デジ・アナ Room

デジタル好きなアナログ人間のブログです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全74ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

以前から、中古レコードショップに行くたびに、

ソニーマスターサウンドシリーズで出された

ハービーハンコックのダイレクト・ステップというアルバムを

探し続けているが、なかなかお目にかかれない。

ダイレクトカッティングされた、名盤とのこと。

「ダイレクトカッティング」

アナログレコードの最高の贅沢。

当時のデジタルレコーディングのクオリティーをはるかに越える、

想像を絶する音。

ちょっと前、中古レコードショップで

マスターサウンドシリーズの

LIVE UNDER THE SKY V.S.O.P THE QUINTET

という、今は無き「田園コロシアム」で行われライブ・アンダー・ザ・スカイ ライブのデジタル収録版を

手に入れて、

これはこれで、伝説のライブの収録版なので貴重みたいだけれど、

その中に入っていたマスターサウンドシリーズのカタログの中に、

ダイレクトステップ以外に、もう一つダイレクトカッティングされたレコードが紹介されている。

それが ザ・スクエアの「ミッドナイト・ラヴァー」

これだったら、ひょっとしたら手に入れられるんじゃないかな、

と思ってインターネットで検索したら、

高知にあるショップの在庫がヒット。

即、お買い上げしてしまった。

手に入れたLPがこちら。
イメージ 1

もう、例えようのない音のよさ。

デジタルマスターのようにヒスノイズが皆無。

そのくせ、まったくデジタルくさくない。

低音のしまり具合といい、高音の緻密さ、繊細さ、

音がしまって聞こえる。

いまそこで、演奏しているのをモニターしているような、そんな感覚。

一発取りのため、演奏者がすごく丁寧に演奏しているのもよく分かる。

音のセパレーションも抜群。キレがいいから、定位もいいし、

こんなアナログディスク聞いたことない。

ただちょっと、

この間フォノイコライザーの電源を入れっぱなしで寝てしまったため、

電池が消耗して、ちょっと電圧さがってるような気がする。

電池買いに、さっき夜11時頃にコンビニをまわったけど、

100均で100円で売られている006Pのアルカリ電池が、コンビニでは500円するので、

4つ買ったら2000円、ちょっと手が出なかった。

明日電池交換して、もう一度聞いてみよう。

多分音が変わるはず。

しかし、そんな電池の電圧低下で若干音が悪くなっていることも考えられるのに、

いい音で鳴っている。

ブログ書きながら何回も聞いている。

いい音。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ICF-SW11入手

旅行や出張に行くときは、必ずラジオを持っていっています。

よく持って行くのはICF-SW7600GR。

ただし、こいつの場合、現地の放送局の周波数がわかっていないとやっかいである。

地方にいくと、NHKでさえ中継局をさがさないといけなかったりと、デジタルが故のめんどくささがある。

それに電池を入れっぱなしにしておくと、いざ使うときに電池がなくなっていて、

旅行や出張に行くたびに電池を入れ替えなければならない。

そこで、以前からICF-SW11がほしいなあ、と思っていた。

これだと普通のAMラジオよりは感度がいいはず。

で、まずソニーの製品情報サイトをチェックすると、

ちょこちょこ見ていたはずなのに、

ラインナップから消えている。

ん?

