雑草日記

bc54d72b5d4381c0ea7bffe98ecf7e5a3dd23d

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

アカバナユウゲショウやコマツヨイグサを取り上げました。
今回は過去に撮ったものから同じくマツヨイグサの仲間である
オオマツヨイグサを取り上げます。


オオマツヨイグサ(大待宵草)
<学名:Oenothera glazioviana Micheli
アカバナ科 マツヨイグサ属 越年草

イメージ 1






北アメリカ原産の "Oenothera grandiflora" と
 "Oenothera elata" をもとにヨーロッパで作り出された
園芸品種といわれる。
イメージ 2
明治のはじめに渡来し、日本全国で野生化をしたが、近年は
その後に渡来した近縁種のメマツヨイグサに押されて
減少している。高さ0.8〜1.5mになる
開出した剛毛があり、剛毛の基部には暗赤色の凸点がある。
イメージ 3
葉は長さ6〜15cm、幅2〜4cmの細長い卵状披針形で、互生。
先は尖り、縁には波状の浅い鋸歯がある。
葉の裏面の葉脈上には毛が生える。
花期は7〜9月花は夕方に開き朝になるとしぼむ黄色い一日花。
しぼんでも赤くならない。
イメージ 4
花径は大きく、6〜8㎝くらい、
花弁はハート形で4枚。花の真ん中には柱頭が4つに裂けた長い
雌しべがあり、その周りに8本の雄しべがある。
イメージ 5
(メマツヨイグサは花径が2〜3㎝と小さい。)
萼筒は長い円柱状で花柄のように見え、子房は萼筒の基部にある。
櫺未歪垢橘2cmの円柱形で、先端が4裂して、小さな種子を
多数散らす。



夕方開花するので、「宵待ち草」や「月見草」などの別名がある。
宵を待って咲く花であるので、待つ宵草→待宵草 

開く コメント(0)


アメリカオニアザミ(亜米利加鬼薊)
<学名:Cirsium vulgare (Savi) Ten.>
キク科 アザミ属 多年草





ヨーロッパ原産の帰化植物。畑、牧草地、道端など乾燥気味の
空き地や、歩道の隙間などに見られる。日本へは北アメリカから
輸入された穀物や牧草に混入して持ち込まれたので「アメリカ」の
名が冠されたとみられます。
外来生物法により、要注意外来生物に指定されています。
棘を有するため、抜き取って駆除するのは大変である。
近所の田んぼの畔に1株種をつけていました。
イメージ 1
撮影日 2018.08.05: 群馬県

葉の裂片の先端は鋭いトゲになっていて 手袋をしていても
貫通するため注意を要する。
イメージ 2

花期は6〜10月頃
淡い紫色の筒状花で優しい色合いの花です。
イメージ 3

灰白色の果実(痩果)がてきていました。
綿毛で風に乗って拡散します。
イメージ 4

開く コメント(0)

スベリヒユ

スベリヒユ(滑莧)
<学名:Portulaca oleracea L.>
スベリヒユ科 スベリヒユ属 多年草



世界の熱帯から温帯にかけて幅広く分布し、日本全土の
畑や路傍など日当たりの良い所で普通に見られる
史前帰化植物。
イメージ 1
撮影日 2018.08.05: 群馬県
農業においては畑の雑草として知られ、嫌われるが、
地域によっては食料として畑作もされる。
スベリヒユおよびその近縁の種は健康食品としても使われる。
酸味があり、ぬめりのある独特の食感を持つ。

山形県では「ひょう」と呼び、茹でて芥子醤油で食べる。一種の山菜として扱われており、干して保存食にもされた。

また沖縄県では「ニンブトゥカー(念仏鉦)」と呼ばれ、葉物野菜の不足する夏季に重宝される。
トルコやギリシャでは生または炒めてサラダにする。
茎は赤紫色を帯び、地を這って分枝し、多肉質であり、
乾燥に強い。
イメージ 2
葉は互生し長さ1.5〜2.5cmのへら状の肉質、基部は
くさび形で厚ぼったくて光沢がある。
イメージ 3
花期は7〜9月、枝先に直径6〜8mmの黄色い小さな花を
咲かせる。
イメージ 4
花弁はふつう5個、萼片は2個。雄しべの数は
10本前後、雌しべは 1本で柱頭は5裂。
イメージ 5
日が当たると開き、暗くなると閉じる。

果実は熟すと上部が取れる蓋果で、長さ約5mm。中には
黒い種子が多数入っている。



「スベリヒユ」の名は茹でた際に出るぬめりに
由来するとされる。
独特のぬめりがあり、すべすべすることからとか。

栽培されている園芸種の松葉牡丹ハナスベリヒユ
同じ仲間です。

開く コメント(2)

ナツズイセン

ナツズイセン (夏水仙)
<学名:Lycoris squamigera>
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 多年草




ヒガンバナの仲間で古くに中国から渡来した帰化植物と
考えられています。
イメージ 1
撮影日 2018.08.05: 群馬県
北海道を除く全国の主に人家の近くの里山付近に生育し、
地下には径4〜5cmの球根があります。
 (球根は有毒
イメージ 2
彼岸花の仲間は花が咲くときには葉がなく、花後に葉が
伸びてくる特徴があり、
 花後すぐに葉が伸び冬中緑の葉を茂らすものと
早春になってから葉を出すものとがあり、
ナツズイセンは後者  早春に葉を出すグループの1つです。
7〜8月頃に60cmぐらいの花茎を伸ばして ピンク色の花を
数輪咲かせます。
花は付け根がほそい筒状で全体の長さ7cm前後、先端がラッパ状に
大きく開く。
野生種のヒガンバナ類(リコリス属)の中では大きくて
ボリュームのある花です。
イメージ 3
花茎が伸びる頃には葉は残っいないため、花茎と花だけの
姿となります。
イメージ 4






名前は、葉っぱの形がスイセンに似ていて、夏に花を咲かせるので
夏水仙の名前があります。





〜〜〜 我が家の花 ナツズイセン 〜〜〜

一秋の家の庭には何本か植えてあるのですが
1本だけ咲きました。
毎年何本も花を咲かせてくれるのに
今年はなぜか1本だけ・・・?
イメージ 5

開く コメント(1)

コマツヨイグサ

コマツヨイグサ(小待宵草)
<学名:Oenothera laciniata Hill>
アカバナ科 マツヨイグサ属 越年草または多年草








北アメリカ原産。アジアやアフリカなど世界中に広く帰化している。
日本では1910年代前後に渡来したとされ、本州・四国・九州に広く
定着しているほか、北海道でも稀にみられる。
全体に粗毛があり、斜上または匍匐して基部からよく分岐し、
しばしばマット状に広がる。
イメージ 1
撮影日 2018.08.05: 群馬県
根生葉はへら形で葉柄がある。は無柄で互生し、縁は不規則な
鋸歯からなるか、または波状に中裂する。
イメージ 2
茎葉は長さ2〜10㎝の狭倒披針形〜長楕円形
羽状に浅裂〜中裂するのが普通、全縁のものも見られる。
イメージ 3
花期は7〜8月、花は葉脇に単生し直径4cmほどの淡黄色の4弁花。
イメージ 5
夜咲きでしぼむとやや赤色を帯びる。
イメージ 4
マツヨイグサの仲間は月見草とか宵待草とも呼ばれ、
夕方から早朝に花が開く。
茎が地を這い、草高が低いのがコマツヨイグサの特徴です。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事