梢のぶつぶつ

最近は高い木が少なくなったけれど、それでもこうしてとまっていると遠くのものも見えてくる。

全体表示

[ リスト ]

NOと言えない有権者

各候補、政党の主張をよく観察し、自分の頭で判断して、有権者としてダメな候補にはNOをつきつけよう。

ちょいちょい目にするフレーズだ。

だが、実は『有権者』にはNOという選択肢は与えられていない。
有権者はこう聞かれている。
「さあ、あなたに選択肢をあげましょう。YESですか、それとも白紙委任ですか?」
・・・・・・・・・・・

もし、白票が最大得票候補の票を上回ったら選挙が無効になって、やり直し選挙には今回の候補者は立候補できない。というなら「NO」はある。
または、「こいつにだけはやらせたくない」という候補者名に×をつけて投票することができ、得票数から×の数を引いて当選者を決める。というならこれも「NO」はある。

しかし、今の選挙制度では、立候補した候補者や政党のうちのどれかに「YES」を入れるしかない。
抗議のつもりで白票を投じても、数が多ければマスコミは騒ぐだろうがそれだけだ。
棄権しても同じ。
それは単に「誰でもいいから、好き勝手にやってください」ということにしかならないのだ。

では、どうすればいいのか?

特に今回のように政党乱立状態のときは・・・

どの政党も過半数をとれなければ、選挙後に当然くっついたり離れたり「政界再編」のような動きが起きるだろう。
どの勢力が力を持ったらどんな動きが起きるか。
どんな動きになったら、自分が望む国の方向になるか。
日々情報をチェックし、推理し、
そして2票(小選挙区と比例代表)を投ずる。

「清き1票」などと言うが、2票あるのだよ。実は。

そう。
有権者は『人事担当者』だ。
誰かは採用しなくてはならない。(YESを言わなきゃならない)
どいつを採用し、どいつに力を持たせたら、会社は業績を伸ばせるか。
推理力とプロデュースの力が問われている。


そう考えたら、「選挙は面白い」って思えないか?

閉じる コメント(6)

白票についての考え方に賛成!

2012/12/3(月) 午後 10:30 [ ロマンチッカーnao ] 返信する

顔アイコン

ロマンさん、コメントありがとうです。
震災があり、原発事故があり、それでなお有権者の意識が変わってないとしたら、この国は終りです。

2012/12/4(火) 午前 11:11 [ MM21s ] 返信する

顔アイコン

こいつだけにはやらせたくない・・・いいですね。この政権だけにはやらせたくないとか。いずれにしても小選挙区制は本当によくない制度ですね。全国における得票数を比例に反映させるとかできないんでしょうか。

2012/12/4(火) 午後 7:09 [ hay ] 返信する

顔アイコン

hayさん、コメントありがとうです。
×印制度、いいでしょ♪
小選挙区でやるなら人物本位で選べるようにする。(選挙期間を長くとって1人1人吟味できるようにする)でもって、党議拘束は禁止。ってんならいいと思う。

2012/12/4(火) 午後 9:27 [ MM21s ] 返信する

顔アイコン

解散された小沢さんの生活党は党議拘束無しでしたよね。あれにシビレたのです(←注;いい意味です。)が、そういえば日本未来の党に継承されているのでしょうか・・・。チェックしていませんでした。

2012/12/5(水) 午前 1:40 [ hay ] 返信する

顔アイコン

hayさん、コメントありがとうです。
なにしろ「脱原発世論」の受け皿として出来立てのほやほや党だから、党の体制もまだしっかり決まってないんじゃないかな?
ただ、方向性としては執行部が個人を縛り上げるという方向性ではなさそうな。

2012/12/5(水) 午後 2:10 [ MM21s ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事