ここから本文です
ハママツHM21/JI2CIY
ぼちぼち運用していきます

書庫全体表示

世間の皆さんはそろそろお盆休みといったところでしょうか。自分も夏季休暇を帳簿上こなさなければならないので一応休みとはなっていますが、結局職場に行ってたりしてます。
そんな中、山の日の8月11日は山に行けばいいものをあえて海に行くというあまのじゃく的なことをしてしまいました。
というのも、アジの釣行が毎年お盆休みあたりで終わってしまうので行けるときに行っておこうと思ったからです。

朝早く自宅を出発。自宅付近は土砂降りの雨。カッパやら長靴やら大きな麦わら帽子やらを装備して釣り場へ向かいます。

が、釣り場に行く途中まで降っていた雨は次第になくなり、福田港ではまったく雨の気配はありませんでした。 

さて、福田港ですが金曜日とあってか、前回のように釣り場がいっぱいということもなく、普通に釣り座を構えることができました。でも釣れているならもっと混んでるのかもしれません。

うっすらと空が明け始めたころに、竿に反応がありました。狙い通りのアジです。
今日は爆釣か!?と思いきや後が続かず結局釣れたアジはこんなかんじ。
イメージ 1

このあと数匹追加するものの爆釣とは程遠い感じでした。

そのほかの釣果はこちら

イメージ 2

イワシとサッパです。
以前はサッパはリリースしてましたが、最近はちゃんとから揚げにすれば骨も気にならないレベルになるので、下処理して持ち帰るようにしています。

今日の料理
① アジは少し型が大きくなったので、頭部も切り取ります。サッパは2枚におろしてイワシは大きかったので3枚にしました。
② ポリ袋に片栗粉と魚を入れて「シャカシャカ」します。いっぺんだと塊になっちゃうので、揚げる順番に粉を付けます。今日はアジ→サッパ→イワシの順にしました。
③ 玉ねぎ3個をスライスして大きなタッパにスタンバイ(某局はネギ類は撲滅したいとか。自分はあると嬉しい派です。ラーメン店でネギのトッピングがかけ放題の時はそこそこやっちゃいます)
④ 酢+砂糖(結構多め)+そばつゆでたれを作って玉ねぎにかけておきます。
  量は玉ねぎがひたひたに浸かるくらい。そばつゆって色々使えます。

⑤ 油で3分くらいあげます。アジとサッパは2度揚げするのでいったんキッチンペーパーを敷いた皿に移します。
⑥ イワシと、サッパの骨がついていないほうは揚ったらすぐに玉ねぎ+たれのプールに浸します。「ジュッ」というくらいの感じです。
⑦ アジと、骨付きサッパは2度揚げして「ジュッ」とします。

⑧ タッパにふたをして味がなじむのを待ちます。自分は半日以上待ちます。1日たったころから玉ねぎの甘みが加わっておいしくなります。

できたのがコレ
イメージ 3

赤玉ねぎがあったので彩で入れてみました。夕飯の時にいただきましたが、おいしかったです。明日のほうがなじんでてもっとおいしいはずです。

明日が楽しみ。  お読みいただきありがとうございました。



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事