梢のぶつぶつ

最近は高い木が少なくなったけれど、それでもこうしてとまっていると遠くのものも見えてくる。

環境

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


Photo

地球の生物が何もかも消滅し続けている… : 淡水の大型魚類が40年間で「90%」という絶滅レベルでの減少を起こしていることが国際的な調査により判明

投稿日: 2019年8月24日
2019年8月12日の米国の報道より

あらゆる生物種が減少しているなかで

最近は、この地球のいろいろな生き物たちが消滅していることが明らかになりつつあります。
In Deep の記事でも、昆虫の減少が終末的なレベルに達していることを、以下の記事などを含めて、何度か取り上げさせていただいたことがあります。
そして、特に最近は、生物たちの中でも「人間の食糧生産」と最も関係の深い生物であるといえる「ミツバチ」が劇的な減少を見せています。
これに関しては、個別の事象や全体的な状況を含めて、最近の以下のような記事で取りあげています。
最近では、ブラジルでも壊滅的なミツバチの大量死が起きたことを、
という記事でご紹介しました。
それ以外でも、昨年あたりからは、世界の野生動物が 40年間で 60パーセント減少していたことが判明したと報じられたり(CNN)、世界中の両生類で、減少と絶滅が起きていることがわかったり(ナショナルジオグラフィック)、とにかく、ありとあらゆる地球の生物が減っていることが報告され続けています。
そんな中で、先日、ドイツのベルリンにある淡水生物専門の研究所が、全世界の淡水に生息する生物のうち、「大型の淡水動物」の生息数の推移を調査したところ、何と、
「過去 40年で 9割減少していた」
ことがわかったのでした。
この研究では、体重 30キロ以上の淡水生物について調査され、その対象は、淡水のイルカや、ビーバーやワニ、大型の淡水カメ、チョウザメなどですが、こういうものたちが、90パーセント近く「消滅」していたのでした。
以下のグラフは、ネイチャーに掲載されていた、この調査での淡水の大型生物種の数の推移です。

1970-2012年の大型淡水動物の数の推移

どちらも、ものすごい減少ぶりですが、特に、南アジア、東南アジア、中国南部の生物区の領域では、99パーセント減少していた地域があったこともわかったようで、99パーセントの減少レベルですと、「ほぼ絶滅した」と言える数値といえそうです。
上の動物のうちのいくつかは、皮や卵(キャビア)などのために捕獲されますが、もはや「繁殖が追いついていない」ようです。
どんな生物相でも、これだけ短期間に 90パーセントなどの個体数が減ったということは、淡水の大型生物たちは、基本的には、絶滅に向かっているように見えます。
現在、昆虫も、あるいは場合によっては、ミツバチも絶滅に向かっている段階にある可能性がありまして、そして、その減少のペースがものすごく早いのですね。冗談ではなく、今後の数年とか 10年とかで、大部分のそれらの生物種が地上から消えてしまうのではないかというような気も最近はします。
この研究を取り上げていた報道をご紹介します。
 

