全体表示

[ リスト ]

柏市増尾 柏芳園

 高校の同期生U君が興味を持っている 柏芳園 を訪問。

この園は園主山口安久氏が中国斥浙江省で自生していた老鴉柿(ロウヤガキ)という矮性種の柿の苗木を日本に輸入して根づかせ盆栽として育てている。日本で姫柿と名付け、「姫柿を育てる会」を設立して輪を広げている。

園内には所狭しと柿の盆栽が育成されており、山口氏が輸入してから繁殖させるまでの努力の結晶が見受けられた。原種どうしの掛け合わせで、個体変異が豊富に出来るそうである。

柿の一種であることから、見頃は10月から11月頃であると言われたが、園内を見せてもらい、撮影してきた。
中にはまだ実がついているのもあったので主に実のついている盆栽をアップする。

今年の秋に再度来援したい。

イメージ 1
 入口に立ててあった看板

イメージ 2
 実のついた姫柿(出来の良かったものか、屏風の前に置かれていた)

イメージ 3
 園主 山口安久氏(盆栽の手入れに余念がない)

イメージ 4
 実のついた姫柿(2)

イメージ 5
 実のついた姫柿(3)

イメージ 6
 実がなくなって枝だけになった姫柿(殆どの鉢はこのように枝だけであった)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事