ここから本文です
花の画像と人生のことばです

書庫全体表示

記事検索
検索

全212ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


本日で このブログでの 投稿は最後です

AMEBA  でおめにかかります





最後に平和を祈って 私見を申し上げます



Bruce Springsteen の
Born in the U.S.A.

アメリカに生まれて


この曲は反戦、当時のアメリカ批判の曲のはずなのだけれど、当時のレーガン大統領に引用されてアメリカ万歳の曲だと誤解された。歌詞は哀しくて深刻である。
アメリカの若者は ベトナムで傷つき アフガンで傷つきいままた イランで傷つこうとしている

それでも世界の秩序のために命を懸けている彼らを私は賞賛する。これがアメリカの強さだ

ボーン・イン・ザ・U.S.A.

俺は死人の街で産み落とされた
最初に蹴られたのは俺が生み落とされて地面に着く時だったそして俺はひどく殴られ続けた犬のように人生を終わるのだ残りの半生を何とか帳尻を合わせようと費やすこととなる

アメリカに生まれた俺はアメリカに生まれた俺はアメリカに生まれたそうだ俺はアメリカに生まれたのだ
俺は地元の街でケンカに巻き込まれたそこで彼らは俺の手にライフルを持たせて俺を外国の土地へと送り捨てた

行って黄色人を殺すためにアメリカに生まれた俺はアメリカに生まれた俺はアメリカに生まれた
そうだ俺はアメリカに生まれたのだ

戦場から帰国して製油所に行った人事担当者が私の一存ではと言った退役軍人局に行ったまだ分からないのかと言われた俺には兄がいる ケソンでベトコンと戦っている彼らはまだそこにいる 
兄はもういないけれど兄には恋人がいた 
サイゴンで愛している俺は兄の写真を持っている 
彼女の腕に抱かれている姿の刑務所の影の下製油所のガスの炎のそばで俺は10年間、体を焼かれる思いで通りで生きてきた

どこにも走って行ける所がない どこにも居場所がない俺はアメリカに生まれた俺はアメリカで生まれた

俺は疲れ果てたアメリカのおやじ俺はアメリカで生まれた俺はアメリカで生まれた俺はクールなロッキング・ダディ アメリカの

BORN IN THE U.S.A.

Album versionBorn down in a dead man's townThe first kick I took was when I hit the groundYou end up like a dog that's been beat too muchTill you spend half your life just covering up nowBorn in the U.S.A.I was born in the U.S.A.I was born in the U.S.A.Born in the U.S.A., nowGot in a little hometown jamSo they put a rifle in my handSent me off to a foreign landTo go and kill the yellow manBorn in the U.S.A.I was born in the U.S.A., yeahBorn in the U.S.A.I was born in the U.S.A.Come back home to the refineryHiring man says, "Son if it was up to me"Went down to see my V.A. manHe said, "Son don't you understand now"Oh yeahOh noNo no noI had a brother at Khe Sahn fighting off them Viet CongThey're still there, he's all goneHe had a woman he loved in SaigonI got a picture of him in her arms nowDown in the shadow of the penitentiaryOut by the gas fires of the refineryI'm ten years burning down the roadNowhere to run, ain't got nowhere to goBorn in the U.S.A.I was born in the U.S.A., nowBorn in the U.S.A.I'm a long gone Daddy in the U.S.A., nowBorn in the U.S.A.Born in the U.S.A.Born in the U.S.A.I'm a cool rocking Daddy in the U.S.A., nowNo no noNo no no noNo no noNo no no noWhoa!Oh no noWhoa!Yeahhh...Whoa!One, two, three, four!


 私見を申し上げる

 日本人は韓国と東アジアに目を向けているが、世界が注目しているのは、イランですね。 イランと敵対しているのはイスラエル。 イスラエルを支援しているのは、アメリカでは「福音派」と呼ばれるプロテスタントの人々。 そして、ユダヤ系の人々。 全土の40%といわれている。 トランプ大統領の絶対的支持層。 ここをしっかり捉まえなければ、トランプ大統領の再選はない。 

そして、アフガニスタン。  7千人の米軍が駐留している。 タリバンとの停戦交渉が始まる。 タリバンを応援するのは、パキスタン。 パキスタンを応援するのは、中国。 中国はアフガニスタンとパキスタンの資源を狙い、また、インド洋に進出できる道を獲得しようとしている。 莫大な投資をしている。 アフガニスタンの平和は中国にとって不可欠。 ここでは、米中の利益は一致する。 しかし、南シナ海では、ベトナム、フィリピンが中国と衝突を繰り返してる。 応援するのはアメリカ。

 どうなるのか・・・ 目が離せない。 言えることは、戦争は誰にも利益を与えない。 戦争になりそうな状況は、アメリカの軍需産業に大きな需要を作る。 この微妙なバランスの上で、人類は生きている。

そして韓国。 いまこの国は、内戦状態と言っても過言ではない。 韓国の人が、全部反日だと思ったらオオマチガイ。 私の知る韓国人は、まことにおおらかであり、日本の援助のおかげで、韓国が発展してきたことを、認めている。 冷静に見守る必要がある。  

そして、日本の安全保障は、なんといってもアメリカ次第である。
 しっかりとアメリカを取り込むこと重要だと思うのであります。


イメージ 1

明治神宮にて


明治神宮にて

お札 お守り
守護を頂くと安心しますね
厳しい人生 本当の守護は 実は自己の魂の奥底の存在であるようにおもいます。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


原宿 「かまわぬ」



原宿  かまわぬ

手拭屋さんの名前です
おかまいしません という意味だそうですが
隅から隅まで行き届いたお店です

ちょっと裏の地下です

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8



よさこい  この笑顔こそ・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4



明治神宮にて
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



原宿 裏とおり  カラフル!

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


原宿 よさこい
この笑顔に会いに行きました

イメージ 1


明治神宮 多様なる祈りの場となりました

イメージ 2
イメージ 3

原宿 色彩の街ですね

イメージ 4
イメージ 5


全212ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事