調べたらどうも製造終了したということ。

これはあかんやん。

通販サイトをチェックすると、ほとんど売られていない。

楽天のとある大手量販店のKのサイトで訳あり品を扱っていたので、

そこでなんとかゲットできた。

送られてきたICF-SW11がこちら

イメージ 1

訳あり品のはずが、箱はきれい。

中身はこちら。

イメージ 2

イメージ 3

ショートウェーブガイドなんかも律儀に付属。

中身の説明書がすこーし角が折れていたので、製品が一度開封された痕跡があるけど、

中身は全く無傷。

動作も問題なしだった。

いいのを手に入れることができた。

インプレッションは

FMは感度まあまあ。ステレオだということで、ヘッドホンで聴いてみたけど、

ローカル局でも電波的でないノイズ、いわゆるヒスノイズが多く、

ラジオのスピーカーで楽しむ程度。

AMは、ローカル局は全く問題なし。

チューニングダイヤルを回すと、明らかに9キロヘルツごとにノイズの出方が変わる。

これが安いラジオだと、境目がわからないほどノイズを拾ってしまう。

なのでまあまあいいのではないかと思う。

実際に、内蔵アンテナだけでこの時間、関西で、954kHzのTBSラジオが受信できた。

さすがにICF-6500にはかなわなかったけど。

短波はさーっと受信してみたら、

7MHz台のCRIがクリアに受信できていました。

感度がまあまあよく、使い勝手のよいラジオです。

こんなラジオがもう販売されないなんて、

悲しい限りです。









この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

正月といえば、ウィーンフィルのニューイヤーコンサート。

今年は、もう、1年も前から待ちに待った、グスターボ・ドゥダメルの指揮。

ニューイヤーコンサート最年少の指揮者

選曲にもよると思うし、もともとニューイヤーコンサートで演奏される楽曲は

華やかで、テンポがいい曲が多い、というのもあると思うが、

グスターボ・ドゥダメルの、あのイメージにぴったりで、

躍動感があって、

指揮者が違うとこんなにも出てくる音が違うのか、

ウィーンフィルって、こんな音が出せるんだ、って

なんだか新鮮で、わくわくするような演奏会だったように感じた。

大御所の指揮者のゆったり感、まったり感、みたいなのはちょっと薄味で、

メリハリのある、ノッてくるようなリズム感、

おきまりの、指揮者がやるおとぼけなど一切無し、

そのかわり、ノリノリの指揮、

なんといっても、この人、目力で指揮してる。すごい迫力。
イメージ 1

あんまりに体を使った指揮振りに、

最後のほうは天然パーマの頭がすごーく開いたような、葉加瀬太郎のような感じに見えたのは私だけ?

最後のラテツキー行進曲は、

ええ感じのテンポで、

ちゃんと観客をコントロールするところは、

ドゥダメルの真骨頂といえる。

まさに一体感。

ホールに集まった観客は、今までにない一体感を、なんとニューイヤーコンサートで

味あわされた、って感じだろうか。

若い指揮者ならではの演奏会だった。

この記事に

昨日、スマホをソフトバンクからauに乗り換えました。

そして機種もiPhoneからandroidのxperia X performanceに変更しました。

iPhoneでは標準で2つのメルアドが使えます。@i.softbank.jp と @softbank.ne.jpだったかな。

それでsoftbank.ne.jpのメールもPCで受けることができるように、設定が公開されていたので、

メールはすべて1つのメーラーで管理していたのですが、

auに変えると、

ezweb.ne.jpのメールは、ブラウザでauIDでログインすればPC上で見られますが、

MMS専用のメールソフト以外でメールソフトで受信しようと思っても、ユーザー名やパスワードがわからないため、

メールソフトでは受信できないようになっています。

ただし、そこはみなさん考える事は同じで、

なんとか見られるようにならないかと試行錯誤され、

ネット上にはいろいろ方法がアップされており、

メールソフトで管理されている方も多いようです。

その方法としては、

 ・SMSで宛先#5000に件名「1234」のメールを送ると、
 ・アドレスが書かれた返事が来るので、そのアドレスを、
 ・アンドロイドの標準ブラウザでそのアドレスにアクセスし…
 ・標準ブラウザをiPhoneからアクセスしているように見せかける設定にして…

多分、こう書かれている情報が圧倒的なはずです。

わたしもこの情報をもとにやってみましたが、

「標準ブラウザって何」という疑問にぶち当たるのです。

xperia X performanceには標準ブラウザはインストールされていません。

そればかりか、最近のandroidスマホの標準ブラウザはChromeになっており、

いわゆる「標準ブラウザ」といわれるものはそもそもインストールから除外されており、

google playにもアップされていません。

ということは、できないってこと??

しばらく別の情報を見ていたところ、気になる一文が…

「ユーザーエージェントをiPhoneに変えます…ユーザーエージェントの変更は標準ブラウザのほかに、
ドルフィンブラウザでも設定できます…」

お? ではドルフィンブラウザを使えばいいのでは!

