雑草日記

bc54d72b5d4381c0ea7bffe98ecf7e5a3dd23d

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

謹賀新年

イメージ 1

イメージ 2

開く コメント(0)

マツヨイグサの仲間

主なマツヨイグサの仲間は

★  マツヨイグサ(待宵草)  ★  

  <学名:Oenothera stricta Ledeb. ex Link>
  原産地はチリやアルゼンチンといった南米、
      嘉永年間(1848年〜1853年)に日本にもたらされ、
      当初観賞用として植えられていたものが逸出
  葉がギザギザで目立たない。花は黄色、萎むと赤。


コマツヨイグサ(小待宵草)  ★ 

イメージ 1
  <学名:Oenothera laciniata Hill>
  北アメリカ原産。
  茎は立たずに這う。



オオマツヨイグサ(大待宵草)  ★ 


イメージ 2
     <学名:Oenothera glazioviana Micheli>
  北アメリカ原産の植物をもとに、ヨーロッパでつくられた
      園芸種といわれる。
  明治のはじめに渡来、現在では各地に野生化している。
  黄色の大輪(直径6〜8cm)



アレチマツヨイグサ(荒地待宵草)  ★ 

イメージ 3
  <学名:Oenothera parviflora L.>
  花弁間に隙間があるものをアレチマツヨイグサ、
  隙間がないものをメマツヨイグサとして分けることもあるが、
  連続的で分けることは困難。
  葉は細くて、ギザギザがない



メマツヨイグサ(雌待宵草)  ★ 

  <学名:Oenothera biennis L.>
  北アメリカ原産
  茎に上向きの毛が生える。葉の先端はとがり、浅い鋸歯がある。
  黄色い花が夕方咲く。しぼんでも赤くならない。



★ ツキミソウ(月見草 )  ★ 

  <学名:Oenothera tetraptera Cav.>
  メキシコ原産で江戸時代に鑑賞用として渡来。
  花は夕方の咲き始めは白色、翌朝のしぼむ頃には薄いピンク色


★ モモイロヒルザキツキミソウ(桃色昼咲月見草)  ★ 
  <学名:Oenothera speciosa Nutt. var. childsii (L.H.Bailey) Munz>



アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)        その2

イメージ 4
  <学名:Oenothera rosea L'Her. ex Aiton  >
  観賞用に輸入され、野生化したもので淡紅色の花を夕方開く


などがあります。


マツヨイグサの仲間は花が開くのが夕方から早朝で、昼間は
閉じているため月見草とか宵待草とも呼ばれています。
花托筒(hypanthium) は長く25〜40㎜、花柄のように見え
長いのがこの属の特徴です。
マツヨイグサの仲間の花を横から観察すると、
花の下に長い茎のようなものがあり、その下側に種子が形成される
果実の部分があることがわかる。果実の部分から上部は脱落するので、
花弁と萼の下側の長い茎のように見える部分は花柄ではなく、
子房と花弁などを連結するものであることがわかる(子房下位)。
イメージ 7

花粉は虫に運ばれやすいように、
糸でつながっています。
花粉が納豆のように糸を引いているような感じに見えます。
実際に花粉を指につけると、糸を引いているのがよく分かります。
ネバネバした感じはありません。さらっとしています。
粘着糸」と呼ばれるもので、花粉に長い糸状のものがついているのです。
この糸で、花に来た虫に花粉を絡みつかせようとしているのです。
イメージ 8


花の色での簡易識別方法
イメージ 5


見分け方をまとめると・・・
イメージ 6



開く コメント(0)

コスモス   〜更新〜

コスモス(秋桜)
<学名:Cosmos>


キク科コスモス属の総称
また、種としてのオオハルシャギク

( Cosmos bipinnatus Cav.)を指す場合もある。


アキザクラとも呼ばれる熱帯アメリカ原産の一年生草本。
茎は高さ2-3mになり、よく枝を出す。
イメージ 1
葉は対生で二回羽状複葉。細かく裂け、小葉はほぼ糸状になる。
イメージ 2
秋に桃色・白・赤などの花を咲かせる。
イメージ 4

