Lambareneでガンバルネ!

ガボン共和国ランバレネ市からのブログです!

全体表示

[ リスト ]

2年間の活動を終えての帰国が2カ月後に迫ってきて、最近職場及びその周辺で良くある会話。
 
私「来月で活動終わって帰るから。今までどうもありがとう。」
ガボン人(以下、ガ)「帰るのか、そうか。それでさぁ....」
私「うん、何?」
ガ「あの、ほら。お前、カメラ持ってただろ?あれ、置いていってくれよ。」
私「(置いていくってどういうことだ?)えっ、ヤダよ!」
ガ「もちろん、金は払うよ!いくらで売ってくれる?」
私「(値段次第では売ってもいいかな、と思いつつ)いくら払えるの?」
ガ「まず、お前がいくらで売りたいのか言えよ!お前の『言い値』で買うよ!」
私「じゃあ、50,000Fcfa(約10,000円)でどう?」
ガ「おい、友達だろ?もっと安くしろよ。20,000Fcfa(約4,000円)でどうだ?」
私「ムリだよ!安すぎ!」
ガ「いいじゃんかよ。日本に帰ればもっと安く買えるんだろ?お前のカメラはもう古いじゃんかよ。」
私「ダメ、ダメ。」
ガ「なんだよ。じゃあさぁ、そのCASIOの腕時計を売ってくれよ!」

まぁ、大体このような会話が毎回のように展開されます。
「帰る」という話をする相手が変る度に同じような話をし、そして「売ってくれ」の対象物は「デジカメ」「腕時計」「ノートパソコン」「サングラス」「バックパック」「服」「家具」etc.とその相手の目に付いたもの全てに対して、まるで「無限ループ」のように繰り返される訳です。

彼らは日本の精密機器に特に関心があるみたいで「デジカメを売ってくれ」という人は多いです。こっちでも日本製のデジカメは買えますが、こっちに日本メーカーの正規代理店などというものはある訳が無いので、電器屋さんの店頭に置いてあるのは何処で仕入れたのか解らない本物かどうかも怪しいようなものばかりで、どうみても最新でないモデルが日本で売られている値段の1.5〜2倍くらいで平然と売られています。
 
彼らの月収から考えても「新品のデジカメ(といっても日本ではかなりの「型落ち品」)」を買うのはちょっとムリだと思います。そこで、日本人から「出所のはっきりした」中古品を格安で買いたいと考えるみたいです。
 
まぁ、それにしても彼らの希望価格は「破格」です。所得水準が違うので金銭感覚が違うのは仕方がないとしても、あまりに安すぎて話になりません。彼らにとってはそれが「MAXの出せる金額」なのかもしれませんが、デジカメやパソコンを買えるような金額には到底及ばないということを認識してほしいですね。
 
今後、さらにこういった会話の頻度がアップすることは必至ですが、とりあえず適当にあしらって行こうと思います。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事