雑草日記

bc54d72b5d4381c0ea7bffe98ecf7e5a3dd23d

帰化植物

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

マツヨイグサの仲間

主なマツヨイグサの仲間は

★  マツヨイグサ(待宵草)  ★  

  <学名:Oenothera stricta Ledeb. ex Link>
  原産地はチリやアルゼンチンといった南米、
      嘉永年間(1848年〜1853年)に日本にもたらされ、
      当初観賞用として植えられていたものが逸出
  葉がギザギザで目立たない。花は黄色、萎むと赤。


コマツヨイグサ(小待宵草)  ★ 

イメージ 1
  <学名:Oenothera laciniata Hill>
  北アメリカ原産。
  茎は立たずに這う。



オオマツヨイグサ(大待宵草)  ★ 


イメージ 2
     <学名:Oenothera glazioviana Micheli>
  北アメリカ原産の植物をもとに、ヨーロッパでつくられた
      園芸種といわれる。
  明治のはじめに渡来、現在では各地に野生化している。
  黄色の大輪(直径6〜8cm)



アレチマツヨイグサ(荒地待宵草)  ★ 

イメージ 3
  <学名:Oenothera parviflora L.>
  花弁間に隙間があるものをアレチマツヨイグサ、
  隙間がないものをメマツヨイグサとして分けることもあるが、
  連続的で分けることは困難。
  葉は細くて、ギザギザがない



メマツヨイグサ(雌待宵草)  ★ 

  <学名:Oenothera biennis L.>
  北アメリカ原産
  茎に上向きの毛が生える。葉の先端はとがり、浅い鋸歯がある。
  黄色い花が夕方咲く。しぼんでも赤くならない。



★ ツキミソウ(月見草 )  ★ 

  <学名:Oenothera tetraptera Cav.>
  メキシコ原産で江戸時代に鑑賞用として渡来。
  花は夕方の咲き始めは白色、翌朝のしぼむ頃には薄いピンク色


★ モモイロヒルザキツキミソウ(桃色昼咲月見草)  ★ 
  <学名:Oenothera speciosa Nutt. var. childsii (L.H.Bailey) Munz>



アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)        その2

イメージ 4
  <学名:Oenothera rosea L'Her. ex Aiton  >
  観賞用に輸入され、野生化したもので淡紅色の花を夕方開く


などがあります。


マツヨイグサの仲間は花が開くのが夕方から早朝で、昼間は
閉じているため月見草とか宵待草とも呼ばれています。
花托筒(hypanthium) は長く25〜40㎜、花柄のように見え
長いのがこの属の特徴です。
マツヨイグサの仲間の花を横から観察すると、
花の下に長い茎のようなものがあり、その下側に種子が形成される
果実の部分があることがわかる。果実の部分から上部は脱落するので、
花弁と萼の下側の長い茎のように見える部分は花柄ではなく、
子房と花弁などを連結するものであることがわかる(子房下位)。
イメージ 7

花粉は虫に運ばれやすいように、
糸でつながっています。
花粉が納豆のように糸を引いているような感じに見えます。
実際に花粉を指につけると、糸を引いているのがよく分かります。
ネバネバした感じはありません。さらっとしています。
粘着糸」と呼ばれるもので、花粉に長い糸状のものがついているのです。
この糸で、花に来た虫に花粉を絡みつかせようとしているのです。
イメージ 8


花の色での簡易識別方法
イメージ 5


見分け方をまとめると・・・
イメージ 6



オオブタクサ


オオブタクサ(大豚草)
<学名:Ambrosia trifida L.>
キク科 ブタクサ属 一年草





北アメリカ原産で1952年に静岡県清水港と千葉県で確認されて
以来、現在では西日本を中心に沖縄県から北海道まで河川敷や
荒地などに大群落をつくって分布している帰化植物。
茎の高さは1mから3mに達する大型の一年草。
葉は対生し、長柄があり形は掌状に3から5裂し、縁は鋸歯状、
葉の表裏ともざらつく。長さ・幅とも20〜30cmになる。
花期8月〜9月、雌雄異花(雌雄同株)で、茎の上部に雄頭花が
総状につき、その下に雌頭花がつく。

