お疲れ様です。
GWも忘却の彼方に過ぎ去ったのちの貴重な三連休、いかがお過ごしでしょうか?
私はというと・・・

イメージ 1
アーマードミュウツーを捕まえたり・・・

イメージ 2
その恩恵でようやく38までレベルアップしたりしながら、

やってまいりました八王子の某所
5度目の野食会参加です。

5回目ともなると立派なベテラン枠で、会をけん引するような料理を持参してしかるべきのはずなのですが、相変わらずこの会は食材調達、調理ともに圧倒的技量を誇る変態さん(褒)たちが多くて、
イメージ 3
番重抱えて参加している方がいて、中身はヨモギのパンケーキ!
イメージ 4
アーンド食パン!
「持ち帰り用に」とのことでテイクアウト用の袋も持ってこられていたんですが、あっという間に瞬殺!
袋の出番はありませんでした。

イメージ 5
更に白眉なのがこれ、鯉のシュークリーム!
川で釣った鯉に生クリーム等を合わせてペースト状にし、シュー生地に詰めたもの。
甘くないシュークリームは、ビールやサワーにぴったりの味わいでした。

イメージ 6
こちらはイギリス帰りの方が持ってきた、英国の野草をシロップに漬けこんだもの。
ラベルといい、ディスプレイといい、おしゃれ・・・ブリテンダンディな趣です。

イメージ 47
肉みその桑の葉包み
おしゃれでおいしいのは間違いないんでしょうが、食べる前に消えていましたw

イメージ 48
どんぐりきな粉のわらび餅
ほんのり甘い、やさしい味わい。
どんぐりは、(種類にもよるんですが)しょっぱくしても甘くしてもおいしく食べられる優秀な食材ですね〜

イメージ 7
ミドリガメだったったり、ハシブトカラスだったりといったインパクト強い系の食材群
だが、まだまだこんなものじゃないんだぜ・・・

そんな中、なかなかベテランになり切れない私の持ち込み枠
イメージ 8
コウタケの混ぜご飯&クレソンの混ぜご飯
しょっぱなのコウタケから頂き物だったりしますw
クレソンは、多摩川のあちこちに生えているので摘んできて、塩ゆでしてコーンと一緒に白米に混ぜ込みました。

イメージ 9
梅のビール煮
これは奥さんの母親が作ってくれていたもの
自分で調理することすらさぼるようになってしまったw
右に見切れているのは他の参加者さんの、ハモの卵の和え物だったかな?
痛風と引き換えにしてもよい!と思える強くて上品な旨みの塊です。

イメージ 10
砂肝のコンフィ
砂肝は、普通の鶏です。メードイン西友w
それに、365日野草生活さんのイベントで採取した多摩川産のマスタードから作ったソースをかけました。


イメージ 11
そして課金枠 サソリ!
何故か通勤経路内に虫食を販売している自販機があるので、なにも捕れない&作れなかったら、これでお茶を濁そうと、購入・持参してみました。

後、写真はないのですが、多摩川の川エビで作ったエビせんべいを持っていきました。
ホントはそれがメインになるはずだったんですが、ここ最近の悪天候で川が増水しており、いつものポイントで全然採取ができず、作れたのはほんのわずかだけ。
結果として貰い物や課金枠で賄う、積極的に他人にふんどしで相撲を取るスタイルを取らせていただきましたw


そうこうしているうちにその他の料理も出始めまして
イメージ 12
田ウナギの炒め物
ジャギっとした肉質と、くさいというほどではない土の香り・・・独特の味わいです。

イメージ 49
イサキの干物
田ウナギと同じ参加者の方の料理
白身魚のうまみと、ほくほくした食感が楽しいです。

イメージ 13
色んなジビエ肉の燻製と、その右と上にあるのは、今回のハイライトの一つ、ヌートリアのお肉とテールスープ。
関西の方で野生化しているものを捕った猟師さんが送ってくれたそうです。

珍しい食材がそろう野食会においてもヌートリアはかなりの希少食材で、参加者40名に対して提供される肉はわずか脚三本・・・リアルファイトで獲得者を決定!
ではなく、主催者の茸本さんが外科手術張りに精密に切り分けてくれ・・・
イメージ 14
配給!
噂の食用ネズミのお味は・・・うーん全くクセがない。匂いもしない。身質も程よい噛み応えながらサラっとほどけて、下手な鶏肉よりよほどクセがない。
悪く言えば無個性ということになるんでしょうが、調理の幅を選ばないということでもあり、当初食用として輸入された経緯も納得です。
っていうか、今でも畜養して販売すればよいと思うんだけどなぁ


