梢のぶつぶつ

最近は高い木が少なくなったけれど、それでもこうしてとまっていると遠くのものも見えてくる。

全体表示

[ リスト ]

石原慎太郎、猪瀬、舛添、小池・・・と「都民」は選んできた。

「都民」は何を選択しているのだろう。

この流れ、あるいはこの4人には共通したものがある。

弱者を切り捨てて前に進む。
という思考だ。
自然の摂理を「弱肉強食」と捉える思想が根底にある。

だから「競争の勝者にはふさわしい果実を。敗者には与えすぎるな。そうでなければ社会は停滞する。人は甘やかせば社会に有用な人材になる努力をしなくなる。」と考える。
彼らの目には、弱者へのセイフティネットは「既得権益」と区別がつかない。

自然の摂理は「弱肉強食」ではなく「適者生存」である。

何が「適者」になるかは、状況によって変わる。
力の強いもの、スピードの速いもの、繁殖力の大きいもの、個体の生命力の強いもの・・・・・
そうした中、多様性を持たない生物は「進化の袋小路」にはまり、絶滅してきた。
それが「生命」の歴史だ。
もし、人類が多様性を確保する(多彩な遺伝子を次世代につなげる)ために「社会を作って弱者を守る」という生存戦略をとってこなかったなら、とっくに滅びていたかもしれない。
文明や、それを適正に運営する文化を生み出す頭脳(それを生み出す遺伝子)は「狩がうまい」とか「膂力が強い」という価値だけが支配する世界では生き残ることができなかったはずだから。
さらには、何もできない役に立たないと思われる人間も大事に守ってゆくことで、その遺伝子の中にだけ眠っている「新しい発見をする優れた頭脳の遺伝子」というようなものを次世代につなぐ、ということだってあったはずである。
人類が地球上にここまで繁栄したのには理由があるのだ。

人類は歴史の中で様々な社会システムを考案し、試行錯誤を繰り返してきた。
そうした中で、現時点で「多様性を確保する」という自然の摂理に最も合ったシステムが「民主主義」だと考えて差し支えない。

ただ「民主主義」は手間がかかる。
じりじりとイラつくほどにスピードが鈍い。
「弱者」を背負って前に進まなければならないのだから当たり前なのだが、これが我慢できない人々が増えてきた。

この荷物を降ろせたら、どんなに「社会」は前進するだろう。

先に挙げた4人の都知事に共通するのは、この思考だ。
これは安倍内閣も同じである。

こうした思考と言動に拍手喝采をおくる。
一見「強いリーダー」を欲しがる。
自分の頭で考えることを放棄し、自分の人生をかけて試行錯誤することを放棄し、「強いリーダー」が何かスカッとしたことをやってくれるのを、ただ口を開けて待っている。
自分が自分自身に対して責任を負うことすら放棄している。
複雑な思考と多角的な視点を放棄してしまえば、物事は突き抜けたようにシンプルに見える。
だから、その爪が自分の喉笛を切り裂くまで、自分が賞賛しているものの正体が何であるかを知ろうとしない。

それがトランプ現象である。

もちろん、「多様性」を確保できないこの道の、行き着く先は「袋小路」だ。
もう少しはっきり言うなら「破滅」あるいは「絶滅」だ。

「荷物」はそれに内在する「多様性」を次世代に手渡すために、「背負わねばならないもの」なのだ。
誰よりもその荷物を人生をかけて背負ってくれている人が「弱者」と呼ばれる本人たちなのだ。

相模原で19人の障害者を殺害し、「社会の荷物を軽くしてやったのだ」と言う男の思考は、上記5人の「リーダー」たちの思考と全く根を同じくする。
そして、その「リーダー」を喜々として選ぶ「大衆」の心の底にも同じものがはびこり始めている。

聞こう。

あなたは自分の頭で考えているか?

 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

まったくです!!

いまやますます、安倍ゾンビのガン細胞が日本中を覆い尽くす。
その寸前、いえ、両足を突っ込んでも猶目覚めない茹でガエルのなんと多いことか!!

日本は危険水域に達しています。
転載いたします。

2018/4/1(日) 午前 10:56 [ kakaa ] 返信する

顔アイコン

kakaaさん、どぞ。。です。
2016年の記事だけどね。

2018/4/1(日) 午前 11:28 [ MM21s ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事