ここから本文です
ハママツHM21/JI2CIY
ぼちぼち運用していきます
そろそろかな、いやまだかなと市民ラジオのEsシーズンを待ち遠しく思っていたところ、この週末にはどうやらオープンした模様ですね。
が、しかし土曜日は出勤でその場面に出くわすことはありませんでした。
そして本日23日(月)いよいよその時がやってきました。

イメージ 1

静岡県袋井市にある福田漁港で「おさかな」の状況を視察。お天気が良かったのでハンディ機を取り出してみると……
ぎゅる〜〜きゅる〜〜トラックおじさんのかぶりがビリリリ〜 お〜電離層が電波を反射している模様です。
しばらくワッチしているとお仲間の日本語らしき変調が聞こえてきました。しかしコールサインが確認できずにフェードアウト。ならばとCQなんぞを出してみたらコールバックあり。!!!
まさか!!のコールバックに耳をとがらせて聞き取るもぎゅるとフェージングで肝心のコールサインが聞き取れず。
こちらからの電波は52で届いているようなんだけどコールサインの一部しか聞き取れません。何回かやり取りしているうちにフェージングの谷間から抜け出たようでコールサインを確認。よかった〜ロストしなくて。

2匹目のどじょう(?)を狙うも聞こえずいったん自宅に戻りまったり。それでも掲示板が気になってみてみると2エリアの局もつながっているとのレポートがあり、いてもたってもいられず、天竜川の河川敷へGo!

イメージ 2

今シーズン初登場のSR-01。しばらく使ってなかったので大丈夫かなあと思ってましたが、ちゃんと動いてくれました。アタッシュケースから取り出して「虫干し」って感じです。
ローテーションワッチをしていると4CHで北からの電波をとらえました。三ケ日の親分に先を越されましたが何とか交信できて一安心。

今日の交信
ミヤザキCB001局 52/52 だいぶお手数をお掛けしました。
ヨコハマGA422局 53/53 フェージングがありましたがしばらく聞こえていました。

南と北とつながり幸先のよいシーズン開始となりました。
みなさ〜ん今シーズンもよろしくお願いいたします。

この記事に

4月15日は第34回UHF−CBオンエアミーティングが開かれるとあって、どこかで電波を出したいなあって思っていました。
しかし、浜松市は朝から雨。しかも風が強くバサバサといろんな音がする始末。

朝8時ころになって雨足が弱まったので、とりあえずトランシーバーをリュックに詰めて自宅を出発しました。
海岸に行くか、北に向けて山方面に行くか迷いましたが、風が強く市民ラジオの運用は厳しいと判断して山方面へ。

しかし…

イメージ 1

天竜川も増水していたのでどうかなあって思っていましたが、天竜区を流れる二俣川もこの通り。
洪水寸前の感じ。こりゃだめかなあって思いつつも天竜スーパー林道を目指します。
県道は特に荒れているわけではありませんでしたが、13日まで通行止めだった林道は冬の間に荒れ放題。

イメージ 2

落石を何か所かどかしながら進みます。

イメージ 3

ありゃ〜こりゃ大変だ。

イメージ 4

最近崩れたのかそれとも冬の間に崩れたのかはわかりませんがこのままでは通れません。

イメージ 5

このくらいまでどかさないとね。

イメージ 6

こんなのも落ちてました。

さらには、途中「キジ」に3羽、「シカ」に1頭出会いました。

イメージ 7

それまでは小雨だった雨も、天竜の森駐車場付近で大粒に。
コリャ運用どころではないですね。車の中でデジ簡で2局と交信していただきました。

30分ほど待って小雨になったので竜頭山展望台に向けて出発です。
イメージ 8

イメージ 9

なんか見慣れない植物がそこかしこに生えています。そういえば春の竜頭山は初めてかもしれません。

30分ほどで展望台に到着。
イメージ 10

なんか散乱しちゃってたのでなんとなく戻して。

イメージ 11

この時点では9℃でしたが結局気温が上がらずお昼でも8℃でした。

イメージ 12

展望台なのに全く展望はありません。「雲の中」ということです。

イメージ 13

まずはこいつでキー局にチェックインを試みます。ミーティングが始まって1回目のチェックイン、ちょっと待ってからコール。3局目で交信が成立しました。
あんまりたくさんの局がコールしてなかったみたいです。距離的にも今まで100Kmとかあったのに今回は40Km程度。  でもよく考えると10mWでそんなに届くなんてやっぱり感動します。

でもってしばらくしてチェックインが落ち着いたようなのでこいつでコール。
イメージ 14

SHARPのCB-T10っていう昔の機械です。レジャーに使うことを前提だったようで明るいカラーです。アルインコ機が黒っぽいのでちょっと新鮮です。LCDもありません。チャンネルはLEDで表示させるというデザイン重視の機械ですね。

ところがキー局のながおかHR420局からは「変調がおかしいです」「秘話がかかったように聞こえます」などのレポート。む〜〜確かにこの機械は秘話モードがあるし(といってもいわゆる音声反転型)変わった機能もあるようです。ただ、その解除法がわからないのでそのまま交信させていただきました。写真で見るとバッテリーランプが赤になっているので、電池の問題だったのかもしれません。
後に交信していただいた局からは「ちゃんと聞こえてましたよ」とのレポートもありますます謎は深まるばかり。それでも電波は届いていたようなので交信成立でいいですかねえ。

