梢のぶつぶつ

最近は高い木が少なくなったけれど、それでもこうしてとまっていると遠くのものも見えてくる。

全体表示

[ リスト ]

はっきり言おう。

北朝鮮が核の先制攻撃を行うことは絶対にない。
「政権」が生き延びようとしている間は。

だが、このところ北朝鮮のミサイル(非核搭載)が日本に打ち込まれる危険性が急速に高まっている。
理由は米国のトランプ大統領誕生にある。

おいらは、かつて
中国も北朝鮮も、日本にとっての最大の脅威国ではない
と書いた。

それに対して
「アメリカだとでも言うつもりですか w」
とコメントした能天気がいたが、

まさにその通りさ。

日本中にその国の軍事基地(治外法権)があり、一日で再占領が可能であり、総理の首を意のままに挿げ替えられる「力」を持たれている状態で、その国を「脅威国」と認識しないで何が脅威国なのか。
これに比べたら「中国の脅威」などオモチャのようなものだ。
この米国の脅威を「脅威」でなくする戦略として、日本は長く「米国の懐に入る」という外交姿勢を取ってきた。
「自主憲法制定(戦前回帰)」を党是とする自民党が、戦後ほとんどの期間政権の座にいたにもかかわらず、それを封印してきたのは「米国の戦果」を否定して不興を買わないためで、野党や国民に配慮したためではない。
(だから「核兵器の非人道性」について、日本政府は口をつぐんだままだろ?)

そして、米国が「自由と民主主義」を(曲がりなりにも)掲げる「理念国家」として、世界にその理念を広げようとする「使命感」を持っていた時代は、それで安全であった。

だが、トランプ大統領の登場によって、それは崩れた。
今のアメリカはかつての倍ほどに脅威を増している。

そして折しも、期を一にして世界中の「先進国」(特に核保有国)で、排他的なナショナリズムを基調とするポピュリズムが台頭している。

北朝鮮のミサイルが日本に打ち込まれる状況は米国がつくる。

いよいよ北の核ミサイルが米国本土に届く状況が目前に迫った今、米国にとってはこれ以上北の核開発を許すわけにはいかない。
その状況下で、トランプ大統領だ。。

アメリカと中国が水面下で話し合った上で、
「金正恩の排除」に隠密裏に動くなら、まだいい。

だが、これが不調に終わると、トランプは十中八九米韓合同軍による「先制攻撃」を決断することになるだろう。
これを察知した北朝鮮はどうすると思う?

あとがどうであれ、当面をしのぐためには
韓国と日本国内にある米軍基地に、雨のように通常ミサイルを撃ち込むしか選択肢がなくなる。
目前の危機を回避するには、近場のアメリカ海兵隊を無力化する以外にないからだ。

日本では沖縄岩国、そして横田が狙われる可能性が高い。

もちろん、北朝鮮がアメリカに勝てるはずがなく、
「戦争」の結果は、日米韓合同軍の圧倒的勝利で終わる。

だが、それと
日本が無傷であること
とは同じではない。


沖縄県民や横田基地周辺の住民は、
この1年くらいは、わずかな兆候にも感覚を研ぎ澄ませ、
これは!
となったら、避難する準備くらいはしておいた方がいいかもしれない・・・・・
 

閉じる コメント(4)

顔アイコン

北朝鮮が脅威でない点は、まったく同意します
(あと、中国も)

今では建前だけだとしても、北朝鮮のことを「兄弟」と呼ぶ中国
メンツにかけて、守ろうとする姿勢をしめせば、いかなアメリカでも
簡単に攻撃はできないと思うんですが・・

トランプ氏はおいといて、両国の「理性」にすがりたい心境ですなぁ・・

2017/4/5(水) 午後 10:01 弱法師 返信する

顔アイコン

おいらはね、
そう遠くない時期に「金正恩暗殺」のニュースが入ってくると見ている。

中国にとって、北朝鮮は米国の脅威に対する「防波堤」だ。
だから、北朝鮮を失うわけにはいかない。
といって、米国と正面きっての「戦争」をやればまず勝てるはずがない。
経済だってアメリカへの依存が大きい。
どう考えると思う?

北の政権転覆を諦めることを条件に中国が金正恩を「排除」して穏健な政権に移行させる。
という交渉をアメリカとするのが、最も「安全」な選択肢だ。

2017/4/5(水) 午後 10:11 [ MM21s ] 返信する

顔アイコン

その後の国内の混乱から治安維持に関わるコストを考えると
暗殺は可能性が低いかなと考えています
#難民受入れだって馬鹿にならないだろうし

中国としては、どうしても自分たちの影響化にある国
(アメリカにとっての日本のような)として残したいはずなので
比較的穏健な勢力と結託の上、拘束⇒亡命(亡命先は中国かな)
⇒新政権樹立⇒そっこーで承認、という流れかなぁと・・

アメリカだって、北朝鮮のような経済的、資源的にうまみのない
国をコントロールしたいなんて思ってないはずだし、
そのあたりで手を打つんじゃないかなぁ・・

2017/4/6(木) 午前 10:47 弱法師 返信する

顔アイコン

弱法師さん、コメントありがとうです。

もちろん、おいらの言う「排除」の中にはそのシナリオも入っている。
中国にとってはベストのシナリオだが、現状では「拉致」というのはかなり難しいし、失敗した場合のリスクが大きい。
中国のコントロールが効かなくなってしまう可能性がある。
金正恩は自身の暗殺を極度に恐れていて、少しでも疑念を抱いた「側近」は粛清してしまうだろう。
それは中国が北朝鮮へのパイプを失うことを意味する。

中国にとって最悪のシナリオは、北が暴走したあげくトランプの短絡的な「攻撃」を招き、結果として米国に占領されてしまう状況だ。
それを避けるためには、電光石火の暗殺という選択肢は現実味をおびてくる。
その後については、「次は自分が粛清されるのでは」と怯えていた主要幹部を懐柔すれば、りっぱな「傀儡政権」の出来上がりだ。

2017/4/6(木) 午後 11:12 [ MM21s ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事