ここから本文です
コタとお散歩日記♡
minneiはお休みしています♪(^^

書庫今日の記事

すべて表示

4月某日
10ヶ月ぶりに美容院へ行った。

行きたいなぁ…と思いつつも、

特別おしゃれしてのお出かけもないし、
用事と言えば日々の買出しとコタとのお散歩と帰省くらい。

もともと結ぶくらいの長さなので、
出かけるときはヘアゴムで結んで、バレッタなどを使って
簡単にUPスタイルにまとめてしまえばこんなに楽なことはなく、
さほど困ることもないのでずーっとそのまま。

気になる白髪も自分で染めるのも面倒だし、
白くなったなぁ…と思うものの結んじゃうからいいやで自然のまま。

それでもさすがに、肩甲骨の下あたりまで髪も長くなってきて、
洗うのも、乾かすのも、時間がかかっていよいよめんどくさくなってきた春先。

さぁ、そろそろ重い腰を上げて美容院行かなくちゃ…。

それにしてもまず、予約がめんどい。

こちらとしては、思い立ったが吉日で、あの日の何時…と決めてかかるのが
ちょっと苦手。

指名もめんどい。

指名しようとすると、こちらの希望通りの日と時間で予約が取れない。

そして、もっとめんどいのが、予約システム。

以前は電話で「今日の〇〇時、空いてますか?」と聞いてたけど、
最近はネットで予約なのね…何事も。

ネットだと、空いてる日や空き時間とか一目でわかったり、
指名も誰をいつ何時に指名できるかがわかったり、
で、ネット割引がきくんですな。これがでかい。

先日は、いつ予約しようかな〜とお昼食べつつネットで検索していたら、
その日の午後1時からの空きがあったので、すぐさま予約。

もちろん、指名などできはしない。
お昼ご飯もそこそこに、もーだれでもいいや、という覚悟で出かける。

なんちゃらディレクターとか、いろいろ肩書がある人たちは、
それこそ指名がずーっと先まで入っていて、
その日の空き時間に飛びこみで入ってくる私になど対応してくれるべくもない。
たとえ、新規でなくともだ。
指名料もかかるし。

美容院のいやなところはもうひとつ。

わずらわしいこと。
なぜか、美容師さんっていろいろ話しかけてくる。
それがお仕事、会話の中からお客さんの好みや人柄、趣味、などを聞き出し、
その人の個性に合った髪型などを提案するヒントにするのでしょうけど、
時々、静かにやってもらいたいときがあるんで。
それにドライヤー掛けながら話しかけられても、
何言ってるのかわからないし…。

他のお客さんと話している美容師さんの声が大きくて、耳障りで、
お客さんとの会話をうるさいなぁと感じることも多々あり。

どこか落ち着く別の美容院にしようかなとは何度も思う。
うちのご近所周辺はなぜか美容院がとっても多い…。
若いお嬢さんが多い土地柄なのか、なんなのか、
元からある美容院に加えて、次から次へと新規の美容院がOpenするのだ。

しかし、新しいところでまたイチからああしてくださいこうしてくださいと
説明するのも…めんどい(苦笑)←ホントめんどくさがり屋なので困る

今行っているところは、とりあえず以前からのレシピがあるので、
「この前と同じでお願いします」で、どんな人が担当になっても、
だいたいは通る。少しは説明するけれど。
今回は、梅雨前に備えて、少しストレートをかけてほしかったので、
そのことを伝えると、
「じゃあ、〇〇にしましょう」と勧められ、それでやってもらった。

担当はとってもお若いお姉さん。
きっとまだ肩書のつかないスタイリストさんなんだろうな。
あんまり上手でなかったらどうしよう…と少し心配だったけど。
私の髪をカットして、どうか一流のスタイリストさんに成長してね。
まあまあ、満足のいく頭にととのえてもらったのでよしとする。

シャンプー、カット、トリートメント、カラーリング、ストレート、ヘッドスパ、
ほぼ4時間かかって、ネット割引してもらって2万4千円。

あぁ、何がイヤってこの飛んでいくお金がもったいなくていや。

技術料金とは、わかっているつもりでも、
自分で稼いでいたころとは違い、今は専業主婦の身、
きれいにしたい女心と、この一回の美容院で吹っ飛んでいくお支払額との
せめぎあいに、心がズキズキと痛む痛む。

次行くのは、何カ月後かなぁ。

また、今の髪が肩甲骨のあたりまで延びたら…かな?

もっと安いところ探してみようかなぁ。
美容院、いつもホント悩みます。







本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事