カメラ片手に野の花散歩。

春・夏は花の散歩を秋からは京都の紅葉散歩。絶滅危惧種の花もご紹介。

絶滅危惧種の花散歩

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

    
         2014年のGWは、好天と高温に恵まれていますね
         目に青葉が眩しい雑木林のうっそうとした中にあつて
         黄金色に輝く「キンラン」の花姿は、正にGWに相応しい
         美しい花姿であると思う。
         盗掘にも合わずに、今年も会えてとてもうれしい・・・。        2014/5/3 撮影。
 
 
イメージ 1
    
 
   
        「キンラン(金蘭)」は、ラン科の多年草でコナラなどの菌根菌と共生して栄養分を得て
        生育しているとされている。その雑木林の減少により希少な山野草になっている。
        「キンラン」の絶滅危惧種の詳細→http://blogs.yahoo.co.jp/hana_shono22/19069122.html   ;
 
                 東京都内で「キンラン」や「ギンラン」の希少種の花を皇居東御苑では、身近に観察できます。
        管理された二の丸雑木林の林床に数株あり、今年・5/2も開花中とhpあります。
                  二の丸雑木林のキンランとギンラン→http://blogs.yahoo.co.jp/hana_shono22/45006845.html
 
 
 
 
2013/10/9の京都新聞で、とても嬉しいニュースの記事を発見しました。
春の枝垂れ桜も秋の紅葉も素晴らしく、何度も訪れている「京都府立植物園」では
『希少植物・公開へ転換』の記事で、イワギリソウを観察している写真もありました。  
 
 
              「福寿草(フクジュソウ)」・・・・ご参考にご紹介
          
イメージ 1
 
             これからは、展示室で「福寿草」も公開するという記事でしたが、是非観に行きたいと思います。
       この福寿草は、埼玉県の秩父長瀞で3月に撮影したものです。
 
              京都府立植物園では、以前から自然観察指導員さんが園内を案内していました。
       紅葉シーズンでしたが、 ご案内していただいたブログをご紹介します。
 
皇居東御苑の二の丸庭園の池で、希少種の「ヒメコウホネ」を観察
平川門から入り、二の丸庭園の池の淵に咲きだしているのを見つけました。
「アサザの花」も開花中で、身近なところで希少種の花達を観察できるのは嬉しい・・・。  2013/9/19 撮影。
 
 
    「ヒメコウホネ」の小さな黄色い花
イメージ 1
 
    花は沢山ついていますが、離れているので目立たない。
イメージ 2
   
    「ヒメコウホネ」は、スイレン科の多年草で、コウホネよりも花や葉が小さいので姫の名がついています。 
    水質汚染など生育環境の変化で希少な花になっています。
    環境省のRDBでは絶滅危惧種のⅡ類VUランクに指定されています。
 
 
    「アサザの黄色い花」すぐ近くに咲いていました
イメージ 3
  
     「アサザ」は準絶滅危惧種・詳細は→http://blogs.yahoo.co.jp/hana_shono22/296710.html
 
 
 
 
          二の丸雑木林には幻のラン「マヤラン」が咲いていました。
イメージ 4
          「マヤラン」については→http://blogs.yahoo.co.jp/hana_shono22/46759633.html
 
 
 
 
仙台市野草園の高山植物区で、珍しい可憐な白花を発見・・・。
「ハナゼキショウ」と表示されていますが、初めて観察しました。
 
首都圏を離れて地方の植物園では珍しい花を観察できるので
一つでも初観察の花に出会えるととても嬉しい。             2013/9/6 撮影。
 
イメージ 1
 
「ハナゼキショウ」は、ユリ科の多年草で山地の岩のあるような湿地が生育環境。
中部地区以西では絶滅危惧種にされている、長野県CR・愛知県VUと京都Bなどに指定されています。
 
 
花弁を確認するとユリ科の花と解ります           隣に咲いていた「サワギキョウ」生育環境が同じです  
イメージ 2イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
宮代の野草保全7号地に「ノカンゾウ」の花が花盛りになりました。
ユリ科の花で同じ仲間のニッコウキスゲの花にに良く似ていて間違いやすいですが
違うところは、花の咲き方が上向きに咲くところと花色がやや濃い橙色のところです。    2013/7/7 撮影
 
イメージ 1
 
「ノカンゾウ」は、ユリ科の多年草でやや湿り気のある田んぼの畦や河川敷などが生育環境です。
群馬県では絶滅危惧種VUランク指定詳細→http://blogs.yahoo.co.jp/hana_shono22/22004727.html
ヤブカンゾウによく似ていますが見分け方は→http://blogs.yahoo.co.jp/hana_shono22/45298382.html
 
 
宮代の野草保全7号地の群生の様子
 
イメージ 2
 
宮代の野草保全7号地には、フジバカマやナガボノシロワレモコウも保全されています。
秋の「フジバカマ」の開花期・9/15(日)には、秋の野草と昆虫の観察会を予定しています。

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事