雄花はもうすっかり小っちゃっていました。
イメージ 1
撮影日 2018.09.30: 群馬県
雄頭花は枝先に細長い穂を作り,総包片は合着して
皿型になり、複数の筒状花を入れる。
イメージ 2
雄ずい5個、雌頭花は雄花序の基部にある包葉にかくれて
2〜3個ずつつき、緑色のつぼ形の総包に雌ずいのみつく。
イメージ 3

イメージ 4
葉が桑に似るのでクワモドキの和名がある。

時々変わり者がいます。
生長後も葉が分裂しないものはマルバクワモドキとされる。
イメージ 5

 
日本への侵入経路としては、アメリカから輸入した大豆に
付着したオオブタクサの種子が、豆腐屋などで廃棄され
発芽したものといわれている。
同じ属の帰化植物であるブタクサとともに花粉症の原因植物
として知られる。

ちょっと前に撮った花
イメージ 6
撮影日 2018.09.23: 群馬県

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)
<学名: Desmodium paniculatum (L.) DC. >
マメ科 ヌスビトハギ属 多年草





北アメリカ原産の比較的近年入ってき帰化雑草。
休耕田や路傍、造成地などの荒れ地に生える。

イメージ 1
撮影日 2018.09.16: 群馬県
茎は高さ1mほどで、
開出毛が多い。葉は3小葉からなり、小葉は長さ5〜8cm、
幅2〜4cmで両面に伏毛が密生する。
イメージ 2

花期は7〜9月、花は紫色で、長さ7〜8mmと
ヌスビトハギよりやや大きい。

イメージ 3
花はしぼんでくると青色に変わる。
イメージ 4

イメージ 5
以前紹介したことがありますが、虫の来た花は蕊が飛び出します。
爆裂花と呼ばれる花です。


果実は4〜6個の小節果からなり、
少節果は扁平で長さ約7mm。節果のくびれが深くない。
表面にはかぎ状の細かい毛が密生していて、熟すと
節から分断されてマジックテープのように
衣服などによくくっつくひっつき虫。     
イメージ 6
撮影日 2018.09.30: 群馬県



名前は 荒地に生えるヌスビトハギ ということから



ホシアサガオ(星朝顔)
<学名:Ipomoea triloba L.>
ヒルガオ科 サツマイモ属 蔓性の一年草

詳しくはこちらで ⇒◎

南アメリカ原産の蔓性帰化植物。
イメージ 1
撮影日 2018.09.23 群馬県
日当たりの良い草地や河原などに生え、他のものに絡むか
這って繁茂する1年草。
イメージ 2
葉は卵形〜長卵形で先は尖り、基部が張り出すもの、
3裂する物もあり変化が大きい。
花期は7〜9月 花柄は上部で多数に分かれ、1花茎に1〜5個の
花がつく。
イメージ 3
花冠は漏斗形、淡紅色、筒部の内面は濃色になる。
イメージ 4




マメアサガオ(豆朝顔)
<学名:Ipomoea lacunosa L.>
ヒルガオ科 サツマイモ属 蔓性一年草

詳しくはこちらで ⇒◎

北米原産の帰化植物。
イメージ 1
撮影日 2018.09.23: 群馬県
関東以西の道ばたなどでやや普通に見られる。
イメージ 4

全体ほぼ無毛でよく分岐して他物に巻きつき、長さ数mになる。
葉は互生し先の尖った長卵形から心臓形、全縁または3裂する。
イメージ 2

花期8〜10月 漏斗状の白色の花を1個〜3個つける。
イメージ 3

イメージ 5
上から見ると5角形になっている。
イメージ 6

イメージ 7
まれに淡紅色のものもあり、ベニバナマメアサガオ 
と別品種にすることもある。
雄しべ5個、花糸は白色、葯は紫色。

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事