ここから本文です
ブログ始めました!

優勝!

11日は卓友クラブ久しぶりのクラブカップ。
前半はシングルス。まず4人での1次リーグ戦から。緊張、寒さなどからうまく身体が動かない。つまらないミスの連続で苦戦する。二人からセットを失ってしまったが、からくも勝利を拾い、3戦全勝で上位となれた。上位リーグは5人組。最初の二人との対戦の時はまだ動きが硬かったがなんとか勝利。少し調子が出てきたところで強敵の小松さんと対戦。小松さんとは最近の練習試合でいい感じをつかめているので、それを思い出し思い切ってプレイした。ポジティブ思考でやれたことで良い卓球ができた。接戦ながらも最後まで集中力が続き勝利をつかむ。上位リーグも4戦全勝。最後にもう一つのリーグ1位の大塚さんと決勝。ここでも良い集中力を保つことができた。つなぐところは丁寧につなぎ、チャンスボールはしっかり攻める。1セット目はうまくいき安定した試合運びでとれた。2セット目は相手の攻めが多くなったことに対しての対処がうまういかず、セットを失う。3セット目は一進一退の展開だったが、最後幸運にもネットインでポイント。勝利をつかむことができた。とてもラッキーだったが、これもしっかり集中してやれていたことでできたと思う。大会の後半は1試合ごとにペアと対戦相手が変わるシステムでのミックスダブルス。いろいろなレベルのペアと組んだ。シングルスで調子を上げたこともあり、どの試合でも集中してやれたことで、負けても1セットは取るという試合ができた。

この記事に

北本ラージ退会

北本ラージ大会に参加。ペアマッチということで、ミックスダブルスと男女シングルスの3試合で勝負を決める。今回は大島さんとのペアで出場。ランク別の大会で、とりあえずBランクで出場。
予選4チームでのリーグ戦。Bランクとはいえ、どの相手もそこそこ上手だった。特にラージ経験の長い方はラージでの戦い方をよく知っている。
手探り状態で試合に入ったが、基本的には硬式と同様なスタイルで、前陣で攻撃を早くすることにした。スマッシュしてもロビングで拾われてしまうなど、一本取るのに苦労することもあったが、なんとか全勝することができブロック1位でトーナメントに進めた。ペアの大島さんもラージに慣れてるわけではないが、さすがの実力で連続攻撃でポイントを取ってくれた。
決勝1位トーナメントはシード枠で2回戦からの登場となったが、惜しくも緒戦で負けてしまった。
まだ中途半端なラージでの技術では、未熟なことが多い。練習課題もすこし見えた。それでも前回の関宿大会の時よりも慣れてきた感じはある。

この記事に

今年も

今年を振り返ると。
テニスとスノーボードは自分としての目標をクリアしたという気持ちもあり、練習するモチベーションが希薄となったことで、やることはだいぶ少なくなった。そうは言っても今後も機会を見つけて楽しんでいきたい。
卓球を練習する日数は増えた。篭原ミックスは6月からペアが変わった。一度成績がふるわず、クラスに残留となったことは残念だったが、1位と2位をとることもでき、Sクラス昇格の足がかりはできた。来年も引き続きクラス昇格を目指していきたい。シングルスはめだった成果は無く、唯一全日本マスターズ予選で山本さんに勝ったことくらいが良い思い出だ。
ドラムはレッスンを今年から世田谷の教室に変えた。通うのは大変だがレッスン内容には満足している。少しずつだが進歩した実感がある。
バンドは、今までに加えて、香文木ファンタスティックバンドとジャズのイーストポイントにも加入し、三つのバンドでやることとなった。練習曲数も増えてとても忙しくなった。練習は大変だが、香文木での夏・冬のライブ、北本文化センターでのライブ、クレア鴻巣でのライブ、常光公民館・田間宮学習センターでのライブなど、たくさんのライブができて充実感を得られた。

この記事に

籠原ミックス

籠原ミックス、今回もA2クラス。
緒戦の相手は二人とも全国大会常連のベテラン強豪ペア。いきなりストレート負けしてしまった。例によって出だしから動きが硬く、特にサーブが甘くなったところをレシーブで攻められてしまった。
2戦目以降は何とか持ち直し、その後は全部勝つことができ、トータル5勝1敗で2位という結果だった。
2位という結果はまずまずではあるが、試合内容はとても満足のいくものではなかったと思う。いまいち納得のいくプレイができなかったなあ。

この記事に

こうのす会長杯

先週の鴻巣市会長杯。自分は卓友クラブBチームで出場。今回は2部なので1部昇格を目指しての戦いだった。
5チームでのリーグ戦。緒戦の相手は松小クラブ。リーグで最大のライバルとなるチームといきなりやることになってしまった。結果、2−3で敗戦。ダブルス戦を落としたことが敗因だ。相手はこの日2試合目だったが、自分たちは初めての試合。ダブルスは自分と小松さんで組んで出たが、緊張感もあり動きが固い。ほとんど実力を出せずにやぶれてしまった。相変わらずのスロースターターぶり。
2戦目からは徐々に動きがよくなり、その後は全勝。3戦目4戦目になると絶好調となった。
松原小とは後半の試合でやりたかったが、仕方がない。予選2位となり1部昇格はならなかった。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事