ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

第15回 日本グレトーナメント決勝大会1日目!
舞台は毎年恒例の南紀勝浦!
先週のグレ選手権からの運を引き継いでいると信じて本決戦に挑みます!
受付を済ませ、運命の抽選です!
引いた番号は71番!
戸田選手と原選手との1回戦が決定しました!
決戦の場所は「松の下」…底物場のようで。
知らない場所…私は聞いたことも無かった!笑
磯に上がりジャンケンにて場所決めです。
試合は3時間で1時間のローテーション、この入る順が釣果を大きく左右します!
ジャンケン…負けます。
真ん中からスタートします。
第一印象で左が釣れそうやな〜〜と思いながらそこは最後に入る場所!
スタートして、サシエが取られるとこもなく1時間が終了…両サイドはポロポロサシエが取られている雰囲気!
次に右側に…1時間でサシエが2回取られました!笑、この時点で全員が釣果なし!
全員の釣果がなければジャンケンで勝ち上がりが決まります。
ジャンケンだけは勘弁と思いながら、
最終の第一印象の良いポイントへ!
おっ、サシエが取られる…
魚の雰囲気…いやっ、ここにはグレがおる!とビビッと感じました!
サイズは出ないだろうとハリスと針を落とします!
ウキがシュッと入り、木っ端を1枚ゲット!
貴重な1匹です!
そこから反応はあるもののパターンにハマりません。
誰もが良型のグレをキープすれば勝ちあがれる状況…
このまま逃げ切りたい。残り時間が数分でもう1枚追加!
グレはこの2枚だけで1回戦突破できました。
過去に木っ端が釣れずに涙したことがあったため、以降練習した甲斐があったと実感した瞬間でした!
2回戦は、優勝経験のある田揚選手と石川の薮田選手と伝五郎での対戦です!
高場を三等分し恒例のジャンケン!そして負けます!笑
最初は真ん中の底物場からスタート!
1回戦で使用した際には10枚揃っていた模様であったので1回戦の時よりは楽に釣りが出来そうです!笑
魚の気配はあり、木っ端を1枚キープ!
続いて、いいサイズをヒットさせ慎重にやり取りを!これを取らんと勝てへんぞー頼むでーと祈り浮かせ、おっ30ぐらいありそう!玉入れを………と、なんとここで針ハズレ。
思わず、うわっ!と声が出ました。
前半は1枚で次に高場の船着へ。
他の方も数枚キープしている模様です。
ここで釣らんとダメやと私の中であり、気合いが入ります。
25僂曚匹鬟殴奪箸掘続いて30僂曚匹鬟劵奪函際に張り付かれ引きづり出すもラインがスレていたので浮かせて玉入れ直前で………海中に帰っていきました。笑
その後、追加できず船着は終了し現在2枚。
これはやばい、2回戦敗退の危機です。
最後の場所へ。
先からここは木っ端はポロポロ釣れていました。
それを狙う!
とりあえずリミットまであと8枚を!
数を重ね、頑張るも6枚追加で計8枚。
田揚選手は規定枚数到達とのこと。
薮田選手は規定数には満たないものの最後の船着で数枚キープしたと情報が。
2回戦はワイルドカードがあり、占有率でブロックから2名が2日目に進出できますが…
木っ端しか揃えれていない私は3位やな〜〜と諦めモード。
港に戻り、クラブメンバーからどないやった?と。ダメですねービリぽいです、と回答。笑
慰められることもなく、2回戦のビリは1回戦ボーイと同じやで〜〜といつも通りのイジりにあいます!笑
運命の検量へ!
まずは田揚選手から、続いて私…結果、田揚選手と30g差で負ける。
次に薮田選手の検量。
おっ、見た目勝ってる!!
結果、2位でワイルドカードゲット!
神が舞い降りた感じです!※勝浦の神様に感謝
翌日に備え、撒き餌を練ります!
マルキューV9とV11のコラボをベースに後はクラブ員からのマキエをさらにコラボ!
これで準備完了!
夜は懇親会で準々決勝の組み合わせ抽選会!
2日目の対戦相手が決定します。
運命の抽選が始まり、引いた番号は「1」番!
縁起がええなーと、冗談で1位てこと?と言いつつ、準々決勝は河西選手と串選手との対決に!場所は金光坊のコジとなりました!

イメージ 1

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事