頭花は径6-10cm、周囲の舌状花は桃色・白・赤、あるいは濃紅色。
中央の筒状花は黄色。葯は黄褐色。
花は本来一重咲きだが、舌状花が丸まったものや、
八重咲きなどの品種が作り出されている。
イメージ 3
通常は舌状花は8個。短日植物の代表としても知られるが、
6月から咲く早生品種もある。

日本には明治12年(1879年)に美術学校の教師ラグザーにより
イタリアから持ち込まれたのが最初といわれる。
俳句の世界では秋の季語になっている。

コスモスの仲間

 オオハルシャギク Cosmos bipinnatus Cav.
    一般的なコスモスといえばこれを指す。高さ1 - 2m、茎は太く、
    葉は細かく切れ込む。
 キバナコスモス Cosmos sulphureus Cav.
    大正時代に渡来。オオハルシャギクに比べて暑さに強い。花は黄色・
    オレンジが中心。
   昔は黄色系しかなかったのですが、赤花の品種が育成されその後は
   ‘ディアボロ’など次々と品種が生まれ、彩りも豊かになり、
   夏秋花壇の植え込みには欠かせないものとなっています。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
 
イメージ 8
チョコレートコスモス Cosmos atrosanguineus (Hook.) Voss
    大正時代に渡来。
    黒紫色の花を付け、チョコレートの香りがする。
    多年草で、耐寒性がある。
  原種のチョコレートコスモスは野生では絶滅したとされています。
  原種のチョコレートコスモス、その交配種ともにタネがとれないので、
  さし芽や分球でふやした株が流通しています。球根の形状はダリアに
  よく似ています。

開く コメント(0)

だいぶ前(平成になる頃ぐらいだと記憶している)に種苗商の通販で
球根を購入して鉢植えにしたものです。
イメージ 1
撮影日 2018.12.06: 群馬県

ネリネ・マンセリー
<学名:Nerine ×mansellii >
ヒガンバナ科 ネリネ属 球根性多年草



ネリネは切り花や鉢植えとして利用されている半耐寒性の球根植物で
大半が南アフリカに自生し、およそ30種が知られています。
球根は直径3-5cm。夏に球根を植え付けると、秋の中頃から
冬の初めに花を咲かせます。
秋に休眠から覚めた球根は開花と同時に細長い帯状の葉っぱを左右交互に
数枚出します。冬から春に生長して、梅雨前に葉っぱが枯れて、夏の間は
休眠もしくは半休眠(葉が残る)します。球根は葉が肥大した鱗茎で、
表面は茶色っぽい薄皮が付きます。

花期10〜12月。秋に長さ約30cmほどの茎を出し茎頂の散形花序に
10輪前後の直径約4cmの漏斗状の花が咲く。
花の姿はリコリス(ヒガンバナの仲間)に似る。
6枚の花被片はそり返り,縁がしばしば波打つ。
イメージ 2
花もちが非常によく、開いた花は3週間ほどキレイな状態を保ちます。
主な花色は、ピンク、白、紫、赤、オレンジなど、2色混ざるものや品種に
よって濃淡があり、カラフルです。
真珠のような光沢があり,ダイヤモンド・リリーとも呼ばれる。
イメージ 3
7世紀後半にイギリスで盛んに改良がはじまり、
次いでオランダでは切り花向きに改良、生産されるように
なります。アメリカやニュージーランドでも改良が進みました。
日本には大正末期に渡来しましたが、縁起が悪いと思われていた
ヒガンバナに似ていることからあまり普及しなかったと
言われています。
広瀬巨海氏らが精力的に育種に取り組みましたが、
戦争中にほとんどの品種が失われてしまったそうです。
近年では、花菖蒲の育種で有名な故・平尾秀一氏や
アマリリス等の育種で有名な小森谷慧氏、若手育種家
横山直樹氏などの熱心な育種家によって新しい品種が
生まれています。

現在はヒガンバナのもつイメージが薄れ、
花の楽しみ方も変化してきたからか、純粋に美しく、
もちのよい花として、栽培されるようになっています。
ネリネには、冬に成長するサルニエンシスなど、
夏に成長するボーデニーなど、常緑のウンデュラータなどの
系統があります。本邦で園芸や切り花で流通する園芸種の多くは、
サルニエンシスをもとに改良されたもので、
「ダイヤモンド・リリー」と呼ばれるネリネもこの系統です。
耐寒性がないので、冬は凍らないように管理する必要があります。
一方、ボーデニー種やウンデュラータ種は耐寒性があり、
関東地方以西では戸外での栽培が可能です。