そしてご飯もの系
イメージ 15
ウツボのカレー
下処理の後のウツボをたっぷりの油で揚げ煮にしてから各種スパイスで味付けして、会場で炊いたバスマティライスを更にバターライスにしたものに乗せた逸品。
野食材×致死量の脂×致死量のバター=致死量のうまみを実感しましたw

イメージ 16
やりすぎキノコの炊き込みご飯
各種キノコを大量に混ぜ込んで、現地で炊き上げたもの。
この方はキノコとコメ、炊飯器を栃木から持参されたそうです。
気合が違う!
これも致死性のうまみにあふれておりましたw


イメージ 17
こちらもやりすぎ海の幸パエリア
ご自分で釣ってきたタコや魚、潮干がってきたホンビノス貝がバカ(褒)みたいにはいって、これも現地で炊き上げ。
イメージ 18
蒸らしが終わった後の開封&かき混ぜ時は周囲大興奮でした。
GIFなんで音声ないんですが、元の動画ファイルには興奮のあまりめちゃめちゃエロくなってしまったお姉さんの実況音声が入っていますw

時期的にキノコがシーズンでして、
イメージ 19
会場の側の公園にシロがあるそうで、そこで採取されたタマゴタケがソテーされて供されたり・・・


イメージ 20
こちらはまた別の、たぶんイグチ系のソテー
タマゴタケはシャクシャクした食感が楽しく、イグチは油で引き出される強烈な香りと旨みが超魅力的です。


イメージ 21
こちらは、ミンククジラのステーキ。
最近商業捕鯨が再開されて、関西では出回っているそうで、参加者の方が買ってきてくれました。
これも課金枠ですねw


イメージ 22
これは強烈!
ハタヘッド!
女性の参加者が持参したのですが、伊豆での釣り物で、全体では12kgあったそうです。
こういう、デカい魚の頭って、部位によって味わいが異なるし、ほじれる部分を探すのも宝探し感があって、食べてると楽しいですよね。


イメージ 23
先のハタのひれを干したもの。炙ってから日本酒に投入されて、ひれ酒になっています。
写真は撮ったが味見をする前に消えていましたw


イメージ 24
食べ疲れた時の心のオアシス
365日野草生活さんの野草ドリンクコーナー
乾燥葉を煎じてお茶にして飲むもよし、その下の各種野草酒を味わうもよし。
左は多摩川に生えているという野良ミント
とてもさわやかな香りがします。


そしてもう一つのハイライト
イメージ 25
グリル○介等のTV番組で食材としての地位を確立したカミツキガメの各種料理
上は出汁を取られたのちのカミツキヘッド

イメージ 26
カミツキガメの旨煮
確かちょっと中華っぽく味付けしたもの。

イメージ 27
カミツキクローが攻撃力高そうですw
長時間煮込まれていたため、肉も柔らかくほぐれます。そしてそれだけ煮込んでいるのに全然抜けずに残っている強い旨み!

イメージ 28
カミツキテールもスープを取るために煮込まれていました。

イメージ 29
こちらは生のカミツキミート

イメージ 30
さっと湯通ししてあくを取り、粉を振って
イメージ 31
から揚げに!
強い旨みとジャキジャキの肉質、しっかりついた味付けと油でビールが進む!


・・・今までも十分ではあるんですが、ここからさらにエキゾチック食材
イメージ 32
こちらはユムシの下処理光景
海にすむミミズみたいな生物です。上下を切って開きにして、内容物を取り出しています。
この後しゃぶしゃぶにして供されたようですが、これも知らないうちに消えていた・・・
気をつけろ!スタンド攻撃を受けているぞッ!


