よこはま徒然雑記

グルメじゃない(食い意地が張っているだけの)奴の食べと呑み(酒)とぶらつきの記録
去年の話なんですけどね とある雑誌で「ブラック企業は 人種差別用語である」って記事があったんですよ。
それを見て何か変だと思ったんですよね。あくまで私見ですが「ブラック企業」の「ブラック」の部分、その語源って「黒幕」(歌舞伎を語源とする 裏で糸を引き影で影響を与えている人という意味)や刑事ドラマで聞く「白と黒」(無実と犯人)からホワイトが潔白で明るく正しい、ブラックが闇で怪しく悪であるという日本語のイメージから来ていると思うんですがね。
「ブラック企業」という言葉から「黒人」→「人種差別」と発想する人のほうが差別意識を抱いているのでは?と思ってしまうのは私の思い過ごしでしょうか?

さて、相変わらずの人気なお店。12月から何度か足を運びましたが 入店しそびれていた『栄屋酒場』さん。年を跨ぎ 先日、久し振りに訪れることが出来ました。

イメージ 8
『栄屋酒場』さん、外観です。)


相変わらずの渋い外観です。(写真は昨年の夏ごろに撮ったものですー汗ー)
昨年にはTV番組「 出没!アド街ック天国」で取り上げられていましたが 先日には横浜の酒場を1冊にまとめて取り上げている本にも掲載されていました。(つい、購入してしまいました。コンビニにも並んでいるので目にした方も いるのでは?)

イメージ 1
(手書きされた黒板のメニューです。)

さて、何をいただきましょうかね。

イメージ 2
(「瓶ビールー大瓶ー」と「お通し」です。)

メーカーが数社から選べる「瓶ビール」は 勿論、キリンでお願いします。

イメージ 3
(「めじ」です。)

店の お母さんが私の顔を見ると「カツオでしょ?」とオーダーを確認するぐらい こちらでは鰹を注文していますが 時期的にカツオがメニューに並んでいないので この日は「めじ」(750円)を選択しました。メジマグロですね。若く あっさりとした味わいのメジマグロ、成熟したマグロとは また一味違いますね。

イメージ 5
(飲み物をビールから日本酒へチェンジです。)

お酒は徳利と猪口で供されます。

イメージ 4
(壁の日本酒メニュー ーその1ー)

イメージ 7
(壁の日本酒メニュー ーその2ー)

いつも3種類ほど「壁に貼られている「地酒めぐり」のラインナップから この日はNo.1936石川県の「宗玄」(640円)とNo.1981新潟の「北雪」(600円)の2種を いただきました。

イメージ 6
(「フランク」です。)

美味しい海鮮の品が豊富な こちらの お店で数少ない(唯一か?)動物系な お肉のメニュー、「フランク」(420円)です。
腰がドッシリと据わった感じのする純米酒は脂が多い肉系の料理でも負けることなく しっかりと受け止めてくれます。


何を食べても美味しいお店ですが やっぱり こちらの鰹が食べたいですね。もうそろそろでしょうかね。楽しみだなぁ。ごちそうさまでした。




 『栄屋酒場』さんでした。
横浜市中区長者町9−175 


この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(1)

唐突ですが血液型占いって信じますか?基本、4パターン。男女の違いを考慮しても8パターンで人の性格や運勢が くくれるものなのでしょうかね?
まぁ、それはさて置き 先日TVで見た とあるアンケート結果「女性に聞いた! 悪気なく言ってるけど、相当失礼な発言ランキング」その1位が「B型っぽい」だそうです。でも そもそも、このアンケートの答え自体がB型の人に失礼だと思ったのは私だけでしょうか?

さて昨年(2014)の11月19日にお三の宮商店街、伊勢佐木町商店街(3〜7丁目)の主催でちょい呑みイベントが行われました。

先ずは南吉田町2丁目にあるコミュニティサロンおさんで神奈川の酒蔵、「いづみ橋酒造」のしぼりたて純米新酒を味わいます。効きますねぇ、絞りたては!美味でありますよぉ
また そこではいづみ橋酒造の社長さんを始め 面白い、魅力的な方々と言葉を交わすこととなったのですが その話は機会があれば別のところで。

イメージ 1
(ちょい呑みイベントのチケットです。)

さて美味しい新種を味わった後は お三の宮商店街界隈を中心に10店舗が参加している「ちょい呑みイベント」へ!
1枚千円の「ちょい飲みチケット」を入手して向かった先は 常々、気にはなっていましたが未訪の『居酒屋 しまちゃん』さんです。


