梢のぶつぶつ

最近は高い木が少なくなったけれど、それでもこうしてとまっていると遠くのものも見えてくる。

全体表示

[ リスト ]

改憲案・緊急事態条項である。

衆院の憲法審査会が始まった。
財政規律、環境権と並んで、自民党が提示するこの「緊急事態条項」を憲法に盛り込むことに対し、意外にも賛成する方向の政党が多い。

この条項の危険性がわかっているのだろうか?

以下、自民党の改憲案。

  第98条
内閣総理大臣は、わが国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。
  2
緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、事前又は事後に国会の承認を得なければならない。
  3
内閣総理大臣は、前項の場合において不承認の議決があったとき、国会が緊急事態の宣言を解除すべき旨を議決をしたとき、又は事態の推移により当該宣言を継続する必要がないと認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、当該宣言をすみやかに解除しなければならない。また、百日を超えて緊急事態の宣言を継続しようとするときは、百日を超えるごとに、事前に国会の承認を得なければならない。
  4
第二項及び前項後段の国会の承認については、第六十条第二項の規定を準用する。この場合において、同項中「三十日以内」とあるのは、「五日以内」と読み替えるものとする。

  第99条
緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同様の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行ない、地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる。
  2
前項の政令の制定及び処分については、法律の定めるところにより、事後に国会の承認を得なければならない。
  3
緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態に置いて国民の生命、身体及び財産を守るために行なわれる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。この場合においても、第十四条、第十八条、第十九条、第二十一条その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されねばならない。
  4
緊急事態の宣言が発せられた場合においては、法律の定めるところにより、その宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されないものとし、両議員の議員の任期及びその選挙期日の特例を儲けることができる。

まず、全体の印象だが、
現憲法と違って、いかにも難解な「法律用言い回し」だ。
このことだけでも、自民党のセンセーがたが憲法を単なる「法律の親玉」としか考えていないというのがわかるだろう。
「憲法は国民が権力を縛るもの」という立憲主義がまるっきりわかってないってこと。

さて、上の赤で示したところがおいらが「要注意」と考える文言だ。

98条1項によれば、すべての認定は内閣総理大臣が行なうことができる。
つまり、デモなどを「内乱」と認定し、「必要がある」と認めて「緊急事態」を宣言することができるのだ。(縛るどころか、「できる」と書いてある)

宣言さえしてしまえば、あとは「法律と同様の効力を有する政令を制定することができる」し、お金も好き勝手に使うことができる。
つまり、総理大臣はやりたい放題だ。

「国会の承認が必要」とは書いてあるが、事後でもかまわない。
「事後」っていつのことだ?
百日規定はあるが、国会の過半数を与党が占めていれば、百日ごとに「延長。延長♪」と議決してればそれでいい。
宣言が有効な間は、国会議員は選挙の洗礼を受ける必要もない。
ずっと「議員」でいられる。
議員特権を「政令」で認めてやれば転ぶ議員も多いだろう。

基本的人権は「最大限に尊重している」と言えば、それだけでいい。
「何人も従わなければならない」という「その他の公の機関」は、例えば首相の私的な親衛隊を「法律と同様の効力を有する政令」でもって「公の機関」としてしまえばいいだけのことだ。

あっという間に独裁政権の誕生さ。

「極論だよ。われわれがそんな無茶をやると思うのかね?」
と、苦笑して見せる議員の皆さん。

ちょっと、あなたが最も危険視する政治勢力を思い浮かべてみてくれ。
で、そこが何かのはずみで政権を取ってしまった、と想像してみよう。

その時にもこの条項は憲法にあるのだよ。
そのことの危険性がわかるかな?

閉じる コメント(5)

顔アイコン

ホントにこわい、「自民党は『お試し改憲』としてまず【緊急事態条項】を入り口にしようというようなことを言っていますが、はっきり言います。これが本丸ですよ。
これがあれば何でもできてしまう。本当はこれが、独裁者としては一番手に入れたいものです」
山本太郎参議院議員は2016年1月6日に都内で行ったトークライブで、来年夏の参院選以降に自民党が目指す憲法改正において、その一丁目一番地で通そうと目論む【緊急事態条項の新設】について、強く警鐘を鳴らしまています。

2016/1/13(水) 午後 3:32 みさご丸 返信する

顔アイコン

いきなり憲法9条を出すと、反発をくらうので、「緊急事態条項」でやんわりと国民には大したことがない改憲と思われるトリックです。
ところがこの「緊急事態条項」こそが国民の基本的人権の尊重をなくして、
・インターネットを含む言論の自由をなくし、
・政府批判の大行動(デモ行動)刑罰ある禁止、
・マスコミ報道の刑罰ある制限、です。

2016/1/13(水) 午後 3:35 みさご丸 返信する

顔アイコン

みさご丸さん、コメントありがとうです。

おいらは9条改憲派だが、この条項はヤバイと思ってる。
今、世界中で「反民主主義」が喝采を浴び始めている。
ポーランド、ベルギー、フランス、アメリカ・・・。
もちろん、元からの独裁国家である中国やロシアなども人権派を露骨に弾圧している。
安倍政権もその流れの中の1つ。

みんな「民主主義」に飽きてきたんだろうか。。。

2016/1/13(水) 午後 8:22 [ MM21s ] 返信する

顔アイコン

転載させてください。

2016/2/5(金) 午後 1:27 [ SUE ] 返信する

顔アイコン

SUEさん、コメントありがとうです。

どぞ。
ってか、もう転載してあった。。

2016/2/5(金) 午後 9:10 [ MM21s ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事