イメージ 33
「めしにしましょう」の小林銅蟲先生持ち込みの、スズメバチのはちのこ
これもチーズのようなねっとりと濃い旨みで、超日本酒案件でした。


イメージ 34
私の持ち込み課金枠のサソリはというと、みてくれ!
この大きさの袋に入ってたのは、小指の詰めくらいのサソリのから揚げが3匹だけなんだぜ・・・
ちなみに自販機で買ったときにはこの袋が円筒形のケースに入ってて、別途100gくらいのおもりが同梱されていて(多分自販機内でのつまり防止用)、買ったときはかなり持ち重りがしてすごくいっぱい入ってるっぽく思えたんだ・・・
これも細かく分断して分けて食べたんですが、味は出し殻のエビセンみたいな感じでした。
まぁ、「自販機のサソリは買うものではない」という学びを得られたということでw

そして、突如会場に設置されるクレープ台(プロ仕様)
イメージ 35
シェフによるクレープデザートコーナーの開催です。

イメージ 36
ただまぁすぐにクレープ焼き体験会になっちゃうのがこの会らしいといえばらしい・・・w(ちなみに一番最初にやりたいといった人→私w)

イメージ 37
会の最後は恒例の各種キノコが大量に投入されたパスタにトリュフがたっぷりスライスされ、さらにこの後パルミジャーノがどっさりかけられて供されたんですが、チーズかけた瞬間に参加者の手が伸びてきて、写真すらとれねえ!

これがほんとの採取圧というものか・・・w

ということで土曜日の夜は、参加者の方々といろいろな食材を食べながらいろんな話をさせていただいて楽しく過ごさせてもらいました。
主催者の茸本さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。


・・・だが、我々の連休はまだ終わらんよ!
イメージ 38
開けて日曜日、日中にお墓参りを済ませたら、親族との挨拶もそこそこに(オイ)自宅にとんぼ返り、そこから新宿を目指します。

イメージ 39
月一開催の食事会 くせものやツジメシ 二度目の参加です。
毛色が違うとはいえ、二日連続で食事のイベント、しかも両方ともすぐに満席になってしまうプラチナイベントに参加できるとは、なんという行幸!
とはいえ、前日の野食会の参加者もいらしてて、シンクロニシティを感じる部分もあったりして


イメージ 40
前菜盛り合わせ
前回同様、情報量が多すぎて説明されても覚えきれない一皿。
確か真ん中が鳥肝のアチャール、その右がゴーヤとクスクスのサラダ、右下が赤エビをナンプラーと何かでヅケにしたもの、左下がマグロの血合いと何かを炒めたやつ、その上が葉トウガラシとココナッツを合わせたもの、一番上のが豚耳や舌の煮凝りにミントのソースをかけたもの
だったかな?
葉トウガラシがココナッツの風味とあって白眉でした。
後、ドリンクはビールから始めたんですが、赤エビが完全に日本酒案件でした。

二皿目
イメージ 41
レモングラスやコブミカンの葉と一緒に上げた、フライドポテト
揚げ油に柑橘系の風味を移して、それで挙げているため、すごくさっぱりと食べられます。
風味に騙されるな、これはフライドポテトだ!ゼロカロリーの訳がない!

三皿目
イメージ 42
カツオのたたきにケール野焼き野菜を合わせたもの。
カツオはナンプラーとはちみつ、しょうゆを合わせたもので味付けしてあり、独特の風味がつけられています。
これがケールの青臭いの組み合わさるとまた一段と酒が進む・・・

カツオならショウガ醤油とかって思い込みがちなんですが、こういう味付けの組み合わせはどういった発想から出てくるのか・・・味付けの既成概念が良い意味でぶち壊されていきます。

四皿目
イメージ 43
お肉 ラムのスペアリブ
味付けしてから2時間ほど蒸して、香りをつけたオイルで揚げたパン粉をまぶしたもの。
マトンの強い味&パン粉の強い味でくどくなるかと思いきや、付け合わされた青唐辛子(辛くない)が口の中をリセットしてくれてペロッと二本頂いてしまいました。

汁物系
イメージ 44
豚の内臓やほほ肉のゴア風煮込み
豚の様々な部位と、豆のほくほくした食感が楽しい逸品。
この時点でかなりお腹いっぱいなんですが、酸味が効いていてするっと入っていきます。

〆のごはんもの
イメージ 45
骨付きマトンとバスマティライスの炊き込みご飯
理由を聞いたけどよくわからなかったんですが、何かが足りないのでビリヤニではなく、プラオ(混ぜご飯)だと。
マトンのクセをミントと紫玉ねぎが中和する感じで、味わいはいくらでも食べられそうだったんですが、いかんせんその前までのボリュームが凄すぎた!
小さめお茶碗一杯ほど食べたところでご馳走様となりました。