今日の交信
特定小電力無線の部
ながおかHR420局 茶臼山山頂 M5 / M5 DJ-P23L 3番目にチェックイン
ながおかHR420局 茶臼山山頂 M5 / M5 CB-T10 変調がおかしいらしい
アイチRZ050局 田原市海岸 M5 / M5 DJ-P23L 仕事の昼休み中
ハママツAF59局 天竜川河口 M5 / M5 DJ-P23L 東区あたりから自分の電波が聞こえてた
シズオカYS37局 御前崎市 M5 / M5 DJ-P23L 御前崎までよく飛んだもんだ
シズオカAR105局 天竜川河川敷 M5 / M5 DJ-P23L 本日初運用だとのこと
ハママツNK34局 中区自宅 M5 / M5 DJ-P23L 自宅から!!
デジタル簡易無線の部
ナガノAF45局  長野県飯田市 M5 / M5 D553
カナガワAS39局 小笠山パーキング M5 / M5 D553 浜松方面への移動中
シズオカYS37局 御前崎市 M5 / M5 D553 秋葉山あたりまで
ハママツNK34局 太平洋富士見平 M5 / M5 D553 飛竜橋付近まで

あいにくの天候でしたが、特小単信でそこそこ交信できて楽しめました。
ありがとうございました!!

この記事に

開くトラックバック(0)

 春が進むにつれて、市民ラジオのコンディションが季節らしくなってきたと様々な方のサイトに記されはじめ、その実績も上がっている今日この頃。相変わらず年度初めの超多忙な自分は、掲示板を眺めては指をくわえて見守るばかりでした。
 今日はたまたま正規の勤務時間が終了したころにわずかな時間ができました。

2エリアから6エリアのパスも出ているようでしたので、ハンディ機を取り出してみました。

イメージ 1

全体的にノイズがあり「じじじじじじじ〜〜〜〜〜」って音がしています。こりゃだめかなと思いつつもロッドを伸ばすと日本語が聞こえてきました。
しかし、コールサインは聞き取れず、こちらから呼ぶこともできません。ならばとしばらくワッチしてからCQを出してみました。

なんとすぐにコールバック 
おきなわZA35局からはっきりとした変調が聞こえます。
こちらから52を送り、53をいただいて交信成立。久しぶりの電離層反射交信が自分のCQで成立してちょっと拍子抜け。
ボウズ覚悟だっただけに、無茶苦茶うれしかった〜〜!

週末は高い山より水辺のある低いところがいいのかなあ?
また運用地選びに悩みそうです。
しかも天気予報では日曜日のここ浜松市での降水確率は90%に上昇!!
ますます悩みます。

それでも、電波どこかから発射しますので、拾ってやってください。
よろしくお願いします。


この記事に

市民ラジオでの電離層反射通信の成果が掲示板にもちらほらと上がっていて「そろそろか?」なんて思っておりますが、仕事がめちゃくちゃ忙しくてとても平日のランチタイムやイブニングタイムにアンテナんを伸ばす余裕がありません。

とはいえ、通勤時間には特小のレピータ周波数をアマ機で聞いており「だれかでてこないかなあ〜」と心待ちにしております。

今週末は今シーズン最後のUHF−CBオンエアミーティングが開催されるとのこと。
キー局は愛知県最高峰の茶臼山からの運用のようです。
茶臼山からは浜松市方面もよく見えるので、もしかしたら平地でもキー局との交信が楽しめるかもと思いカシミールで探ってみました。

イメージ 1

左が茶臼山で右が遠州灘に注ぐ天竜川の河口です。
見事に見通しのようです。以前ミエAC129局が井山から運用された時も天竜川河口から交信ができたと記憶しています。

悩むのは
①キー局以外と交信もしたいなあって思うと、やっぱり高いところがいいのかも。
②いやいや日曜日は雨の予報なんだからそんなに外でたくさんの局が運用するとも思われないから、そこそこでいいんじゃないの。
③竜頭山に続く浜松市天竜区のスーパー林道は金曜日まで冬季通行止めが延長じゃないか。もしかしたら再延長になるってこともあるかも。

というわけで、どこで運用するかについてはまだまだ考える余地があります。
「晴れ」予報なら間違いなく高いところに行くんですが「雨」予報だと春オンのようなことになりかねません。それにしてもイベントデーに「雨」のことが結構ある気がしますねぇ。

もう少し悩みます。でも、どこかで電波を出しますので是非お付き合いください。

この記事に

静岡県菊川市に特小レピータが設置されてしばらくたちますが、当初愛知県の新城レピータと同じチャンネルで同じトーンだったため、ダブルアクセスすることもあり、浜松市からのアクセスは難しいと感じていました。
その後設置者様のご配慮で、チャンネルもトーンも変更されて、L12-02となりました。

ということは、混信などを気にせずアクセスできるかもしれないと思い週末に2か所からアクセスチャレンジをしてみました。

4月7日(土)
イメージ 1

場所は浜松市浜北区の太平洋富士見平です。木が伐採されていて少し見晴らしがよくなっていました。

でもってアクセスは……  たぶんできたんじゃないかなあ。DJ-R20Dのものと思われる「ピ・ピ・ポ」が返ってきました。
ただしアクセスはピンポイントで、変調が乗っているかどうかは微妙なところです。

4月8日(日)
イメージ 2

浜松市南区 天竜川河口付近です。
こちらもピンポイントでアクセスできました。ちょっとずれるとアクセスできません。

浜松市から特小菊川レピータへのアクセスが可能だということがわかりましたが、交信はまだこれからですね。より強くアクセスできる場所を探す必要がありそうです。いずれにせよ全くダメではないことが分かったので、また場所探しをしてみたいと思います。

今日の交信
アイチRZ050局 DCRにて M5/M5 三岳山からのオンエアだそうです。
        特小単信にて M5/M5 自宅向けモービル中にアマ機から聞こえてきて慌ててDJ-P23Lを右手に取りました。モービルで特小単信で20Km以上離れたところと交信できるなんて!!!!

たった10mWの特小、おそるべしです。

お読みいただきありがとうございました。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事