都政の壁を打ち破る! 浜田ひろきの活動日記

これまでの実績と情熱を都政改革に注ぎます。

全体表示

[ リスト ]

今年の夏の参議院選挙からインターネットを使った選挙運動が「解禁」されることになっています。

実は、これについていろいろと見解を求められたりするのですが、それ以前にまず、最近のネットとの接し方について。
SNSが流行りだして「Web2.0」とか言われるようになったころから、私もツイッターやフェイスブックを使いだしたので、あまりブログを更新しなくなっていました。ツイッターで少し長くなりそうなものがあったら使うという程度になっていました。
それで、その辺りからネットに対する使い方の意識が全く変わり、以前には有権者との接点拡大、拡張のためにやっているという認識がまだあったのですが、SNSのあとからは意見・情報交換であまり拡張とか運動的な要素では使わなくなりました。この詳しい理由についてはまた分析したいと思います。

それで、タイトルのところについて言うと、インターネットを使った政治活動や議論は歓迎するものの、こと選挙運動やそれに近いものに関してはプッシュする手段として使いすぎると意見・情報交換の目的が達せられないのではと危惧しています。なので、これまでとあまり変わらないスタンスでインターネットは活用していきます。

それと、毎回、話すのは「解禁」という表現が正しいかというところ。
インターネットについては法律に想定されていなかっただけで、禁止されていたわけではないので、解禁とか表現されるのは違和感があります。今までは行政の見解で禁止されるという考え方と実際にそれに沿って大げさに対応する議員・候補者が多かっただけなのではないかと。
今まで通り政治活動は自由が原則であるし、公職選挙法では事前運動の禁止とか様々な規制があるので、そこまで選挙や政治のあり方は変わらないと思います。むしろ、インターネット選挙運動が法定されたことで規制強化になっていないかと心配します。

行政をチェックすべき議員は、行政が出した見解に対してもう少し懐疑的なところがあってもよいのではと思います。
もちろん、面倒くさいのはごめんなので、見解が分かれそうなものには危ないところには近寄らないようにはしています(笑)。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事