イメージ 46
その後はなぜか、フライドポテトを揚げた(レモングラスとコブミカンの風味が移っている)油をつまみに飲み始めたり、ツジメシさんに杏仁が入っていないアンニン風味のカスタードクリームを味見してもらったりのバータイムに突入。
今回の料理も絶品でした。
クセの強い食材を強みを活かす(弱みを消す方向はあまり考慮しない?)事に特化した味付けで、通常あまり思いつかない食材の組み合わせや味付けが施されていて、一皿一皿食べていて新鮮な発見がありました。

ツジムラさん、ありがとうございました。
またプラチナゲットできた際はよろしくお願いいたします。

・・・というわけで、土日と食べるイベント満喫したので、本日月曜日は模型製作にも注力しております。
もう少しで完成できるかな?

本日は、以上!









開く コメント(10)[NEW]

190707 最近の入荷報告

お疲れ様です。
たけおです。

ここのところ、忙しかったこともあり、ブログを長期間放置しておりました。
前回更新が6/9なので、ひと月近くも放置・・・もはやたけおは死んでしまったかとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、何とか生きております。

なので生存報告がてら、ここ最近の入荷物を・・・
イメージ 1
といいつつ、今朝の犬の散歩時に見つけたキノコの報告からw

イメージ 2
太い軸に茶色の傘、表面には若干のぬめり、傘裏はスポンジ状の管孔があり、軸の中は詰まっている・・・
これらの特徴を挙げてツイッターで尋ねたところ、知人のキノコ達人から「アカヤマドリタケ」である旨ご教授いただきました。
初のイグチ系キノコの収穫です。
バターソテーにするとおいしいらしいんですが、とりあえず干してみました。

そしてもう一点
イメージ 3
こちらもキノコw
図書館に本を返しに行く途中で発見。
自分で同定できる数少ないキノコの一つ、タマゴタケです。
毒々し朱色に傘の周りに条線、軸は縞模様で中空、根元に卵の殻上の被膜・・・と、諸々の特徴を見極めて採取!

イメージ 4
今日のお昼にオムレツになりました。

・・・と、キノコ採取だけでなく積んでもいます。
一つ目
イメージ 5
バンダイ フィギュアライズ6 仮面ライダーファイズ
後年フィギュアライズスタンダードとして改修版が出た、仮面ライダーのプラモです。
旧版のこれは改訂版より脚部の可動が狭いらしいんですが、パッケージの写真見ると、ライダーキック前のためポーズも捕れるし、何より1080円なら買いでしょうということで購入。
シルバーの成型色がイマイチなんで、ランナーごとぶあーっと塗装して、サクッと組んでみたいところです。

二つ目
イメージ 6
バンダイ スーパーミニプラ ゲッター2
いつも行くオフハウスで発見。ファイズ同様1080円でした。
以前これのゲッター1はメルカリで購入したんですが、武器(トマホークだったりマシンガンだったり)はゲッター2に同梱ということで、なんだかなぁって感じだったんですが、ほどほどのお値段で見つけられたので購入。
パチ組してブンドドするのによさそうです。

三つ目
イメージ 7
またまたバンダイ 1/144ビルドダイバーズ ティルトローターパック
実は以前から結構気になっていたアイテム。何と絡めるとかのアイデアはまだまとまっていないんですが、プロペラ電動回転させて、強襲型のユニットとかにして装備させたら楽しそう。
サイズ的に、モビルスーツとかよりも1/12フィギュアとかに絡めたほうがらしく見えそうですね。
先週トイザらスで発見。
548円の値札が付いてましたが、クリアランスセールで、末尾8の商品はそこから3割引きということで、383円+税でした。

四つ目
イメージ 8
えーっと、どこだったか、海外のメーカーだったと思います。
1/35のフィギュアはあまり作らないのですが、108円なら他用途の見立て素材としてもありでしょう。

五つ目
イメージ 9
本日の巡回にて発見。
バンダイ 重戦機エルガイム 1/144 アシュラテンプル
お値段540円なら買いでしょうと購入
ギミック的に、ガンダムグシオンのフレームとかを移植してあげるとよさそうです。

最後
イメージ 10
同じくエルガイムのスピリット
こちらは部屋の積山のどこかにもう一つ埋まっている(はず)んですが、324円なら予備に抑えておくのもよかろうと購入。
昔のキットっぽく、中敷きで別添パーツを分割して梱包。
金属線なんかも同梱されていて、マルチマテリアルで挑戦的なキットだったんですね

ということで、キノコ採ったり積山増やしているばかりで、全然政策の進捗がありません!
懐かしプラモの締め切りも今月末だし、何より今年の完成品って、すでに半年が終わったというのにいまだに四つ・・・ちょっと気合を入れて製作を進めることにいたします。

本日は、以上!

