梢のぶつぶつ

最近は高い木が少なくなったけれど、それでもこうしてとまっていると遠くのものも見えてくる。

全体表示

[ リスト ]

北朝鮮の勝利

国連安保理で「北朝鮮への制裁決議」が全会一致で採択された。
しかし、もともと他国との貿易の少ない北朝鮮にとってどれほどの効果があるかは未知数だ。

それよりも、この間にICBMを完成させたことでアメリカが手出しをしづらくなったという点では、完全に北朝鮮の勝利と言っていい。
まさにそれが目標であり、北朝鮮はその目標をほぼ達成したわけだ。

ただし、この「勝利」は戦術的勝利に過ぎない。
中長期的な戦略的評価としては「ドツボにはまった」と言ってもいいくらいの敗北である。
たとえば、関ヶ原における石田三成のような状況。。

中国は北朝鮮を「緩衝帯」として存続させておきたい。
ロシアは手つかずの資源の開発利権に興味がある。
だからこれまでグズグズ言い続けてきた。
しかし・・・

北朝鮮がICBMを完全にモノにすれば、それは隣国である中国にとってもロシアにとっても「脅威」になる。
中国にとってはこれを理由に韓国内に米軍のTHAAD運用が本格化すれば、それも安全保障上の脅威になる。
さらに、こういうやり方でICBMの保有が可能になるという前例を作ってしまえば、核不拡散の世界秩序は崩壊し、他にも同じことをやろうとする国がドミノ倒しのように出てくる可能性がある。
それは世界を不安定にするばかりか、米中露という独占的にICBMを持つ大国の優位性が崩れることも意味する。

だから、
米中露は共に「北朝鮮のICBMの完全完成」を絶対に許すことはできない、という点で利害が一致する。
今回の「安保理決議」では、中国がロシアを説得した、という情報がある。
この状況が上記のことを裏付けている、とおいらは見ている。
米中露が水面下で協力して「斬首作戦」に出る。
という可能性は十分にある。
金正恩政権は、どん詰まりの袋小路にはまり込んだ。
と言えるのではないか。


実は、このどん詰まりから北朝鮮が脱出する針の穴ほどの「突破口」がある。
おいらの目にはそれが見えているが、
ここには書かない。。。

当然だろう?〜〜〜


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事