もうひとつひらめいたことが。

それは、auのiPhoneむけのauお客様サービスでは、ezwebメールを普通のメールソフトで

受信する方法が書かれてあるということ。

それでは、いろいろごちゃごちゃするより、

ひょっとして、ドルフィンブラウザのユーザーエージェントをiPhoneに変更した上で、

auのお客様サービスに行けば、設定方法がわかるのでは、ということ。

いろいろやってみたところ、ついにその方法を見つけたので、

これはネット上にアップせねば!と思い、ブログに書いた次第です。

ちょっとコツがいるのですが、

まず、
(1)ドルフィンブラウザの設定で、ユーザーエージェントをiPhoneに変更します。
(2)auのお客様サービスにアクセスします。
(3)アクセスしてすでにログイン状態なら、いったんログアウトします。
(4)ページの中ほどに、「iPhone設定ガイド」があるので、それをタップ。
(5)「ezwebメール初期設定」をタップ。
(6)「Eメール設定画面へ」をタップ。
(7)「メールアプリ(Eメール)でezwebメールを利用する」をタップ。
(8)「メールアプリ(Eメール)利用設定」をタップ。
(9)すると、SMSに設定のアドレスが送信されてくる。
  そのアドレスをタップし、ドルフィンブラウザで開ける。
(10)すると、なんだか文字の羅列が表示される。
   よくみてみると、それは設定内容が書かれてある。
(11)文字の羅列から、とりあえずユーザー名とパスワードを見つけ、メモする。
   大文字小文字の区別があるので注意。

この作業をやった上で、メールアプリで
受信サーバ設定は
 imap.ezweb.ne.jp SSL(993)
 ユーザー名、およびパスワードは、(11)でメモしたユーザー名を入れる。
送信サーバ設定は
 smtp.ezweb.ne.jp SSL(587)
 ユーザー名、パスワードは上記と同じ。

これで受信ができるはずです。

注意しなければならないのは、

間違ったと思ったり、試しにもう一度やってみよう、ということで(8)〜(11)をもう一度やってしまうと、

設定内容が書かれたページにアクセスできなくなります。(10)がエラーで表示されない、ということです。

そうなるとMMSのアドレスを再設定しなければなりません。

その上で、(1)から(11)をもう一度やる、ということになります。

気をつけてくださいね。

(1)から(11)まででログインのタイミングなどでうまくいかない場合があるかもしれません。

私もどこでログインして、うまくいかなかったとき、どこでログアウトして再ログインしたのか、

確認すると、また設定がご破算になってしまうので、詳しくは書けないんですけど…

どうも、auIDでいったんログインすると、おそらくau側はandroidと思っているわけで、

それなのになんでiPhoneなの?ということでうまくいかなくなるわけです。

そこで、いったんログアウトして、再びログインすると、

その時点でだませちゃうみたいです。

それから、必ずwifiはオフにして、公衆回線からアクセスするようにしてください。

できへんわー と思っていた人、

健闘を祈ります!!






この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日、写真の管理ソフトを立ち上げると、

データの保存ドライブが見当たらないとのメッセージが出て、

ドライブレターを聞いてきた。

??なんで?

と思い該当するドライブを探すも、行方不明。ドライブが表示されていない。

こわれた??

あせって再起動すると、その時はドライブが表示されるものの、ドライブレターが変更されてしまい、

これまでの画像データベースとの参照ができなくなってしまったため、

ソフトで画像データを表示させることができなくなってしまった。

しかたなしに、すべてのデータの再登録を余儀なくされ、

大量にあるデータを地道に登録する毎日…

しかし、昨日、作業しようとすると、またドライブが行方不明になっていた。

これはおかしい…

再起動してとりあえずBIOSを確認すると、内臓HDD3つあるうち、

一つが見えていない。

これは、ほんとうにHDDがこわれちゃったのかな?

この間CDドライブで試した、SATAコネクタをマザーボードの別のSATAコネクタに

変えると認識する…を思い出してやってみると、

BIOS確認すると認識してる。

これはやった!

立ち上げてコンピュータアイコンをみると認識されていた。

これはwindowsの問題?

でもBIOSで見えてないということは、やっぱりHDD自体がやばいかも。

と思って、見えているうちにバックアップを取ることにした。

こどもの小さいときからのデータ満載のディスク、

データのバックアップちゃんとしないとな。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全74ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事