開く コメント(10)

お疲れ様です。
たけおです。

先週まで仮り組んでいたガレキテグザー、どう仕上げてよいかわからなくなったので、ちょっとお休みして息抜きに
イメージ 1
クロスシルエットガンダムを組んでみます。

イメージ 2
ただ組むだけでは面白くないので、組み済みジャンク108円で売っていた右のこちら
イメージ 3
SDパーフェクトガンダム(箱絵の写真は拾いものです)と

イメージ 4
これまた組みたて途中ジャンクの1/144パーフェクトガンダムを組み合わせてみます。

イメージ 5
バックパックは内側をくりぬいてクロスシルエットのランドセルに設けられた差し込み穴への軸差し込みで固定。

イメージ 6
腰アーマーは胴体の可動軸にひっかけて、胸アーマーは幅詰めと下側アームの延長で。

イメージ 7
ひざ下の増加アーマーは、名のブロックを使った勘合で左右から挟み込むようにして・・・

イメージ 8
とりあえずここまで着れました。アンクルアーマーは差し替えにならざるを得ないかなぁ。
後、各部がまだまだゆるゆるでブンドドするにはもっと剛性が欲しい。

ただ着せ替えるだけというのもつまらないのでもうひとひねり
イメージ 9
頭頂部にボタン電池、両目にLED、
イメージ 10
後頭部に小型スイッチを配置して、

イメージ 11
お目目がピカー!
はい、いつものですw

イメージ 12
全体写真でもピカー!
黄色パーツで成形されているツインアイをクリアパーツ化したかったんですが、この週末は曇り&雨・・・光硬化レジンが固まりませんでしたよ


イメージ 13
SDパーフェクトガンダムには、オリジナルアイテムとしてヘッドギアが添付されているんですが、これもサイズを調整して装着可能に。

イメージ 14
塗装時はしっかり遮光しないとあちこちから光漏れしそうです。
パーフェクト時の可動クリアランスの確保とか、増加装甲各パーツの固定とか、まだ課題は多いけど、何とかさらっと完成させたいところです。

本日は、以上!

開く コメント(8)

090602 ここ最近の諸々

お疲れ様です。たけおです。
また何週間も更新をさぼってしまった・・・そして報告できるほどの入荷情報も製作状況もないという事実・・・

というわけで、ほぼほぼプラモ以外の活動報告です。

先々週の土曜日、飼い犬を月に一回の通院に連れて行きました。
昨年の1月に膀胱がんが見つかって、外科手術で患部を摘出したんですが、その後のエコーで再発の兆しが見えたため、月に一回の抗がん剤治療を行っています。
イメージ 1
「絶対いや!」とばかりに拒否します・・・

イメージ 2
ダイナミックにドナドナされていきましたw


イメージ 3
その翌日、近所の公園に行ってみると、地面に何か一杯落ちています。

イメージ 4
見上げると梅の実がたくさんなっていました。


イメージ 5
地面に落ちていて傷んでいなさそうなのを、いくばくか頂いてまいりまして・・・


イメージ 6
洗ってヘタを取って

イメージ 7
ホワイトリカーに漬けこみます。
どの程度上手にできているかは3か月後以降に答え合わせとなります。


そして先週末なんですが、多摩川の野草会に参加してまいりました。
イメージ 8
盆栽みたいにカットされていますが、桑の木を観察したり

イメージ 9
実はまだ少し早い状態でした。


イメージ 10
これはアカメガシワ 若芽が赤いのでそう呼ばれているそうです。

イメージ 11
この赤いのは表面の毛が赤いためで、葉が育つとこの毛が落ちて緑色の葉っぱになるそうです。
ちなみにこの赤い芽の部分は加熱して食べるとほくほくしておいしいそうな。

