hayさん、コメントありがとうです。

ああ、この番組なら見ました。

2012/3/18(日) 午後 11:14 [ MM21s ] 返信する

顔アイコン

hayさん、もひとつコメントどーも。
行って見てきましたが、よーするに池田氏は「自分の気に入らない話はデマだ」と言ってるだけのように見えます。
この手の「自分の気に入らない話はデマだ」タイプの論客は反原発の連中の中にも見受けられますね。
まあ、主張が同じなのでおいらはそっちは苦笑いして見てるだけですが。
『反論』するなら、データのどこがどうおかしいのか、なぜおかしいのか、を書かなければ『科学的』ではありませんね。(自分で『科学的』って言葉を使っちゃってるだけに笑えるよね)

2012/3/18(日) 午後 11:29 [ MM21s ] 返信する

顔アイコン

ついでに、もひとつ。
『危機管理』というのは、最悪の事態を想定して手を打つものです。
100万人がガンになるかもしれないし、ならないかもしれない。
内部被曝はわずかでもさまざまな病気を引き起こすかもしれないし、そうでないかもしれない。
ならば、害の大きい方の可能性をベースに対策をとり、生活のスタイルを考える。
これが危機管理。
SUEさんのブログでの提案は、非常にバランスのとれた良い提案だと思いますよ。
こういうレベルの高いブログを読んだあとで、池田氏のようなブログを読むと、へらっと笑っちゃうんだよね。

2012/3/18(日) 午後 11:38 [ MM21s ] 返信する

顔アイコン

そうなんですよね。明らかに何かおかしいと思いつつ、頑として主張してくるところにちょっとひるんでしまう自分がいます。

あと、こういう方々が使う都合のいい言葉、『放射能を正しく怖れる』っていうのが、聞いてて違和感です。なんだそれ?って。

放射線による人体への影響はまだまだ未知なことも多いのに、なんでそんなに上から目線なの?と思います。奢れる者は久しからず!

・・・最近、ちょっとありまして、愚痴っぽくなりすみません。
爽やかSUEさんを見習わなくてはです。

例のブログまでご足労いただきましてありがとうございました。MM21sさんの視点から、勉強させていただきましたm(_ _)m。

2012/3/19(月) 午前 0:35 [ hay ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事