ここから本文です
ハママツHM21/JI2CIY
ぼちぼち運用していきます
こんにちは
掲示板や各局のブログを拝見すると、ここ2日間Esで遠距離交信が成立しているようですね。

待ち遠しかったシーズンインといったところですが、年度替わりで転勤した自分の職場はかなり忙しいところで、ここのところ早朝から深夜まで職場で過ごすといった状況です。なので、休憩時間にぶらりと運用するとか、仕事終わりに運用するとか言った雰囲気ではありません。

そのぶん週末にはなんとか時間を見つけて電離層反射による交信を達成したいなあって思っていたところ、休日出勤となりました。とほほです。

去年のログを見るとやっぱり4月のこのシーズンはなかなか運用ができず、ゴールデンウィーク明けから自分のEsシーズンとなってました。

「今シーズンもよろしくお願いします」と1日でも早くアナウンスできる日を楽しみにもう少しお仕事頑張ります。

                        待っててね!!Es様!!


この記事に

4月16日(日)は第28回UHF-CBオンエアミーティング開催とのアナウンスがありました。
ヒノキ花粉に反応する自分は、ちょっと迷いましたが、浜松市北区尉ケ峰でキー局との交信を狙いました。

イメージ 1

パラグライダーのフライト場には見事な桜がまだ咲いており、時折吹く風に「花吹雪」を舞い上がらせていました。今年は確かに桜は遅れましたが、こんなに長く楽しめるのは珍しいです。

イメージ 2

浜名湖方面まではぎりぎり目視できますが、かなりもやもやとしたいわゆる春霞といった感じです。

イメージ 3

 まずは浜松レピータにアクセス、フライト場の一番高いところよりやや下がったところのほうがアクセス状況は良好でした。
 同じチャンネルで自動車のディーラーか修理工場と思われる交信も聞こえます。混信は避けたほうが良いと判断。おとなしくシンプレックスでの運用とします。


11時からのチェックインが始まってもどのチャンネルからもキー局と思われる声が聞こえません。駐車場整理の交信や、そのほか工場と思われる交信は入ってきているのに。
キー局は三重県いなべ市の藤原岳からの運用なので、相手の標高が高いから大丈夫かと思っていましたが、甘かったようです。
確かに尉ケ峰は南側や西側は開けていますが、北側は木々にさえぎられてロケーションはよくありません。
キー局を呼ぶ参加局も2局しか聞こえずチェックインは成りませんでした。

今日の交信
DCRの部
11:41 アイチRC01 豊橋市固定 M5 / M5 はじめ1wどうしのちに5W
12:15 とうきょうBI275 八丈島 M5 /
お呼びするが届かず
12:28 ハママツWY237 湖西市新居 M5 / M5 自宅のときにコールできず
12:57 ミエAR306 藤原岳 M5 / M5 お天気のお話 途中から通話できず ?
13:03 アイチEF156 本宮山 M5 / M5 アンテナマーク2本!!
13:06 アイチKC209 本宮山 M5 / M5 同じくアンテナマーク2本

特小の部

12:35 ハママツWY237 湖西市新居 M5 / M5 DJ-R100Dをお使いだそうです。

市民ラジオの部

12:44 ハママツWY237 湖西市新居 58 / 55 RJ-380をお使いだそうです。
13:11 シズオカAB583 天竜川磐田 54 / 52 お久しぶりの交信です

キー局を務めたミエAR306局とはDCRで交信できました。ただ、途中で聞こえなくなってしまいました。

市民ラジオでは、おきなわ局のコールも聞こえましたが、交信には至らずじまい。DCRでは八丈島も聞こえてきましたが、交信ならず。

うまくつながらないから、楽しいんですよね。うっすらとかかすかす?で聞こえた時のあのわくわくした感じがフリラの醍醐味です。

今日のおまけ
イメージ 4

山菜にお詳しい方ならお分かりかと思いますが野生のタラの芽の群生に出会いました。樹木の先端についているのがそれです。樹高が3m以上あったため手が出せませんでしたが、ちょうどよさそうな感じでした。

おまけその2
パラグライダーのフライト場からは、風向と風速が音声で特定小電力の「あるチャンネル」から時々送出されていました。
確かにフライト場にはソーラーパネルと風向風力計を確認できました。
標高の高いところからの送信なので意外と遠くまで届いているかもしれません。どこまで届いているか、それを調べるのも面白いかもしれません。

交信いただいた皆様ありがとうございました。




この記事に

開くトラックバック(0)

転勤しました

1週間のご無沙汰です。
(ロッテ 歌のアルバム調。 え?知らないって)
ひとつ前のブログでも書きましたが、自分の職場は必ず転勤があります。
今回は自分も対象者で、勤務先が変わりました。勤務先が変わったといっても仕事そのものは同じ種類です。その点では、これまでやってきたことが生かせるのですが、どこに何があるかなどは全く違っているので、仕事の前にそれを探すのに一苦労です。
いらなくなった書類の処分の仕方やその場所も違っているので、職場内を行ったり来たりうろうろすることばかりです。