イメージ 12
野草のおねいさんが説明してくれたのに、名前を忘れてしまった。
ヤツデの仲間で、枝が青い(緑)ので、「アオ〇〇」とかって名前だった気が・・・(自信なし)


イメージ 13
針葉樹なのに木の実がおいしいという噂のカヤノキ。
葉っぱも清涼感のある香りがして、実を見つけたらちょっと試してみたい気がします。

イメージ 36
イメージ 14
フジのつる草
下の写真は「葉っぱはどこまでが一枚か」を指している様子。
「羽状複葉」という形態で、鳥の羽根みたいに枝様の筋から出た一塊の葉っぱの群で「一枚」の単位なんだそうです。


イメージ 15

イメージ 16
これも名前を忘れちゃいましたが、一つの木から二色の花が咲くそうです。


イメージ 17
そして多摩川産のマスタードを作りましょうということで、カラシナの群生地へ移動します。


イメージ 18
ビニール袋をかぶせて上からはたくと、莢がはじけて種がたまります。
マスタードシードって奴ですね。


イメージ 19
少量の塩とはちみつをいれて、ひたひたにお酢を注いで、4〜5日おいてからミキサーで種を摩砕すると・・・

イメージ 20
よく見る粒マスタードになります!
河原に生えている草から、市販品とそん色ない調味料が自作できちゃうのって、スゴイ!


主催の野草さんが事前に仕込んでくれていたマスタードと、みんなで持ち寄ったマスタードに合う軽食の準備が整ったら・・・
イメージ 22
イメージ 21
かんぱーい!
昼から、屋外で呑むお酒はサイコーですね


イメージ 24
イメージ 23
「マスタードに合う軽食を持参のこと」ということだったんですが、みんな気合入れていろんな料理を持ち寄ったので、軽食というよりは完全に「宴」の様相ですw
たけおさんも下写真中央の、バゲットサンドを持参しました。味付けして保温設定の炊飯器に放り込んどいた鳥ハムを具材にしたんですが、比較的好評でよかったよ。

イメージ 25
自宅に帰ってからもさらに一杯ひっかけながら、自分で採った種の夾雑物を取り除いてお酢その他の調味料に漬けて・・・


イメージ 26
ミキサーでブイーン!


イメージ 27
粒マスタードになりました。
ここからさらに一週間ほど寝かせたほうがおいしいそうなので、ただ今冷蔵庫で熟成中です。


そして今週末
イメージ 28
先週の野草会の会場ではまだほとんど色づいてなかったんですが、一週間後に近所の河原でかなり熟した桑の木を発見。

イメージ 29
ほどほどに収穫。
こちらもホワイトリカーに漬けて果実酒にすることにします。
青い果実もまだ多かったので、来週末くらいが一番のピークではないでしょうか?

イメージ 30
クルミは、ノチーノにするにもまだ少し早い感じ。これも来週末が収穫時かなぁ。

先週末の野草会で採取したカラシナは、自宅近所でも探していたんですが、川沿いでは全然見つけられず、がっかりしていたところ・・・
イメージ 31
リサイクルショップ巡回コースの道端に思いっきり生えてる!
ほぼ毎週通っている道だったのに、我ながら今までどこを見ていたんだろう?
ともあれ、これでマスタードのお替りが作れますねw


あれこれ走り回ってお腹がすいたので、
イメージ 32
イメージ 33
家の近所にある、なかなかファンキーな外観の「ラーメン凛々」さんを訪問

イメージ 34
限定の真鯛&桜台煮干中華そばと、真鯛の握りで昼食。
スープの出汁がすごく澄んだ味わいで、中ストレート麺とレアチャーシューと鳥ハム、ヤマゴボウなどとのトッピングの相性も良。
タイ握りもネタが大きくて食べ応えばっちりで、控えめに言ってサイコー!でした。
このお店はラーメンにもスープ割があり、この日はタコのスープでラーメンスープを割ることができました。
真鯛×桜鯛×マダコのトリプルスープはもはやラーメンどんぶりでいただくお吸い物の風情で、「スープを残す」ということへの罪悪感を強く感じるほどで、よい意味で「塩分摂取量激注意」のお店です。
食材の入荷状況により限定メニューが変わるので、近々また行きたいと思います。


模型製作はさぼってばかりですが、「作っちゃおーぜ!」は
イメージ 35
ガレキテグザーの仮組完了!
・・・だけど、ここからどう進めようか、かなり迷い中。
かなうなら変形可能に改造してみたいけど、それに手を付けると下手すれば完成しなさそうだし、キットのまま完成させると、パーツの構成上、あとからばらして改修するのは極めて困難そうだし・・・

さてどうしようかなぁ
というところで、本日は以上!

