一粒(HANAL)出版/隔月刊『朝鮮学校のある風景』

『風景』は、ウリハッキョ(朝鮮学校)を記録する会の会員誌です。http://www.urihakkyo.com/

information

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

定期読者・寄稿、執筆者のみなさまへ

■2019年新年を迎えて
  扉に掲げているキャッチフレーズを新年から「『私にとっての朝鮮学校』を今、ともに考える…」に変えました。
キャッチフレーズの変更は三回目です。ウリハッキョを軸にした同胞社会と共に歩む雑誌として、着実に「進化」していければと思います。
 雑誌の安定的刊行のため、継続購読と新規読者の拡大に引き続きご協力ください。
『朝鮮学校のある風景』編集部


2018年7月―「記録する会」からの重要なお知らせ
『朝鮮学校のある風景』が50号を迎えました。201012月の第1号は57ページの小冊子でしたが、今ではあふれる話題を300ページに抑えるのに苦労しています。少しは知られるようになり、ハッキョを訪ねて怪しまれることもなくなりました。これもすべて支えて下さる皆様のおかげです。


 日本政府の朝鮮学校への弾圧が加重される中、4月27日に板門店宣言が発表され、6月12日に史上初の朝米会談が開催されました。今まさに新しい歴史の扉が開かれようとしています。情勢は時々刻々と変わりつつあります。そんな激流の中の『朝鮮学校のある風景』を、せめて60号までは今の形で記録していこうと思います。流れに取り残されないように、これまでにも増して現場体験と情報収集に努めていこうと、心を新たにしています。今後ともどうぞよろしくお願いします。


日頃の感謝をこめて、50号記念バッジを贈ります。
 
2018年7月吉日
ウリハッキョ(朝鮮学校)を記録する会
『朝鮮学校のある風景』編集部
金日宇 金淑子


イメージ 1


〒1115-0053 北区赤羽台3--(一粒出版気付)
TEL.FAX 03-6279-3356 uil21@yahoo.co.jp
web版  http://www.urihakkyo.com/


■2015年3月―「記録する会」からの重要なお知らせ
 
春寒の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
隔月刊『朝鮮学校のある風景』をご愛読いただきありがとうございます。厳しい環境の中、30号まで出すことができたのは、愛読していただいている皆様、寄稿していただいている皆様のおかげです。改めてお礼申し上げます。

このたび、諸般の事情により、これまでお寄せいただいた購読料を、「ウリハッキョ(朝鮮学校)を記録する会」への会費に改めさせていただくことになりました。今後、会では本の出版に併せ、記念行事や勉強会なども随時開催していく所存です。会費は出版とともにそれらの活動費としても活用していきたいと思います。

 年会費はこれまで通り年間5.800円(一口)とし、すでにいただいている分に関しては引き続き『朝鮮学校のある風景』を送らせていただきます。
 また二口以上ご加入いただける場合は、一冊を従来の住所に、もう一冊を指定の朝鮮学校やお知り合いに送ることもできます。こちらもよろしくお願いします。

 まだまだ力不足で至らぬ点が多いと思いますが、今後ともご支援よろしくお願いします。
 
2015年3月吉日
ウリハッキョ(朝鮮学校)を記録する会

Web版『朝鮮学校のある風景』

お問い合わせは一粒出版
 uil21@yahoo.co.jp
TEL.FAX 03-6279-3356

開く コメント(0)



Information 卒業・入学の祝いのプレゼントに!!!


『朝鮮学校のある風景』30号記念特集号


 *3月25日までに予約の方、送料込みで1.200


イメージ 1
 

■大阪朝高ラグビー部「強さ」の背景をさぐる 


=「見る」、「見られる」ことの大切さ=


<巻頭インタビュー>


呉英吉・大阪朝高ラグビー部監督


 李承記・大阪朝高ラグビー部14年度主将 


 朴敦史・映画「60万回のトライ」共同監督


 


聞き手・金淑子『朝鮮学校のある風景』共同編集・発行人


  インタビューを終えて・大阪朝高ラグビーを通して見る民族教育


 


■前号につづき<発掘秘話>続・小舟で祖国を目指した4人の朝高生の「物語」


 

祖国で希望を叶えようと、北海道の納沙布岬から小舟で水晶島を目指した4人の東京朝高生(金安弘、高哲民、朴博雄、康東熙)がいた。帰国事業がはじまる前年(1958)、今から57年前の話だ。*前号・29(20151月刊)に収録


 

4人の東京朝高生は、2tの天馬船をこぎ出すが、納沙布岬沖で漂流、漁船に救助される。その2年後の196091日、かれらは平壌の駅前広場で劇的な再会を果たす。*30(20153月刊)


 

物語はまだまだつづく。大学を卒業して職場へ。その内の一人は、「やわらちゃん」を破ったケー・スニのコーチに。物語はまだまだつづく。*31(次号・5月刊)


 

◆30号・こんな原稿も載っています!!!


あれから20年・語り継がれる阪神淡路大震災/ソウル発・朝鮮学校差別反対行動(1・13〜3・10)


<韓国人がかみた朝鮮学校> 九州朝高卒業式参観記 シム・ギュサン(「オーマイニュース」大田・忠清チーム長)/日本政府の「朝鮮人学校殺し作戦」、いつまでも傍観していてよいのだろうか キム・ミギョン(広島市立大学平和研究所副教授)



2015325日刊行/A5判・日文・257頁・頒価1.280


一粒(한알)出版 uil21@yahoo.c@o.jp   
TEL.FAX03-6279-3356


 




開く コメント(0)

 
<拡散希望>
奇数月刊行誌『朝鮮学校のある風景』29号
 
      A5版・日文・245頁・1080円
     2015年1月25日刊行

イメージ 1

   <目次>
 
民族教育の歩みをたどり
ウリハッキョの今をさぐる
丸ごと一冊朝鮮学校です!
 
読者拡大にご協力ください。  
えてください!学父母と先生に!
めてください!日本の支援者・研究者に!
めてください!友人・知人に定期購読を!
せてください!フェイスブック、ブログに!
ってください!教員志望の学生、図書館に!
 
お問い合わせ・ご注文は「一粒出版」へ。
115-0053東京都北区赤羽台3−4−7
TEL.FAX 03-6279-3356  uil21@yahoo.co.jp
 

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事