雑草日記

bc54d72b5d4381c0ea7bffe98ecf7e5a3dd23d

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

今年もたくさん咲いています。

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)
<学名:Delphinium anthriscifolium>
キンポウゲ科ヒエンソウ属 一年草

中国から明治時代に観賞用に入ってきたとされる
高さ20〜40㎝になる1年性の帰化種で、強い毒性があります。
イメージ 1
撮影日 2018.04.19: 群馬県
葉は、3裂片の2回羽状複葉で無毛、小葉には多くの
切れ込みが入る。
イメージ 2
花時は4月〜6月、径2cmほどの青紫色の花を
ややまばらにつけます。
花被片は細長く5枚で、距が伸びているのが特徴です。
イメージ 3
花の構造は複雑で変わった形状です。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
萼が5枚、うち3枚が後ろに突き出て筒状の距になる。
花びらは4枚、萼片よりは短く形も、いわゆる花びら
という感じでもない。
上の2枚は小さくて白っぽく、付け根の方は「距」の中に
包まれるように ついている。
下の2枚は、萼片と同じ色で、花の中央付近で
左右から2つ合わさったような状態になっている。
この下2枚の花びらの先はちょっと切れ込みがある。
イメージ 7



葉の形が「セリ」に似ているので「芹葉(セリバ)」
花を「飛翔するツバメ」にみたてて「飛燕(ひえん)」で
芹葉飛燕草の名が付いたそうです。
一秋は12/20でちょうど一回りが過ぎ
ちょうど節目の年となりました。
イメージ 3
仕事の方は、定年ですが、とりあえず嘱託として
継続しています。




なかなか皆様の所へ伺うことができず
失礼ばかりしています。
今年も多くの皆様に訪問、ご支援頂き
本当にありがたく思っています。
イメージ 2

草だけの面白味の無いブログ、
お付き合いいただきまして
ありがとうございました。

イメージ 1

年が明けましても変わらずお付き合い
いただけたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。


良いお年をお迎えください。

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事