開く コメント(8)

お疲れ様です。たけおです。
昨日は完成報告をしたので、今日は積んでもいいんだってことで、ここ最近の入荷報告です。

一つ目
イメージ 1
タカラ 機甲界ガリアン 1/100プロマキス・ジー
人型外した体形が魅力で、お手頃なのがあれば何となく購入しようと思ってたんですが、メルカリで送料込み2000円だったので購入。
・・・ただ、あとから見てたら ミニプラでも2000+αくらいの出物はあるようなので、(製作にかける手間と完成品の出来的に)そっちを買えばよかったかなぁと若干悶々としていますw

二つ目
イメージ 2
タカラ ダグラム 1/72マッケレル
こちらもメルカリで送料込み1500円だったので購入。
さすがにマックスファクトリーのはそこまでの値段にはならないでしょうから、製作の際は関節改修して可動範囲を広げてあげたいと思います。

三つ目
イメージ 3
バンダイ 機動戦士ガンダムMSV 高速機動型ザク
これもメルカリにて購入。当初MSVのキットを複数纏めて1万円弱での販売だったのですが、これだけばら売りしてくれないか交渉して、単品で1333円で購入しました。
ガンプラなんで、定期的に再販はされると思うんですが、正直こいつはなかなか見たことなくて、先日お台場行った時のガンダムベース東京でもこれとかコアブースターとか、モビルカプルとか、ガンダムじゃないマイナーメカ系は売り切れだったんですよね。
しかし届いたの見ると、中身が詰まってて箱がパンパンだなぁ。
このパーツ数とボリュームで定価600円って、改めて考えると、「えぇい、バンダイのプラモは化け物か?」w

四ツ目
イメージ 4
プラモじゃないですね
SHフィギュアーツ ショッカーライダー
仮面ライダーNEXTにでてきた敵方のライダーです。
結構以前、先月の近所のフリマで購入したんですが、ずっと積んでて入荷報告が今になってしまった。
フィギュアーツ最初期のアイテムですが、股間の引き出し関節とか肩軸の前後可動なんかも実装しており、初期アイテム特有のスリムかつ装飾の少ない体型と相まってよく動きます。
500円だったので、よいお買い物でした。


五つ目
イメージ 5
詳細不明
形状から何かのおにゃのこのガレキということだけはわかります。


イメージ 6
袋から出してパーツを並べてみるとこんな感じ。
水着のロングヘアーの女の子ということでうる星やつらのラムちゃんかダーティペアのユリさんかとも思いましたが、水着のデザインだったり腰の銃だったり頭部の角?だったりとお二人とはあれこれ合わないところもある・・・元ネタが何なのか、全く不明です。
近所のオフハウスで216円だったのでおなのこフィギュアの製作と塗装の練習用に購入しました。
パーツ数も、それに伴う塗り分けも少ないので、サクッと完成させられたら良いかな。
とは言いつつ、どうももみあげパーツが片方欠損しているようなんで、パテとかででっちあげなくてはいけなさそうです。

最後
イメージ 7
バンダイ マクロスΔ 1/72 VF-31 ジークフリードバルキリー
こちらも近所のリサイクルショップで購入。
デルタは正直番組視聴の途中で飽きちゃって、このバルキリー自体もさほど魅力を感じていなかったんですが、
イメージ 8
組み立て途中ジャンクってことでこのお値段なら買うよねw

イメージ 9
開けてみるとこんな感じ。
片足とウェポンコンテナ以外が組み立て済みでした。
機体下面のファイター時のディテールアップパーツやバトロイドの頭部レーザー機銃パーツの所在が怪しいけど、もう片足とコンテナはくみ上げられそうではあります。
あまり凝らずにパチ組してシールを貼って(足りないパーツは何かででっちあげて)、ブンドドするのが吉でしょうかね〜。

というわけで、またいろいろ積んだご報告でした。
本日は、以上!

開く コメント(10)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事