ここから本文です
浜雪のブログ
ご訪問ありがとうございます! 本日は皆さんへの訪問が遅れますm(_ _)m

書庫全体表示

8月に帰省した時のことですが
久しぶりに鞆の浦へ行ってきました。

※本日はコメント欄をクローズさせていただきます※



鞆の浦は万葉集にも詠まれた広島県福山市の名勝で、2007年に「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。

最近では映画やテレビドラマのロケ地にもなっています。

宮崎駿監督がここに長期滞在されたので、映画「崖の上のポニョ」の舞台だと言われています。
また、2013年のハリウッド映画「ウルヴァリン:SAMURAI」や2015年のドラマ「流星ワゴン」、そして2016年の映画「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」。これは福山市市制施行100周年記念映画で、玉木宏さんが主演されました。


今回はお盆を過ぎた平日の午前中に街歩きをしたので、観光客はほとんどおらず、のんびりとした時間が流れていました。

イメージ 2



沼隈半島の観光マップです。
右上の枠がJR福山駅。新幹線が停まる駅です。右下の枠が鞆の浦とその周辺エリア。
福山駅からは鞆鉄バスで、道路状況にもよりますが30〜40分ほどで到着します。
イメージ 3




有料駐車場がいくつかあるので、車での訪問も便利です。
イメージ 22


これは「ともてつバスセンター(鞆の浦観光情報センター)」の駐車場案内です。
イメージ 23




ここは福山市営渡船のりばです。
イメージ 5


鞆の浦から仙酔島へは約5分で到着します。

仙酔島には「仙人も酔ってしまうほど美しい島」という意味があるそうです。子供の頃はよくこの船に乗って海水浴へ行きましたが、今はどんな感じなのか想像もつきません。
イメージ 6




バス通りからの眺めです。
のんびりとした雰囲気がいいですね。
イメージ 7


イメージ 1


イメージ 9




バス通り沿いの海とは反対側にあるお店 千とせさん。鯛めしや鯛会席が人気です。
イメージ 10




大通りから路地に入って散策しながら、鞆の浦のシンボル「常夜燈」へ向かいます。
イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 8




カフェやレストランも多くあり、ステキな雰囲気です。

昔ながらの台所でいただくハヤシライスのお店 田渕屋さん。
イメージ 15


常夜燈のそばにある鞆の浦 a cafeさん
イメージ 16


KC CAFEさん。こちらは9月の記事ですでにご紹介していますので、こちらをご覧ください。
イメージ 25



保命酒の醸造元や販売店が数軒あります。
私が立ち寄ったのは入江豊三郎本店さん。
店舗の奥にある仕込蔵は200年ほど前の建物だと伝えられているそうです。
イメージ 17


イメージ 18

イメージ 26




常夜燈の手前にはカフェや「坂本龍馬・いろは丸展示館」などがあります。
イメージ 19


なぜ鞆の浦に「いろは丸展示館」があるのかは、こちらをご覧ください。
イメージ 20




こちらが鞆の浦のシンボルの常夜燈
江戸時代の港湾施設です。
イメージ 4


この風景を見ながら常夜燈のそばで休憩をなさる方が多かったです。
イメージ 21


今回は滞在時間が短かったので、ごく一部のエリアしか散策できませんでした。

鞆の浦には宿泊施設・飲食店・観光スポット・資料館・お土産店・レンタサイクルなど、街歩きを楽しむ要素がいろいろ揃っています。

また、2月下旬〜3月中旬の「鞆・町並みひな祭り」、5月の「観光鯛網」や「弁天島花火大会」などのイベントもありますので、また機会があれば行ってみようと思います。

イメージ 24

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事