全体表示

[ リスト ]

近藤重蔵

近藤重蔵(こんどうじゅうぞう)とは、1771(明和8)年 - 1829(文政12)年6月16日(7月16日)江戸時代後期の幕臣で探検家。
 間宮林蔵、平山行蔵と共に「文政の三蔵」と呼ばれる。
 江戸駒込(現・東京都文京区本駒込付近)に生まれる。実名は守重、号は正齊。山本北山に儒学を習い、17歳で私塾「白山義学」を開くなど幼児の頃から神童と言われた。
 生涯書いた著作は、60余種1500余巻にものぼるという。
1798(寛政10)年、幕府に北方調査の意見書を提出し、松前蝦夷地御用取扱となり4度蝦夷地(北海道)へ赴いている。
 最上徳内と千島列島、択捉島を探検し、択捉島タンネモイ(丹根萌)に「大日本恵登呂府」の標柱を立てる。
 松前奉行設置にも貢献し、蝦夷地調査・開拓に従事した。
1800(寛政12)年高田屋嘉兵衛に国後から択捉間の航路を調査させ、ふたたび択捉島へ渡る。
1807(文化4)年、再び松前奉行出役となり五度目の蝦夷に上陸。利尻島や現在の札幌市周辺を踏査している。
1821(文政4)年、小普請入差控を命じられて江戸滝ノ川村(現・東京都北区西ヶ原付近)にて閉居する。 

この記事に


.


みんなの更新記事