そんなこんなで、仕事の効率があまり良い状態ではなく、帰宅時間も遅くなっていたため、ライセンスフリーラジオの運用は壊滅的でした。

これまで勤務していたところは、小高い山や展望台まで車で20分圏内でしたが、現在勤務しているところは、平野部でしかも幹線道路(国1)沿い。住宅も多くノイズ源が結構ありそうです。幸い南側には開けているので、場所さえ選べばEsもいけるかの知れません。
この職場なりの沖縄ポイントを見つけられたらいいなあと思ってます。

平日の運用はしばらくできそうにありませんが、週末はどこかで何かを受信してますので、よろしくお願いします。



この記事に

送別会

自分の職場は年度末になると、必ず転勤があります。約4分の1が毎年別の勤務先に変更になります。

先日送別会が開かれました。
毎年ちゃんとした場所でそれなりのしきたりで行います。

今年はちょっとおしゃれな会場でしたので思わず写真を撮ってしまいました。

まずは前菜から

イメージ 1

おおっ!なんておしゃれなんだ!!セレブ感満載だぞ!!ミニトマトがさらに半分に切ってあるし、ソースが点々と置かれている。テレビで見たことある感じ。

職場の担当部署が司会者を立てて「式」として送別会が進んでいきます。
食事が美しいとなんだか会話も弾みます。

イメージ 2

ぴんぼけ。これが運ばれてきたときには「ええっもうコーヒー?」と思ったんですが、そうじゃなくて「ごぼうのスープ」だそうで。おかわりしたいくらいおいしい。
でも、このくらいがちょうどよいのかもしれません。濃厚でごぼう感たっぷりです。

イメージ 3

エビとホタテが大きな皿の中央にちょこんとのってるあたりこれまたセレブ!!
身だけを食べるようですが、自分は甲殻類のだいご味である「殻」を食べるべく、頭もしっぽもバリバリ食べました。 これがまた香ばしくておいしい。

イメージ 4

ちょっと飛ばしてデザート。イチゴづくし。甘ったるいのではなくイチゴの酸味も生かされてる感じ。

コース料理だったので、お上品でおなかにたまらないと思っていましたが、思いのほかおなかも満たされ、もちろんその雰囲気も楽しむことができました。

今回使った会場は、「結婚式場」今どきの結婚式に出されるおしゃれな食事でした。

ちなみにドリンクは飲み放題。こういったお料理にはワインが合うんでしょうが、自分はビールやら焼酎をたくさんいただきました。ワインもおいしかったですよ。

居酒屋やホテルとはちょっと違った送別会でした。


この記事に

自分の車にはルームランプが6か所あります。
以前3か所をLED化した記事を掲載したのですが、とある事情で3か所は後回しとなっておりました。
とある事情とは通販で買った残りの3個が何かの手違いで届かず、その処理や再注文で時間がかかったという事情です。
海外からやってくるものは、2週間ほどの余裕をもって発注するのですが、今回は1か月たっても品物が到着しなかったので、返金の依頼をしました。
安価だったので、ダメもとだったのですがすぐに連絡があり、返金されました。さすが大手の通販サイトです。

同じサイトで別の業者から似たようなLEDユニットを取り寄せたところ、2週間かからず品物が到着しました。

イメージ 1

3つのユニットを発注して、合計500円未満でした。説明書とかそういったものはありませんが、アタッチメントがついていて、ポン付けするだけでよさそうなので、手探りで取り付けてみます。

イメージ 2

白熱電球の色です。決して嫌いじゃないですが、文字を書いたり読んだりするのは厳しいです。

イメージ 3

内張りはがし(これも大手通販サイトで大陸の国から輸入。激安)を差し込んでじわじわとこじります。

イメージ 4

小さな電球がついているので、取り外します。
真ん中の電球はすぐに外れたのですが、両端の2個はなかなか取れませんでした。
仕方がないので、右側の「ツメ」をいじくってユニットごと外して裏から電球を押して取り外します。

イメージ 5

LEDのユニットを取り付けて点灯させます。点灯しない場合は極性の違いを疑います。
また、T10型の取り付けユニットがゆるゆるで、車側のソケットと接触しない場合があるようなので導線を曲げたり補正したりする必要がありました。

想像通りの明るいルームランプとなりました。

ドアを閉めるとゆっくりと減光するようになっていますが、白熱電球よりも短い時間で消灯する気がします。
豆電球では電圧低下とともにリニアに暗くなるのですが、LEDの場合はある電圧以下になると急に減光する特性だからだと思われます。

合計1000円ちょっとでルームランプ全部LEDに交換できました。専用品だと大手通販サイトでは安くて3000円くらいだったのでコストパフォーマンスはかなり高いですね。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事