梢のぶつぶつ

最近は高い木が少なくなったけれど、それでもこうしてとまっていると遠くのものも見えてくる。

全体表示

[ リスト ]

『1/4の奇跡  「強者」を救う「弱者」の話』 / ちいさなふたばさんのブログより
http://mintgreen3344.blog.fc2.com/blog-entry-163.html


(以下、一部転載)


昔、アフリカのある村で、マラリアという伝染病が猛威をふるいました。
村にとっては大打撃。
けれど、絶滅するほどの病死者が出る一方で、
必ず生き残るグループがいました。

後になって、多くの研究者が、生き残った本人からその子孫まで、
徹底的に調査し、メカニズムを調べました。
その結果、1つの事実が分かったのでした。
マラリアが多く発生する地域では、ある一定の割合で、
「伝染病に強い、“突然変異遺伝子”を持つ人がいる」ということ。
そしてその「強者の遺伝子」を持つ人が生まれるとき、
そのきょうだいに重い障害を持つ人が生まれる、ということ。
その確率は4分の1であること。
4人の子どもが生まれた場合、そのうち1人は成人する前に亡くなってしまうような重い障害を持つということです。

人間がマラリアとの生存に勝つには、マラリアに強い遺伝子のほかに、
病気や障害を持つ遺伝子も必要だった。
病気や障害を「引き受ける」人がいなければ、その村は絶滅していたということになります。

難病を持つある少女は、山元さんからこのお話を聞いて、
「病気や障害はとても大切。みんなが素晴らしい役割を持っている。
そんなことを、世界中が当たり前に知っている世の中に、かっこちゃんがしてほしい」
と言ったそうです。
その少女は後に亡くなってしまいました。
山元さんは、その少女の気持ちを抱えながら、講演を続けておられるのでしょう。


以前『重い障害を生きるということ』という本を紹介しました。
その本の中にも、少し似たようなお話が書かれていました。

「遺伝子疾患については、悪い遺伝子のためと考える人もあるが、
遺伝子にはよいも悪いもなく、
生物のそれぞれの種(しゅ)の存在にとって必要な情報であり、
多様な遺伝子の存在によって生物種が保たれ存在している。
また遺伝子の組み合わせによって個体に多様性があり、
ある個体は生存や生活に不自由をきたす状態がおこる。
そのような状態を引き受ける個体があることによって、
その生物種の生存が維持されているという関係にある。
いわばその生物種の存在を守っている『戦士』と言ってもよいのである。」


(転載終わり)


少し、補足の説明をします。


映画「1/4の奇跡」の監督の入江富美子さんのインタビュー記事より
引用します。

「1/4というのは、昔マラリアがアフリカで大発生して、マラリアで人類が
滅亡してしまうんじゃないかとなった時に、マラリアにかからない人がいるって
ことがわかったんです。
それで科学者たちが調査をしたところ、ふつうの人達の赤血球がドーナツ型を
しているのに対して、マラリアにかからない人達の赤血球は鎌型をした
鎌状赤血球が含まれていることがわかったんです。
で、遺伝子というのは二つのセットになっていて、鎌状と鎌状の組み合わせの
人が1/4、鎌状と正常、正常と鎌状、正常と正常という1/4づつのグループに
分かれることがわかったんです。
そして鎌状と鎌状の組み合わせの人には病気があって、特殊な貧血症という
障害をもっているんです。
でも鎌状と正常の赤血球をもっている2/4の人は鎌状の遺伝子をもちながら
病気はないんです。
そうするとマラリアにかかった時に、正常赤血球の人は鎌状赤血球がないので
亡くなってしまうんです。
で、残された3/4の人達のうち、2/4の鎌状と正常赤血球を持ってる人達が
生き延びて、また人類をふやしていってくれるんですけど、でもその人達が
生まれるためには1/4の障害をもってる人達がいてくれる必要がある。
ということで、障害のある人達がいなかったら、人類は生き残っていけないと
いうことが科学的にわかったんです。」

http://amanakuni.net/Namaenonai-shinbun/Namae149-irie.htmlより抜粋)


鎌状赤血球の遺伝子を両親からもらうと障がいが発生しますが、片親だけから
貰った時には障がいは発生しません。
障がいを発生させる鎌状赤血球は負の遺伝子とも言えますが、
もしも「障がいを持った人は要らない」という発想を村がしていれば
鎌状赤血球を持った2/4の正常者も産まれて来なかったことになり
この村はマラリアで全滅していたはずです。

言い方を変えると「1/4の障がい者がこの村の絶滅の危機を救った」
ということになります。






生命というのは種を保存させるためにあらゆる環境でも生き延びられるように
「保険」を掛けているように思います。

そういう意味では障がいという形で表れてくるものも何かしら意味があるのかも
知れません。

力の強い者、頭の良い者、協調性の高い者、特定の病気になりにくい者など、
色々と特徴を分けることであらゆる環境リスクに耐え、どれかが生き残れるように
プログラミングされているのではないでしょうか。


強者が弱者を助けてやろうというのは実はおこがましい考え方で、
弱者を大事にできなければ将来絶滅の危機を迎える可能性が高まる
ことにつながります。
つまり、自分や自分の子孫の繁栄を願うのであれば障がい者や弱者
を大事にしなければ生き残れないことになります。
全ては誰かのためではなく、「自分の為」なんですね。




映画「1/4の奇跡」
http://www.yonbunnoichi.net/sakuhin/story/


『1/4の奇跡』付録DVD7/7 映画『1/4の奇跡』プロモーションビデオ

転載元転載元: SUEの日記

閉じる コメント(2)

顔アイコン

世界のどんな者にも、どんな事にも、必ず存在する意味がある、逆に意味がなければ存在しない、と聞きました。

具体的には、こういうことを言うのですね。
しごく納得しました。

最近はやたらに強いものに惹かれ、弱い者を見下したり、排除しようとする考えがありますが、そういう考えのものに、この話を読んでほしいですね。

2015/3/26(木) 午後 9:13 都環 咲耶子(とわさくやこ) 返信する

顔アイコン

咲耶子さん、コメントありがとうです。

強いものに惹かれたり弱い者を見下したりするのは、自分自身の「弱さ」を見たくない、という弱い心の現れですね。
「弱さ」は大切に育てると、いつか「弱さ」のままで比類ない強さに変わる。
という実例をおいらは見てるんです。

2015/3/26(木) 午後 9:39 [ MM21s ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事