ここから本文です
花の画像と人生のことばです

世界全体の幸福




宮沢賢治『農民芸術概論綱要』の序論 

 毎日読ませていただいている 私のお経のようなものです
   声を出して読むと、賢治がうれしそうに目の前にあらわれるような  気がします。
   
   ☆       ☆      ☆
世界がぜんたい幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない。自我の意識は、個人から集団社会宇宙と次第に進化する。この方向は、古い聖者の踏み、また教えた道ではないか。新たな時代は、世界が一つの意識になり、生物となる方向にある。正しく強く生きるとは、銀河系を自らの中に意識して、これに応じて行くことである。われらは世界のまことの幸福を索ねよう。求道すでに道である。
(『新校本 宮澤賢治全集』 第十三巻(上) 筑摩書房)

 大乗仏教の精神そのものの文章であります。
 「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」の詩に、そっくり重なるものでもあります。
 そのことはまた、生涯独身であった彼が、もっとも愛した妹のとし子の死を悼んで詠んだ「青森挽歌」の中の一節に、
みんなむかしからのきょうだいなのだから、けっしてひとりをいのってはいけない。
 とあるものに通じるものでありましょう。

  「すべてのものは つながりあってできている」のです。 
   難しいことを言えば、縁起の法ということになりましょう。
   「一つの網の目が、それだけで網の目であると考えるならば、大きな誤りである。網の目は、ほかの網の目とかかわりあって、一つの網の目といわれる。網の目は、それぞれ、ほかの網が成り立つために、役立っている」と説かれております。
   
   お互いにいつも自己中心的な生き方ばかりをしている、今日の私たちの行き方を反省させられます。
   
   「世界がぜんたい幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない」

10歳の君へ

イメージ 1


イメージ 2






日野原重明先生からの子供たちへのメッセージです

10歳の君へ

 時間というものは、止まることなくつねに流れています。けれども時間というのは、ただのいれものにすぎません。
 そこにきみが何をつめこむかで、時間の中身、つまり時間の質が決まります。
 きみがきみらしく、生き生きと過ごせば、その時間はまるできみに「いのち」をふきこまれたように生きてくるのです。p35


 人間ってすごいものだなあとわたしが心から思うことは、人間には思いやりの心というものがあって、見も知らない人のためにも自分の時間を使えるというところなのです。
 そんなことは動物にはできません。人間だけにできることです。(略) 
  だから、人間であることを味わいつくさなきゃ、それこそ損だと思いますよ。p49



 75年生きている 私に言われているようです
 そうなんです・・
 この人生を深く「味わう」
 これたいせつですね

 ※ 画像は近所の共同管理の花壇です
   猛暑の中 奥さんたちが努力して 整備していました
   これこそ「おもいやり」の花壇です。

ゴッホのひまわり

イメージ 1




「この太陽、この光、どう言ったらいいのか良い言葉が見つからないから、ただ黄色、薄い硫黄の黄色、薄い金色のレモンという他はない。
この黄色が実に素晴らしい。
ああテオ(弟)、君がいつの日か南フランスの太陽を見て僕と同じように感じてくれたらいいと思う」
〜ファン・ゴッホ
ゴッホが弟に宛てた手紙です。
 
ゴッホは花瓶に挿したひまわりを7点書いています。
そのほかに4点あるといわれています。
一般的には、これらはゴッホが描いた「ユートピア」だといいます。
そんな単純な話ではないのだと思います。
 
 
この手紙を読むと、ゴッホの魂の奥底からの、「いのち」「存在」についての言葉にならないメッセージだと感じます。
なぜ私たちは、ゴッホの絵にこころ動かされるのでしょうか。
そこにエンルギーがあり、希望があるからでしょう。
画像はニューヨーク・メトロポリタンの「ひまわり」です。
実物は見たことありません。2番目に描いたひまわりだといわれています。
これは深い色ですね。
やっぱりゴッホの世界は色でしょうか。
AD

まちあるき



昨日は少し涼しかったので、会合の後、街を歩きました。
人を沢山見ると、不思議と安心します。
イメージ 4

人間とは、時に静けさを好み、時に群衆の中を好む。
不思議な生きものだ。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3


イメージ 1


「明日この世を去るとしても、今日の花に水をやりなさい」

樋野興夫(ひの・おきお)さんの本の題名です。
お盆の間、読み続けました。どんな方でしょうか。
順天堂大学医学部 がん哲学外来 の先生です。 哲学外来とは、医師と患者の対話を通じて、患者の精神の安定を得、治癒を促進する。というよなものです。ご本から、珠玉の言葉を拾っていきます。
「ー命よりも大切なものはない。命が一番大事ー
とは考えないほうがいい。命は尊いことは確かですが、
ー自分の命よりも大切なものがあるー
と、思ったほうが私たちは幸せな人生を送ることが出来るようです。」
 樋野先生の言葉は続きます。
 「命よりも大切なものを見つけるために、自分以外のもの、内から外へ関心を向けてください。あなたに与えられた使命や役割が見えてくるでしょう。そうして見つけた使命や、役割を人生最後の瞬間までまっとうする。つまり、『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげるのです』
 使命、役割。それは家族に優しくすることかもしれません。周囲を楽しませることかもしれません。困っている人を助けることかも知れません。
人それぞれです。使命や役割は自らが見つけ出すものです。」
             
Even if you shall die, give your flower the water.This is a book written by Docter Okino Hino.  Canser field of phisorophical approch for Patient from outside. Jyuntendou Univercity.I wan to to introduce some of his brilliant words."There is nothing more important than life. Is the most important life" would be a good thing not to believe that. Life is precious it is certainly, but, as "there are things more important than his own life", better thought seems we can send a happy life.
Mission,role. It might be to gently to the family. It might be to entertain around. You might beable to help people who are in trouble.It is depend on each person.Mission and role is what himself find out.
私の英訳です 直していただければ うれしいです

私はまだそのようなものをみつけられていません・・
でも
人生はそのようなものを見つける旅だと思います
今日もフラフラ寄り道しながら旅をします

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事