雑草日記

bc54d72b5d4381c0ea7bffe98ecf7e5a3dd23d

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ハナミズキ  〜実〜

街路樹のハナミズキが赤い綺麗な実をたくさんつけていました。
イメージ 1
撮影日 2018.11.12: 群馬県
イメージ 2
もう落葉が進み赤い実が青空に良く映えています。



ハナミズキ(花水木)
<学名:Cornus florida L.>
ミズキ科 ミズキ属 落葉高木


北アメリカ原産。通常白い花は、日本の桜のように、葉が出る前に
花を付ける。
庭木のほか、街路樹として利用される。
イメージ 3

来年の花芽が付いています。
イメージ 4


日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、
アメリカ合衆国ワシントンD.C.へサクラ(ソメイヨシノ)を贈った際、
1915年にその返礼として贈られたのが始まり。



ハナミズキの名は、ミズキの仲間で花が目立つことに由来

別名、アメリカヤマボウシ(アメリカ原産で日本の近縁種のヤマボウシに
似ていることから)


イメージ 5

開く コメント(0)

オオブタクサ


オオブタクサ(大豚草)
<学名:Ambrosia trifida L.>
キク科 ブタクサ属 一年草





北アメリカ原産で1952年に静岡県清水港と千葉県で確認されて
以来、現在では西日本を中心に沖縄県から北海道まで河川敷や
荒地などに大群落をつくって分布している帰化植物。
茎の高さは1mから3mに達する大型の一年草。
葉は対生し、長柄があり形は掌状に3から5裂し、縁は鋸歯状、
葉の表裏ともざらつく。長さ・幅とも20〜30cmになる。
花期8月〜9月、雌雄異花(雌雄同株)で、茎の上部に雄頭花が
総状につき、その下に雌頭花がつく。

雄花はもうすっかり小っちゃっていました。
イメージ 1
撮影日 2018.09.30: 群馬県
雄頭花は枝先に細長い穂を作り,総包片は合着して
皿型になり、複数の筒状花を入れる。
イメージ 2
雄ずい5個、雌頭花は雄花序の基部にある包葉にかくれて
2〜3個ずつつき、緑色のつぼ形の総包に雌ずいのみつく。
イメージ 3

イメージ 4
葉が桑に似るのでクワモドキの和名がある。

時々変わり者がいます。
生長後も葉が分裂しないものはマルバクワモドキとされる。
イメージ 5

 
日本への侵入経路としては、アメリカから輸入した大豆に
付着したオオブタクサの種子が、豆腐屋などで廃棄され
発芽したものといわれている。
同じ属の帰化植物であるブタクサとともに花粉症の原因植物
として知られる。

ちょっと前に撮った花
イメージ 6
撮影日 2018.09.23: 群馬県

開く コメント(0)

たね


イメージ 1

さて、問題です。
「このたねは 何の種でしょうか。」













種のある葡萄を食べたことのある人なら似ているのに気づくと
思います。
そうです、葡萄の種です。この種はブドウの仲間の野生種
サンカクヅルの種です。
たねの形にも科の特徴が出るんですね。

サンカクヅル(三角蔓)
<学名:Vitis flexuosa Thunb.>
ブドウ科ブドウ属 落葉蔓性木本


イメージ 2
撮影日 2018.09.30 群馬県

色付いてました。
ちょっと未だ酸っぱみが残っていましたがなかなかの味でした。

開く コメント(0)

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)
<学名: Desmodium paniculatum (L.) DC. >
マメ科 ヌスビトハギ属 多年草





北アメリカ原産の比較的近年入ってき帰化雑草。
休耕田や路傍、造成地などの荒れ地に生える。

イメージ 1
撮影日 2018.09.16: 群馬県
茎は高さ1mほどで、
開出毛が多い。葉は3小葉からなり、小葉は長さ5〜8cm、
幅2〜4cmで両面に伏毛が密生する。
イメージ 2

花期は7〜9月、花は紫色で、長さ7〜8mmと
ヌスビトハギよりやや大きい。

イメージ 3
花はしぼんでくると青色に変わる。
イメージ 4

イメージ 5
以前紹介したことがありますが、虫の来た花は蕊が飛び出します。
爆裂花と呼ばれる花です。


果実は4〜6個の小節果からなり、
少節果は扁平で長さ約7mm。節果のくびれが深くない。
表面にはかぎ状の細かい毛が密生していて、熟すと
節から分断されてマジックテープのように
衣服などによくくっつくひっつき虫。     
イメージ 6
撮影日 2018.09.30: 群馬県



名前は 荒地に生えるヌスビトハギ ということから



開く コメント(0)

イシミカワ(石見川・石実皮・石膠)
<学名:Persicaria perfoliata>
タデ科 イヌタデ属 つる性一年草

詳しくはこちらで 

日本全国の林縁・河原・道端・休耕田などに生える。
イメージ 1
撮影日 2018.09.23: 群馬県
蔓は長さは1〜2mに、葉は互生の三角形で淡い緑色で、表面に
白い粉を吹いたようになっている。
イメージ 2
丸い托葉が完全に茎を囲み、お皿の真ん中を茎が
突き抜けたようになる。
イメージ 3
茎と葉柄には多数の下向きの鋭いとげ(逆刺)が生えている。
イメージ 4
7〜10月に薄緑色の花が短い穂状に咲く。
イメージ 5
果実は熟すと鮮やかな藍色となる。
イメージ 6
この藍色に見えるのは実際には多肉化した萼。
イメージ 7

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事