雑草日記

bc54d72b5d4381c0ea7bffe98ecf7e5a3dd23d

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

マユミ

マユミ(檀、真弓、檀弓)
<学名:Euonymus sieboldianus Blume
ニシキギ科 ニシキギ属 落葉小高木




沖縄を除く日本全国の丘陵から山地の林縁に自生する落葉小高木。
ふつう高さ3〜5mになる。大きいものは10mほどになるものもある。
庭木や盆栽として親しまれている。
市販のマユミは雌木しか出回っていないが、雌木1本で果実ができる。
雌雄異株。樹皮は灰褐色で老木になると、幹には縦の裂け目が目立つ。
枝には稜がある。1年目の枝は緑色をしている。 芽は丸々としているが、
近縁種のツリバナは新芽が鋭く尖っている。
葉は対生で葉身は長さ5〜15cm、幅2〜8cmの長楕円形。両面とも無毛で
細かい鋸歯があり、葉脈がはっきりしている。
イメージ 1
撮影日 2018.11.04: 群馬県
花期は5〜6月。新しい梢の根本近くに集散花序をだし、薄い緑で、
四弁の小花を1〜7個つける。花は直径約1cm、花弁は4個。雄しべは4個。
イメージ 2
果実はさく果。枝にぶら下がるようにしてつき、直径1cmほどの倒三角形で
4個の稜があり、10〜11月に淡紅色に熟す。熟すと4裂し、橙赤色の
仮種皮に包まれた種子が顔をだす。
イメージ 3
果実の色は品種により白、薄紅、濃紅と異なるが、どれも熟すと
果皮が4つに割れ、鮮烈な赤い種子が4つ現れる。




マユミの枝には柔軟性がありよくしなるため、弓の材料になったことから
「真弓」と名付けられた。
別名ヤマニシキギ(山錦木)とも呼ばれる。

開く コメント(0)

コダチダリア

コダチダリア(木立ダリア)
<学名:Dahlia imperialis Roezl ex Ortgies  >







イメージ 1
撮影日 2018.09.00: 群馬県
あちこちで見かけるようになってきました。
イメージ 2
コダチダリア(皇帝ダリアともといいます。)
イメージ 3
2〜3mぐらいになる大型のダリアです。
イメージ 4

開く コメント(0)

桜山公園の山茶花






サザンカ(山茶花)
<学名:Camellia sasanqua>
ツバキ科 ツバキ属 常緑広葉樹


桜山公園にはたくさん植栽されています。
今年もきれいに咲いていました。

イメージ 1
撮影日 2018.11.18: 群馬県
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12






イメージ 13
最近 仕事が忙しくまた今年は隣保班の班長が回ってきたので
思うように更新できません。
皆さんのブログにもあまりお邪魔できません。
Reコメもしていず失礼しています。
ぼちぼちですがUPは続けていこうとは思ってはいるのですが
なかなかままなりません。
本当にたまにとなるかもしれませんが
今後もよろしくお付き合いお願いいたします。
イメージ 14

開く コメント(1)

トキワサンザシ

トキワサンザシ(常盤山査子)
<学名:Pyracantha coccinea M.Roem.>
バラ科 タチバナモドキ属  常緑低木
ピラカンサ(園芸での通称)







西アジア原産の帰化植物。
1629年にヨーロッパに紹介され、日本には明治中頃に渡来した。
庭木として植栽されるほか、野化している。
河原で野生化して生えていました。
イメージ 1
撮影日 2018.11.11: 群馬県
樹幹は直立し、枝に刺がある。葉は互生し、長さ20〜40㎜、
幅8〜25㎜の長楕円形〜卵形〜披針形、縁に細かい鋸歯が多数ある。
花期は5〜6月。
花柄には褐色の毛があり、多数の花がつく。
花は直径約10㎜、白色の5弁花。雄しべ20個。
果実はナシ状果でたくさんつき、鮮やかな紅色に熟して美しい。
橙色に熟す品種もある。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


似た仲間にタチバナモドキやヒマラヤトキワサンザシがあり、
総称してピラカンサと呼ばれる。
  ・タチバナモドキ
葉は狭い長方形で先端は丸く、わずかに鋸歯があるがほとんど全縁。裏面には灰色の綿毛が密生する。果実は黄橙色。
  ・トキワサンザシ
葉は狭倒卵形〜楕円形で先端側の幅が最も広く、細かな鋸歯がある。3種のうち最も幅が広い。果実は鮮やかな紅色。
  ・ヒマラヤトキワサンザシ(カザンデマリ)
葉はやや大きく細長く、鮮緑色で細鋸歯がある。葉の中央部の幅が最も広い。両面とも無毛。果実は球状に近く、紅色をおび最も赤い。
トキワサンザシとヒマラヤトキワサンザシの見分けは実際難しく
交配雑種もあるだろうと考えると全く自信はない。


黄色の実
イメージ 5
撮影日 2018.10.28: 群馬県

開く コメント(0)

サンシュユ 〜実〜

サンシュユ(山茱萸)
<学名:Cornus officinalis Siebold et Zucc.>
ミズキ科 ミズキ属 落葉小高木

中国及び朝鮮半島の原産
江戸時代に朝鮮経由で種子が持ち込まれ、薬用植物として
栽培されるようになった。
3月〜5月にかけ、若葉に先立って鮮黄色の小花を木一面につける。
  

紅色楕円形の実が晩秋に成るが渋くて生食には向かない。
紅葉した葉が散り始めていました。
イメージ 1
撮影日 2018.11.11: 群馬県
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事