雑草日記

bc54d72b5d4381c0ea7bffe98ecf7e5a3dd23d

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

マツヨイグサの仲間

主なマツヨイグサの仲間は

★  マツヨイグサ(待宵草)  ★  

  <学名:Oenothera stricta Ledeb. ex Link>
  原産地はチリやアルゼンチンといった南米、
      嘉永年間(1848年〜1853年)に日本にもたらされ、
      当初観賞用として植えられていたものが逸出
  葉がギザギザで目立たない。花は黄色、萎むと赤。


コマツヨイグサ(小待宵草)  ★ 

イメージ 1
  <学名:Oenothera laciniata Hill>
  北アメリカ原産。
  茎は立たずに這う。



オオマツヨイグサ(大待宵草)  ★ 


イメージ 2
     <学名:Oenothera glazioviana Micheli>
  北アメリカ原産の植物をもとに、ヨーロッパでつくられた
      園芸種といわれる。
  明治のはじめに渡来、現在では各地に野生化している。
  黄色の大輪(直径6〜8cm)



アレチマツヨイグサ(荒地待宵草)  ★ 

イメージ 3
  <学名:Oenothera parviflora L.>
  花弁間に隙間があるものをアレチマツヨイグサ、
  隙間がないものをメマツヨイグサとして分けることもあるが、
  連続的で分けることは困難。
  葉は細くて、ギザギザがない



メマツヨイグサ(雌待宵草)  ★ 

  <学名:Oenothera biennis L.>
  北アメリカ原産
  茎に上向きの毛が生える。葉の先端はとがり、浅い鋸歯がある。
  黄色い花が夕方咲く。しぼんでも赤くならない。



★ ツキミソウ(月見草 )  ★ 

  <学名:Oenothera tetraptera Cav.>
  メキシコ原産で江戸時代に鑑賞用として渡来。
  花は夕方の咲き始めは白色、翌朝のしぼむ頃には薄いピンク色


★ モモイロヒルザキツキミソウ(桃色昼咲月見草)  ★ 
  <学名:Oenothera speciosa Nutt. var. childsii (L.H.Bailey) Munz>



アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)        その2

イメージ 4
  <学名:Oenothera rosea L'Her. ex Aiton  >
  観賞用に輸入され、野生化したもので淡紅色の花を夕方開く


などがあります。


マツヨイグサの仲間は花が開くのが夕方から早朝で、昼間は
閉じているため月見草とか宵待草とも呼ばれています。
花托筒(hypanthium) は長く25〜40㎜、花柄のように見え
長いのがこの属の特徴です。
マツヨイグサの仲間の花を横から観察すると、
花の下に長い茎のようなものがあり、その下側に種子が形成される
果実の部分があることがわかる。果実の部分から上部は脱落するので、
花弁と萼の下側の長い茎のように見える部分は花柄ではなく、
子房と花弁などを連結するものであることがわかる(子房下位)。
イメージ 7

花粉は虫に運ばれやすいように、
糸でつながっています。
花粉が納豆のように糸を引いているような感じに見えます。
実際に花粉を指につけると、糸を引いているのがよく分かります。
ネバネバした感じはありません。さらっとしています。
粘着糸」と呼ばれるもので、花粉に長い糸状のものがついているのです。
この糸で、花に来た虫に花粉を絡みつかせようとしているのです。
イメージ 8


花の色での簡易識別方法
イメージ 5


見分け方をまとめると・・・
イメージ 6



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事