ここから本文です
花の画像と人生のことばです

書庫全体表示

10歳の君へ

イメージ 1


イメージ 2






日野原重明先生からの子供たちへのメッセージです

10歳の君へ

 時間というものは、止まることなくつねに流れています。けれども時間というのは、ただのいれものにすぎません。
 そこにきみが何をつめこむかで、時間の中身、つまり時間の質が決まります。
 きみがきみらしく、生き生きと過ごせば、その時間はまるできみに「いのち」をふきこまれたように生きてくるのです。p35


 人間ってすごいものだなあとわたしが心から思うことは、人間には思いやりの心というものがあって、見も知らない人のためにも自分の時間を使えるというところなのです。
 そんなことは動物にはできません。人間だけにできることです。(略) 
  だから、人間であることを味わいつくさなきゃ、それこそ損だと思いますよ。p49



 75年生きている 私に言われているようです
 そうなんです・・
 この人生を深く「味わう」
 これたいせつですね

 ※ 画像は近所の共同管理の花壇です
   猛暑の中 奥さんたちが努力して 整備していました
   これこそ「おもいやり」の花壇です。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事