調査により、大型淡水動物の個体数が88%減少したことが明らかに

最近の国際的な研究で、「大型の淡水動物の個体数が大幅に減少している」ことが確認された。
ドイツのベルリンにある「ライプニッツ淡水生態学・内水漁業研究所(IGB)」の科学者たちが率いたこの研究では、1970年から 2012年の間に、世界中で収集された 30キロ以上の重さがあるメガファナ、あるいはメガフィッシュと呼ばれる淡水大型動物の生息数に関する調査をおこなった。
これらには、淡水のイルカ、ビーバー、ワニ、巨大なカメ、チョウザメなどが含まれる。
そして、全体として、淡水大型動物相の個体数が、42年間で 88パーセント減少していたという衝撃的な結果が示された。これは、同時期の陸上と海での脊椎動物の個体数の減少率の 2倍となる。
地域的には、南アジアと東南アジア、中国南部が含まれるインドマラヤ生物地理区では、淡水大型動物相の個体数は 99パーセント減少していた。
ヨーロッパ、北アフリカ、そしてアジアのほとんどが含まれる旧北区生物地理区と呼ばれる領域でも 97パーセントの減少を示し、このふたつの生物地理区での減少が最も高かった。
減少している淡水大型動物の中で最悪の率を示した種は、チョウザメ、サケ科の魚(サケ、マス、イワナなど)や巨大なナマズなどの大型魚で、これらは 94%減少していた。また、水生の爬虫類は 72%減少した。
淡水大型動物の劇的な減少の最大の要因は、過剰な捕獲だと考えられる。これらの大型の淡水動物は、肉や皮革、毛皮、あるいは卵の収穫のために捕獲されるが、捕獲のペースが、繁殖のペースを上回っている。
さらに、減少の原因として、世界中で増えている河川のせき止めが大きく関係している。河川のせき止めが、淡水大型動物種が産卵場へと赴くことや、えさ場へ到達することの障壁となっている。
しかし、中には、近年の保全努力により、増加がもたらされた種もあり、13種の淡水大型動物は増加していた。この中には、アメリカのチョウザメとビーバー、およびアジアのメコン川流域のイラワジ川のイルカが含まれている。
研究は、科学誌グローバル・チェンジ・バイオロジー(Global Change Biology)に掲載された。論文は、淡水大型動物に対する、さらなる保護努力が非常に必要であることを示している。

 
ここまでです。
最近起きている「生物相の危機」といえば、異常な数と規模で発生し続けている世界中の森林火災による生物相の消失があるかもしれません。
先月、シベリアの森林火災としては過去最悪の火災が起きていたことは以下の記事などで取りあげていました。
このシベリアの火災は、現在はある程度収まってきているのですけれど、今度は、南米のブラジルやペルーなどを中心として広がるアマゾンの熱帯雨林で、過去最大の山火事が続いています。
以下は、8月24日の報道からの抜粋です。

「アマゾン火災」がここまでひどくなった理由

東洋経済オンライン 2019/08/24
このままでは熱帯雨林の一部が草原化も?
世界から注目が集まっているブラジルのアマゾンで多発している火災によって、これまでにない規模の熱帯雨林が焼失している。今年に入ってからだけでも8月20日までに7万4155件の火災が発生し、その数は前年同期比で83%も増加。
しかも、人工衛星が確認したところ、8月15日からわずか1週間で、9507カ所で火災が発生しているというのだ。
これに対して、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は22日、「われわれの家が燃えている。文字どおり。地球上の酸素の2割を生み出す『肺』、アマゾンが燃えている。これは国際的危機だ」とツイッターで警告。
 
さらには、現在、アフリカ大陸のアンゴラからコンゴ民主共和国にまたがる広い範囲で、大規模の山火事が発生していることが、人工衛星で確認されています。
以下は NASA の 8月24日時点の森林火災マップです。赤い「ドット」ひとつひとつが森林火災の発生場所を示しています。
2019年8月24日の世界の森林火災の状況
南米とアフリカを拡大しますと、そのすごさがわかります。
火災の面積が、もう日本の面積の何倍というような比較ができないほどに拡大していまして、もはや人の手で消火できるようなものではなさそうですが、ここまで規模が大きいと、自然鎮火がいつになるのかもよくわからない面があります。
シベリアの山火事を含めまして、アマゾンとアフリカのこの巨大森林火災は、各地域の生物相を壊滅的に変化させるか、あるいは「生物相が消滅する」と思われます。
 
こういうこともあり、この 2019年という年は、地球の生物相が急速に消滅していくことが「目に見えてわかる年」となっているような気がします。
また、今回の本題は、淡水の生物種の減少についてでしたが、この「水」システムについては、以下の記事などをはじめとして、「いかに地球の淡水系が、私たちの日常の薬で汚染されているか」ということについて、ふれることがあります。
主に、人間から排泄される抗生物質や抗ガン剤などの薬物などにより、淡水に微生物が生きることが難しくなっているため、微生物から始まることで成り立っている「水中の生態系」が崩壊した水域が多くなっています。
今の地球の多くの河川や、あるいは海中は、生物が生きるのにはふさわしくない環境となっている場所が増加していると思われるのです。
そのため、今後も淡水の生物種は加速度的に消滅していくはずです。
これからも、私たちは生物種の消失という事態を次々と見聞していくことになると思いますけれど、そのような状態の中で、人間社会がいつまでもつのかはわかりません。
個人的には、長くても 30年、早ければ 10年以内に、人類種の消失も始まるのではないかと思います。他の生物種がいない中で人類が生き残ることは難しいです。
※実は人間自体がすでに絶滅危惧種だったりして・・・      地球をわがもの顔に好き放題に壊して、殺戮の限りを尽くしたのだから、当然と言えば当然でしょうね。。。※