イメージ 2
『居酒屋 しまちゃん』さん、入り口の様子です。)

場所は伊勢佐木町の5丁目と6丁目の境を大岡川の方向へ向かって進むと左手のビル、2階にあります。

イメージ 4
(お通しです。)

千円のチケット(現金でも可だそうですが)で供されるセットの内容は店舗によってことなります。
こちらでは「お通し」+「お刺身」+「いずみ橋酒造の しぼりたて新酒1杯」です。
出していただいた「お通し」は一口サイズの水餃子に餡が かけられたもの。セットとは別に瓶ビールで喉を潤して楽しみます。

イメージ 5
(「お刺身」です。)

セットのお刺身は3種盛りです。鯛とネギトロ、それと鰤。どれも いい具合で美味しかったですねぇ。

千円のセットで この内容は中々、お値打ちです。イベント、そしてお試しで人を呼ぼう、という意気込みが感じられます。
そして、お刺身に合わせるのは お楽しみの・・・

イメージ 3
(「いずみ橋酒造の しぼりたて新酒」です。)

「いずみ橋酒造の しぼりたて新酒」です。やっぱり美味であります。お刺身と合わせて互いの旨味引き出し合ってます。

カウンター上に置かれた&壁などに貼られたメニューを見ると魚や野菜、色々と私好みの品が色々とあるようですね。
お店の雰囲気も いい感じですし 腰を据えて呑んでも楽しめそうですので また訪れる機会はありそうですね。ごちそうさまでした。



『居酒屋 しまちゃん』さんでした。
横浜市中区末吉町3−45

追記:私が今回、このイベントを知ったのは本当に偶然、たまたまでした。今回で4回目だというのに行われているのを知ったのも今回が初めて。あまり大掛かりにしたくは無いのかも知れませんが 折角、賛同し参加してくださっている こちらの様な お店が他にも9店舗もあるのですから 周辺住民にぐらいは もう少し周知されるようにしてもいいのではないでしょうか?次の開催を楽しみにしている周辺住民の呟きです。もし関係者の方が見ることがあれば御一考を。



この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

諸事情により年が明けてから ひと月ほど更新を休ませていただいておりました。ぼちぼち復帰しようと思います。
とりあえず月は変りましたが2015年、最初の記事となりますので ご挨拶をさせていただきます。

今年も よろしくお願いいたします。

大晦日の夜に某所で1月1日から、正月も休むことなく営業されているという情報を耳にして 早々と2日の朝に行ってきました『お食事処 千成』さんです。

イメージ 1
『お食事処 千成』さん外観です。)

私が訪れたのは2日の朝ですが 1日には六本木にある某TV局が取材に来ていたそうです。

イメージ 2
(振る舞いでいただいた升酒と お通しの松前漬けです。)

縁起物ということで三が日の お客には升酒が振舞われました。

イメージ 5
(「ソーセージ炒め」です。)

その後は いつものように瓶ビールをいただき。肴に「ソーセージ炒め」(350円)をいただきました。

イメージ 6
(「紅白なます」です。)

正月らしいものも口にしたいと思い「なます」を お願いしました。子供の頃には特に美味しいと思わなかった こういうものが食べたくなる歳になったようです。
また こういうものをアテに呑むのが楽しいんですよね。

イメージ 7
(「かけそば」です。)

〆に やっぱり蕎麦をいただいてから帰りたいなと。種物の供給源である商店街の
T屋さんが正月休みなので「掻き揚げそば」等はありません。「かけそば」(300円)をいただきました。

イメージ 4

イメージ 3
(お年玉袋です。)

この年齢になってお年玉をいただけるなんて!

升酒と同じく三が日の お客に配られていた お年玉。貰う立場になったのは何十年ぶりでしょうか?当然、金額は お気持ちですが みんなに配ってくださっているんですよ、安価で呑み食いさせていただけるお店なのに。本当に その心配りが嬉しいじゃないですか。恩返しに沢山、通いますね。いやぁ朝から 呑まなきゃならない日が増えるのは辛いですねぇ。(笑)

ごちそうさまでした。



『お食事処 千成』さんでした。
横浜市南区真金町2-19


追記::吉継さん、新年の御挨拶をいただきながら 返信できなく失礼いたしました。
こちらこそ今年も よろしくおねがいいたします。

 

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事