花あかり

「花あかり均整舎」は女性専門の整体・均整院です

全体表示

[ リスト ]

雑記

昨日、自宅近くの桜並木を歩いていたら、
見上げた木の枝の先に、1輪、桜が咲いていました。
東京の靖国神社の開花宣言標準木には、3輪。
5輪咲けば、開花宣言になるとのこと。あと2輪です。
あいにく、東京は雨。
思っていたほど気温は低くないけれど、
昨日、おとといまでの暖かさではないので
開花は足踏み状態、でも、今週中には咲き始めるでしょう。
それにしても、4月に入ってからの開花ではないので、
入学式のころは、桜吹雪なのか、散り終わってしまっているのか、
年々、桜は早く咲くようになっちゃいました。

桜が好きで、咲き出すとあっちふらふら、こっちふらふら。
近所の桜の名所の大学に、日に何度も散歩に行っていた父が
先月亡くなりました。
家の河津桜が咲き始めたころ、春一番が吹いた日に。
1か月過ぎました。
4年半、介護施設にいて、そこで最後、家族と施設のみなさんが
見守る中、静かに旅立って行きました。
不思議と家族に喪失感がないのは、認知症のせいです。
妹と話していて、
認知症になって、“わたしたちのことがわからない、意思の疎通ができない”
その時に一度父とお別れしていたことに気づきました。
ホッとした思いとは違うのだけど、
何か役目を終えた感があります。

年末入院して、その後看取りのため介護施設に戻っての2か月半。
母は毎日、他家族もできるだけ時間の出来た時に、顔を出す生活で
少し忙しくなって、それが無くなって、虚無感が訪れるのかと思ってましたが、
実家に父が居ない生活は、以前と変わりなく、
ただ違うのは、まだお骨があって
花とお線香の香りが漂っていることです。
たまに、ふっと「最近お父さんのとこ行ってないな」と考えて、
行く必要がなくなったことに、笑って思い出すことくらい。
家族みんな、すでに日常生活に戻ってます。





この記事に


.


みんなの更新記事