転載元転載元: kakaaのブログ〜土と野草と野菜の生命力を信じて〜

5月15日に発生し、13日間燃え続けた茨城県のリサイクル業者の資材置き場の火災は、リチウムイオン電池の発火が原因だったようだ。
分別前の家電から出火し、廃プラの山に燃え移ったと見られている。

リチウムイオン電池は強く圧迫すると発火することがある。
実際、転んだ拍子にポケットの中でスマホが発火したケースも報告されている。

スマホだけでなく、髭剃り機、電子パイプ、デジカメ、掃除機などなど、充電して使える機器にはほぼ例外なくリチウムイオン電池が使われている。
小型である利便性から、充電しないものにも使われていることが多い。
自治体などでは、電池部分を外してゴミ取集に出すように広報しているところもあるが、周知はされていないのが現状だ。
そもそもシロートの一般消費者には分解できない製品もあるし、リチウムイオン電池が使われているのかどうかすらよくわからないのが普通だろう。
だが、それをただのプラごみと考えて普通ゴミに混ぜて出してしまえば、ゴミ収集車が火災を起こす危険もあるのだ。

「便利」を享受する以上、責任も持ちたい。

当面、私たちにできることは
 ・電池式で動くものはリチウムイオン電池が使われている可能性があると考える。
 ・そういうものはできる限り、家電量販店などの回収BOXに持っていく。
 ・お金を払っても家電量販店などで引き取ってもらう。
 ・どうしても処分方法のわからないものは自治体に直接問い合わせる。

こんなとこじゃないかな。。



2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測


おいらは2008年にUPした「温暖化2つのシナリオ」の書庫で
2040年代地獄説
を警告している。
とりあえず、2015年の「1.5度上昇」は過剰見積もりだったようだが・・・

間に合うといいが
現時点では、シナリオAとシナリオDの間で、D寄りを進んでいる。

まもなく
このブログは消えるから
一度目を通してみてほしい。
書庫へのリンクは画面左にある。

人類を襲うのは単に異常気象だけではない。


発がん性「農薬」体内残留
国会議員らの毛髪検査で検出7割の驚愕

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-7e-81/jiichan007/folder/1502789/13/66304613/img_0?20190523054119
 ほんまかいな。でも事実やろなぁ。きいつけんあかんやろ。



 訪問ありがとうございます。

転載元転載元: I'm not Abe. and 駄洒落日記

お米が危ない!


お米が危ない!

2019-03-12 09:30:10
テーマ:
エコロジー
 
世界の各地で10代の人たちも含めて若者たちが立ち上がっています。特に地球温暖化の問題についてはヨーロッパをはじめ、各地で若者によるラリーやプロテスト(抗議運動、日本で一般にデモというもの)が起きています。

スウェーデンに住む16歳の少女、グレタ・サンバーグの呼びかけに多くの若者が共感しました。地球温暖化を防ぐための対策を講じることを求める学校でのストライキも大きな広がりをみせています。
 
”私たちは宿題をした。でも政治家たちは宿題をしていない”
 
”わたしたちが私たちの未来のために闘っていると言う人もいる。でも私たちはみんなの未来のために闘っている”
 
