全体表示

[ リスト ]

知床半島

知床半島とは、千島火山帯に属し、オホーツク海に突き出た半島で、長さは約70km、付け根の幅は約40kmで、半島は平らな土地は少なく半島中央部には、千島火山帯が貫き羅臼岳や硫黄山などの知床連山を形成している。
海岸線は荒く海に削られた断崖絶壁で、川や潜流が直接海に落ちる「海岸瀑」という形態の滝が多く、冬には世界で最も南端に接岸する流氷が訪れる。

この記事に


.


みんなの更新記事