梢のぶつぶつ

最近は高い木が少なくなったけれど、それでもこうしてとまっていると遠くのものも見えてくる。

全体表示

[ リスト ]

伊方原発

伊方原発の差し止めを求めた住民訴訟を
広島地裁に続き、松山地裁も退けた。

曰く

規制委の審査に不合理な点はない。

伊方原発は細い佐田岬の付け根にある。
  
そこは、発生が最も懸念されている南海トラフ巨大地震の想定震源域にあり、わずか8km北を日本最大の断層「中央構造線」が走っている。
 
避難時の唯一の道路は原発のすぐ脇を通っている。
半島の住民は原発が事故った場合、海にしか逃げ道がなくなるが、悪天候と重なれば船も出せない。
 
島崎・前原子力規制委員長代理が提起した「計算上、地震の揺れは過小評価されている」という問題にも科学的決着はついていない。

逃げ道のない場所に住む住民が
「万が一」にも備えろ!
と言うのは、当たり前の市民感覚だ。



もしこれで「安全だ」と言うなら

北朝鮮の核ミサイルなんか
安全の見本
みてーなもんじゃねーか!


閉じる コメント(2)

顔アイコン

転載させてくださいね。

2017/7/23(日) 午後 1:33 [ あさり ]

顔アイコン

あさりさん、コメントありがとうです。

どぞ。。

2017/7/23(日) 午後 8:49 [ MM21s ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事