と議会・政治家、世界の大人に向けて問題の緊急性を訴えました。彼女の声は各地で大きな共感を呼び、実際に何か変化を起こそうという運動として広がりました。
 
2月21日ベルギーグレタと共に抗議のマーチに集まったのはおよそ12,000人の学生たち。
 
続いてパリでも2月22日、5,000~8,000人の学生が集まり、地球温暖化に真剣に取り組むことの重要性を訴えました。
 
 
これを受けてEUは今後10年間に莫大な予算を投じて二酸化炭素など温室効果ガスを減らすことに全力をあげることを宣言しました。2030年までに温室効果ガス40%減らすのが目標です。若い人たちの訴えをこんな風に聞き入れて変化を起こそうという政治家がもっと増えると世界は変わり始めるかもしれません。
 
グレタのスピーチを聴くと、政治を語るのに大げさな単語は要らないし、15歳の少女の言葉にもヨーロッパの議会をも動かす力があることがわかります。
 
地球温暖化がもたらす危機には海水面の上昇によって居住可能な土地が失われていくこと、生命体存続の危機と生態系の危機極端な災害など様々あります。多くの災害が日本でもすでに現在進行形で起きているのでみなさんも気が付いていると思います。
 
中でも食糧不足の危機は今から人類が真剣に考えなければならない深刻な問題です。
 
日本人が主食とするお米は日本だけでなく世界の多くの国々で主食とされていて、大切なカロリー源にもなっています。そのお米も地球温暖化の影響をもっともひどく受ける作物のひとつです。地球の総人口のおよそ40%はお米を主食としています。
 
 
 
地球温暖化によって夜の気温が1度上がるとお米の収穫量は約10%も落ちてしまいます。温暖化した環境を生き延びるために昆虫類はよりカロリーを必要とします。食欲を増した昆虫類はお米を食い荒らすようになりこれも人にとっては収穫量の減少につながります。海水面が上がって海辺や河口の土地が海水に浸かるとお米を作れる平野が減っていきます。水害・塩害があると、お米は育てられません。また、温暖化と共にお米の栄養分は減っていきます。
 
日本では最近報道も政治も、世界から孤立している傾向がますます強くなっています。世界の人たちの視野に入れているものと全然違うところで多くの人が何事もないかのようにのんびりと無関心に生きているのがとても心配です。世界の人たちと様々な問題と向き合って、それを解決していこうとする科学・技術・知恵を共有することが十分になされていないのではないかと危惧します。
 
世界の若者たちにとって地球温暖化は人ごとではない遠い未来のことではないのです。これからまだ何十年もこの climate change の時代を生き抜いていかなければならないという危機感があります。日本アメリカは一見何でもある、世界で一番食べ物を無駄に捨てている国としてみせかけの”豊かさ”を欲しいままにしてきました。けれどもすでに日本でも六人に一人のこどもが飢えています。
 
もしまだ地球温暖化などまだ遠い未来のことと感じている人は日本の高齢化社会のことを考えてみてください。高齢化社会のことも少子化のことも20年30年前から言われていました。けれども何もしてこなかった結果が今日本の現実を作り出しているのです。未来に投資することができない国は滅びます。
 
日本の政権がまともに機能していないこと、現実を直視して真剣に政治に向かい合っていないこと、そして日本の報道が腐敗しきっていることは日本にいる人たちにとって大きな損失です。今表面上見えていることだけでなく、世界の他の国々の人たちがなぜ地球温暖化に真剣に取り組まなければならないとあちこちで声をあげていることに気がつきましょう。
 
 
 
 
関連記事
 
 
 
 
今、何位?
 
 
みなさんにHSPチャクラワーク
のことを知っていただきたくて
ブログランキングに参加しています。
応援してくださるとすごく嬉しいです。
 
 
>HSPアンケートにお応えくださった方に、30分の無料HSP相談 をいたします。自分の心地よさを犠牲にせずに、人に誤解されずに、自分の宝をみつけましょう。生きづらさを吹き飛ばして、最高バージョンの自分を開花させましょう。
 
ニューヨークドクター・エレイン・アーロン博士が書かれた書籍 ”Highly Sensitive People"日本語訳が出ているので是非読んで見てください。
 
とても感じやすい子のご家族には ”ひといちばい敏感な子” をお勧めします。

転載元転載元: kakaaのブログ〜土と野草と野菜の生命力を信じて〜

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事