イメージ 4
"マンセリー"はネリネ・フレクスオーサ(N.flexuosa)と
ネリネ・サルニエンシス(N.sarniensis)の交配で
古い時代に作出された品種です。




ネリネの名はギリシャ神話の水の神「ネレイデス」にちなみ
つけられたとのことです。

花びらの表面がラメをちりばめたようにキラキラと輝き、
その姿から「ダイヤモンド・リリー」の別名があります。


* * * * * * * 栽培 * * * * * * *

ネリネは多湿になると球根が腐るので、梅雨の時期が苦手です。
なので、地植えには向かず鉢植えで育てるのが良いようです。
小さな鉢で育てられるので狭いスペースでも楽しむことができます。
球根は9月初旬頃に植付けます。球根を植え付けてから
2〜3週間は涼しい日陰に置いて、蕾が出たら日当たりの
良い場所に移してください。
(3号鉢位に1球で、5号鉢位に3〜4球植えるのが良いでしょう。
やや浅めの植木鉢で球根の上半分が土から出るように、
浅めに植えます。植え付け後に水を与えて下さい。)
9〜10月頃に芽が出て、11月下旬頃には花が咲きます。
耐寒力がやや弱いので、強い霜が当たらず水はけのよい軒下の
植え込みやベランダなどでの鉢植え栽培に向いています。
冬の間は凍らない室内の日当たりのよい窓辺に置いて冬越しします。
夏の間は、ほとんどのものが、休眠しますが土を乾かさずに
通風のよい、長雨の当たらない、涼しい場所に置いて
夏越しさせます。夏の休眠期の過湿に弱いので雨の当たらない
軒下やベランダなどが適してます。水のやりすぎに注意
●日光を好む
●寒さには弱い(冬はベランダや温かい室内で育てる)
●乾燥に強くやせた土でも育つ
 ●夏の休眠中は、雨に当たらない涼しい場所に置いて管理する
●地植えよりも鉢植え向き
過湿に弱い反面、
乾燥にはとても強いので多少放置気味の方がよく育ちます。


リコリスとの比較
イメージ 5

開く コメント(1)

バラ科 サクラ属 落葉小高木
秋〜冬と春の二季咲きの桜






コブクザクラ(子福桜)
<学名:Cerasuss 'Kobuku-zakura'  >花色が白、後に淡

シナミザクラとジュウガツザクラ(コヒガンとも)の雑種と
考えられています。
紅色に変わる八重咲きの桜の栽培品種(30弁前後)。
春と秋〜冬の二季咲き品種です。
イメージ 1
撮影日 2018.11.18 群馬県
花径約3cm、開花直後白色でやがて淡紅色になる。
イメージ 2
雌しべが1〜5 本あり、八重の品種にもかかわらずよく結実する。
イメージ 3



一つの花に1〜3個の果実を付けるので「子宝に恵まれる」
という意味で子福桜と名付けらた。 






ジュウガツザクラ(十月桜)
<学名:Cerasus subhirtella (Miq.) Sokolov 'Autumnalis'>


エドヒガン(江戸彼岸)とマメザクラ(豆桜)の雑種といわれる
コヒガンザクラ(小彼岸桜)の園芸品種。
イメージ 4
毎年、10月頃〜12月と4月上旬頃の年2回開花する。
イメージ 5
花は中輪、八重咲き(花弁十数枚)淡紅色。(縁が薄く紅色)
また萼筒が紅色でつぼ型である。春は開花期に新芽も見られる。
イメージ 6
また、春のほうが花が少し大きい。樹高は5m程。
イメージ 7
広く「冬桜」と呼ばれることもある。
結実は環境因子のよって変化し、結実しない場合が多いです。
秋の花と冬の花は大きさや花柄の長さに違いがあります


どちらもよく似ていて、八重咲きで春と秋に2回花を咲かせる桜です。
ジュウガツザクラの花は淡いピンク色に染まっている。
コブクザクラは始めは白く、散りぎわに花芯が赤くなる。

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事