雑草日記

bc54d72b5d4381c0ea7bffe98ecf7e5a3dd23d

全体表示

[ リスト ]

アカバナユウゲショウ

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)
<学名:Oenothera rosea L'Hér. ex Aiton>
アカバナ科 マツヨイグサ属  多年草









北米南部から南米原産。明治時代に観賞用として移入されたものが
日本全国に帰化し野生化している。道端や空き地でもよく見かける。
茎は叢生し高さ20〜60cmになる。

イメージ 1
撮影日 2017.06.11: 群馬県

葉は互生、長さ3〜5cm、幅1〜2cmの披針形〜卵状披針形で、
ふちは波打ち、波状の浅い鋸歯がある。
花期は5〜9月。上部の葉腋に直径約1cmの淡紅色の花をつける。

イメージ 2

花弁はまるく、紅色の脈が目立つ。柱頭は4裂して平開し、
大きいのでよく目立つ。雄しべは8個で葯は白色。

イメージ 3

さく果は上の方が太く8稜が目立ち、断面は八角形。熟すと先端から4裂する。
熟した果実は、雨に濡れると開き、種子が飛び散る。

イメージ 4

単にユウゲショウとも呼ばれる。
和名の由来は、午後遅くに開花して、艶っぽい花色を持つことからと
されるが、実際には昼間でも開花した花を見られる。


時に白花が見られます。

イメージ 5

いただきものです。

イメージ 6


 


花粉が納豆のように糸を引いているような感じに見えます。
実際に花粉を指につけると、糸を引いているのがよく分かります。

イメージ 7

ネバネバした感じはありません。さらっとしています。
これは「粘着糸」と言うもので,花粉に長い糸状のものがついているのです。
この糸で,花に来た虫に,花粉を絡みつかせようとしているのです。

同じ粘着糸をもつものに、マツヨイグサの仲間ツツジの仲間があります。
花粉を観察してみるのも面白いです。


 


閉じる コメント(3)

顔アイコン

こんにちは

可愛い花 空き地などに繁殖しています
次に見かけたら花粉を触ってみたいと思います

2017/6/16(金) 午後 6:08 [ カーネーション ]

顔アイコン

こんにちは
この花はときどき見かけます

2017/6/17(土) 午後 0:07 [ E.I ]

顔アイコン

私の街にもよくある花で、雑草でもかわいいなぁと思っていました。
しかし、まさか花粉が糸を引くなんて知りませんでした。
私も次の機会には、触ってみたいと思います。

2017/7/9(日) 午後 9:19 [ hanasuky_macky ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事