ここから本文です
ブログ始めました!

深谷市長杯

先週のコスモスダブルス大会の後、肩胛骨周りに痛みが出てしまった。最近、肩周りのストレッチを意識的にやっていたが、やや無理が出ていたようだ。この試合で力一杯のスマッシュをたくさん打ったことで、筋肉通になったようだ。安静にするべきだったが、水曜と木曜日に練習したら、痛みが強くなってしまった。翌週月曜日の試合に支障が出そうになってしまったので、土日の練習はひかえた。
今日の深谷市長杯には、何とか痛みが引いて試合をすることができた。
4人での予選。緒戦の相手はカットマン。バック面粒高のカットをねらい打ってうまく決まり、3−1で勝利。2戦目は下さん。いつも上位にいる強豪だ。1戦目に試合をしてすぐの試合だったこともあり、身体がほぐれてスムーズに動くことができた。しっかり力を出すことはできたが、フルセットの末敗戦。最後は集中力の差が出てしまった。3戦目に勝てば上位トーナメントにいける展開となった。相手はすでに2敗している。しかし結果は0−3で負け。トーナメント進出を逃してしまった。2試合目の後に時間が開いたことで調子を落としてしまったこともあるが、相手も強い人だった。
結果、ブロック1位は下さんだったが、下さんも全試合フルセットでの勝利ということで、実力伯仲な4人であった。自分は昨年ベスト8に入っているのに、不運な組み合わせのブロックに入ってしまった。残念。

この記事に

コスモスダブルス団体

ダブルス団体戦。自分、鈴木、榎本、高梨、水谷というメンバー。
予選は5チームでのリーグ戦。予選・順位オーナメントを通し、高梨さんと組んで3勝できたのは良かった。高梨さんの粒高ラバーがけっこう効いて、うまくポイントをとれることがあった。2試合はセットオールだったが、最後まで集中力を持続して勝つことができた。
予選リーグは2勝2敗で3位。下位トーナメントに回る。負けた大石クラブとリフレッシュは実力負けで仕方ない。鈴木君と組んで大石の若手協力ペアと対戦した。最後は実力でやられてしまったが、2セットは終盤まで接戦を演じることができた。相手のスピードが速いのはもちろん、ストップの巧みさも感じた。
下位トーナメント1回戦は勝ったが、2回戦で負けてしまった。水谷さんと組んでセットオールの末敗戦。疲れもあってミスが多くなってしまった。1番・2番のオーダー次第では勝つ可能性があったと思うが残念。

この記事に

マスターズ予選

昨日は全日本マスターズ予選。日中40度になろうかという酷暑での試合だった。
一回戦の相手はフルセットの山本さん。全国大会出場経験のある実力者だ。試合開始早々、バックハンドサービスをミスしたのでフォアハンドサービス主体でゲームをした。下回転とナックルを使い分けると、相手が処理に苦労してくれた。相手のミスにも助けられ、有利に試合を展開できると自分の攻撃もうまく決まりだし3−1で勝利。
二回戦の相手はローリガンの高橋さん。自分と同じくペン表の選手。バックハンドが上手で、短いボールでもどんどんバックハンドを振って攻めてくる。フォアハンドでの攻撃力は自分の方があると思ったが、結局バックハンドの攻めの早さで相手の展開になってしまう。どのセットも接戦だったが1−3で負け。
全日本マスターズでの勝利は一つだけでも素直に嬉しい。今後に向けてレベルを上げるためには、バックハンド攻撃の強化が課題だろう。今はバックショート主体のスタイルだが、攻撃的ショートの未熟さを考えると、ショートの技術はもちろんだが、もっとバックハンドを振って、先手をとって攻める形にしていきたい。ミスをすることを恐れず、普段の練習から積極的にバックハンドを振っていくことが必要だろう。

この記事に

今年も女神湖で

毎年恒例となっているナイスクテニスキャンプ。今年も蓼科女神湖へ2泊3日で行ってきた。
天候が全国的に不安定で、三日間降雨や落雷の心配があった。初日の午後から練習スタート。2時間やったところでスコールのような豪雨となり練習中止。自分にとっては、最近テニスをやってなかたっかたので、身体に負担がかかり過ぎず、ちょうど良い程度で終わったのでかえって良かった。
二日目は、いつ雨が降ってくるかわからないので、いつ中止になてもいいように、朝8時から練習開始。結局雨は降らず、そのまま午後2時まで6時間ぶっ通しでの練習となった。1時間10分の昼食休憩後も2時間やり、この日はトータル8時間の練習だった。体力的にきつかったが、最後までやり通せた。パーソナルレッスンは昨年に続きサービス。昨年教えてもらい、いい感触を得たが、その後あまり練習をしてないので、まだものになってない。今回も教えてもらった後にはいい感じで打てたりしたが、まだ身に付いてないのでゲーム練習になると力が入ってラケットヘッドが走らない従前のフォームになってしまう。やはりしっかり身につけるには、もっと集中してたくさん練習しなければと思う。今回の参加者もいい人達(今回は若い女性も多かった)で、三日間の高原テニスを存分に楽しむことができた。

この記事に

久喜ダブルス団体

昨日は久喜ダブルス団体。
男子ダブルス、女子ダブルスミックスダブルスという組み合わせ。
前回は大塚さんとくみ男ダブ全勝だったので、今回も同様の成績をめざした。
前回全勝だったことが、今回も負けられないというネガティブな発想になってしまい、初戦は動きが悪く思うようなプレーができなかった。それでも大塚さんのレシーブやサーブの威力に助けられなんとか3−2で勝つことができた。
2戦目3戦目と徐々に調子を上げる子ができ、結局5戦全勝で終えることができた。負けずに終えることができ良かったが、最後まで納得のいくできにはならなかった。やはり、「負けたらいやだな。」という後ろ向きな考えでなく、「何としても勝ってやる。自分はできる。」という強気な気持ちになることが大切だ。
今回はダブルスなのでパートナーに助けられて結果を出せた。シングルスでは助けてくれる人はいないわけで、自分で何とかする気持ちを作っていかなければならない。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事