ここから本文です
ハママツHM21/JI2CIY
ぼちぼち運用していきます
2月17日はUHF-CBオンエアミーティングでしたね。
ハムの祭典に行ったのでキー局との交信はできませんでしたが、ハムの祭典の会場外から特小でCQを出したところ5局と交信できました。

シズオカPC110局 M5/M5
シズオカSA824局 M5/M5
シズオカTK19局   M5/M5
シズオカMM316局 M5/M5
シズオカEA51局  M5/M5

皆さん業務連絡に使われていたようです。

5局続けてのパイルアップでした。あ〜でもみなさん紳士なのでかぶせてこなかったからパイルとは言えなかったかも。
UHF-CBオンエアミーティングはキー局との交信だけを目的とするものではありませんって聞いたことがあるので、これで参加したってことにしてくださいませ。

交信いただいた各局様 ありがとうございました。

この記事に

ハムの祭典 2019

2月17日(日)はUHF-CBオンエアミーティング、浜松シティマラソンと並んで浜松市で西部ハムの祭典が開催されました。

ハムの祭典って言ってもお歳暮に出てくるボンレスハムとかではございません。
そんな無駄なお話はどうでもいいって…  ごもっともです。

会場に向かう車中ではいくつかの交信が聞こえてきました。デジ簡からはフリラー各局のラウンドQSOも入ってきます。たぬきワッチしている間に会場に到着してしまいました。

会場は人だかりの大盛況。無線機やアンテナの特売からジャンク品に至るまで会場狭しと並べられています。見るだけで精いっぱい。
あ〜デジ簡特売しているなあ、おっ市民ラジオも少しだけあるぞ!!など一回りしたのち、声をかけてくれた青年が…ハママツWY237局でした。就職試験があるとか。頑張ってくださいね。

さて、静岡県のライセンスフリーラジオの愛好家の集まりのシズオカミリワッターズのブースにも挨拶。記帳させていただきました。

NASA7208DXの実物を見せていただきました。写真撮り忘れ!!!
製作者のシズオカDD23局にも操作を教えていただきました。単純に「スゲ〜〜」
オリジナル感満載で知恵と努力の結晶だな〜って。

そのほかにもRJ-580を技適改造したものをいせていただきました。これまたハンドメイド感満載でほれぼれするものでした。ってことは努力次第では新技適改造もできるかもしれないってことなんですね。自分には知識も技能もないのでハードルは高そうです。

一通り堪能させていただき、こんなものを買ってみました。
フレキシブルマイク  200円なり
イメージ 1

ハンドマイク 200円なり
イメージ 2

これらはいずれもとある高等学校のブースが販売していたジャンクから見つけたものです。 いますぐ使えそうにはありませんが、きっといつか使えるはず。
……いつかきっと。

たまには新品を買ってみました
イメージ 3

2個組の特小トランシーバーです。いろんなところで売られていますが、ネットで見かける価格よりも安く販売されていたので予定にはなかったものの買ってしまいました。ま、いずれほしいと思っていたのでまあ良しとします。

魅力は何といってもその大きさです
イメージ 4
ALINCOのDJ-P23Lとの比較です。 う〜んスピーカーマイクよりも小さいかも。

これは面白そうです。首から下げるストラップもついていて、充電器も充電池もついていてこの価格。(価格は秘密です)しまっておく場所にも困りません。
あとは交信距離や使い勝手ですね。
月末にスキーに出かける予定がありますのでその際に使ってみたいと思います。
もしこれがゲレンデで実用となるのであれば荷物にもならずよいかも。



この記事に

ここのところ新型の市民ラジオ機の話題でそこそこ盛り上がっておりますが、自分にとっては高嶺の花(高値の花?)なのでちょっと立ち止まっております。

さて、ほぼカレンダー通りのお仕事のはずなんですが、2月16日はお仕事の延長線上のお役目で浜松市から静岡市に出かけます。
午後からのお仕事なので何とも中途半端なんですが、仕方ありません。

道中はDCRでも聞きながら進んでいきます。たまにCQ出してみたりしますので、お相手いただける方よろしくお願いします。

菊川レピータや高草山レピータにもアクセスしながら行こうとも思いますがまさに「瞬間交信」となることが予想されますね。

特小レピータがお昼前くらいにガサガサ言ってたら「あ〜通ってんだな〜」って思ってください。帰りは何時になるか全く予想が付きませんがやっぱりガサガサ言わせようと思います。

移動中もなんだか楽しめるのも無線を趣味にしているおかげです。


この記事に

2月14日は言わずと知れたバレンタインデー。日本ではチョコレートを買いまくってプレゼントする日になっていますね。
学生の頃は、もらえるのかどうかソワソワ、ドキドキしていて「ノリ」もあって当時も義理堅い皆様からチョコレートをいただいておりました。
就職してからは、職場での完全なる義理チョコですがいただけるのかそれとも嫌われて無視されるのかという別の意味のドキドキが。特におじさんは嫌われてやしないかってところを気にするもんなんです。

でもって今年はというと
イメージ 1

よかった〜〜嫌われてなかった〜〜  本当にありがたや〜〜

お返しを考えるのも大変だなあ〜〜 なんて いやはやよかったです。

この記事に

300円ランタン

100均に行くたびにLEDライトのコーナーに立ち寄りますが、今日はこんなのを買ってみました。
イメージ 1
100均なのに300円のランタンです。
同じような形をしたものが、通信販売などでも売られていますが、2個で千円から2千円くらい。
こいつは300円だったのでどんなもんかと買ってみたってところです。

電池は単3を3本入れる仕様。似たようなランタンはどれも同じ電源のようです。

SONYのサイクルエナジーの1000mAhのやつをフル充電して入れてみました。
イメージ 2

まばゆいばかりの明かりです。

継続使用時間はかなり長い(と書いてあります)

実際には、1000mAhの電源で2時間連続して点灯したら暗くなってきました。
はっきりと計測したわけではありませんが、かなり落ち着いて、ランタンがあることはわかりますがこの明かりで本を読むのは厳しいかなってくらいの明るさになったと表現しておきます。

2時間の点灯後、2時間休ませたらまた明るくなっていました。しかし30分もたたないうちに落ち着いた明かり(?)に。

結論 点灯色の明るさは1000mAhの充電池では2時間程度
   休ませるとやや明るさは復活するがわずかな時間
   点灯していることが確認できるというのであれば長時間の点灯を確認

一晩中光らせてサイトを明るく照らすといった使い道には向かないかもしれません。
大容量の充電池を使えば、イケるかも。
庭でバーベキューするのにはお手軽でいいですね。
安定しておける形状なので停電した時には重宝しそうです。
   
  
   

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事