Lambareneでガンバルネ!

ガボン共和国ランバレネ市からのブログです!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

JEUNE AFRIQUE

「JEUNE AFRIQUE」はアフリカ及びヨーロッパ地域で発売されている雑誌で、内容的には「TIME」「NEWS WEEK」のアフリカ版といったところでしょうか。結構真面目な内容です。当然のことですが出版元はフランスの会社です。本屋さんの前を通りかかって、面白そうな見出しだったりするとたまに買っています。
 
で、今回は「2010ワールドカップ特集」という見出しに釣られて、「特別定価2700フラン(通常は1600フラン)」であるにも関わらずつい買ってしまいました。
 
肝心の中身はというと...ほとんど読めません。当然、全部フランス語ですし...。パラパラッと写真を見て、大見出しを読んで....終わりです。
 
自分が理解できた範囲でご説明いたしますと、(アフリカ内部の)往年の名選手のインタビューとか、ワールドカップの歴史とか、いろいろある中で「今大会の展望」みたいな記事が出ていました。
予選リーグAからHまでの各グループの出場国と、選手構成、監督インタビューなどが掲載されているのですが、ページの都合からか取り上げられているのは「アフリカの出場国」6カ国とあとはいわゆる「強豪国」と言われている国だけで、「その他の国」は3行ほどの説明だけになっていました。
 
ちなみに我らが日本については、残念ながら「その他の国」扱いで説明もほんのちょっとでした。その内容は以下のとおりです。
 
『4大会連続での出場で、日本は一定の経験を利用することができ、「グラスゴー・セルティックの元アイドル中村」と「CSKAモスクワの新星本田」が頼みとなる。しかし、代表選手の大部分は弱小J-Leageからで、強さに欠けるだろう。』
 
まぁ、その通りですかね。
 
また、各グループ毎に「ベスト8進出の可能性」という分析が出ているのですが、日本に関してはなんと「20%」でグループ最低です。まぁ「厳しい」というか「妥当」というか、世界はそういう見方なんですね。
 
ご存じの通り、日本はEグループに入っていて「不屈のライオン(Les Lions Indomptables)」ことカメルーンと同組です。カメルーンの「ベスト8進出の可能性」は50%。Eグループの他の国としてはオランダが80%、デンマークが50%でした。
 
この「ベスト8進出の可能性」に関しては、他のグループも全部見ましたがちょっと「おや?」と思う部分が多かったように思います。単刀直入に言うと「アフリカびいき」で「アジア(オセアニア含む)軽視」が露骨に出ていますね。
 
例えば、Bグループではナイジェリア60%、韓国30%。Dグループではガーナ50%、オーストラリア20%。Gグループではコート・ジ・ボアール50%、北朝鮮20%という感じです。
 
アフリカの参加国は全て50%以上であるのに対し、アジアは30%以下。確かに最近のユース世代の大会ではアフリカ諸国の台頭が目立っているからといって、ちょっと極端すぎるんじゃないですかねぇ...。
 
まぁ、でも史上初のアフリカ開催だし、地元旋風(といってもアフリカ大陸から参加する国は開催国南アフリカを除いて殆どが北西部アフリカですが...)が吹き荒れるのも面白いかもしれませんね。
 
日本も最近の親善試合はどれも厳しい結果に終わってしまったようですが、大会本番に向けてしっかり調整して、良い結果を残して欲しいものです。
 
カメルーン戦(14日)とオランダ戦(19日)はまだこっちで見ることになるので、ちょっと離れてはいますが陸続きのガボンから南アフリカに向けて熱いエールを送りたいと思います。
 
頑張れ!ニッポン!
 

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事