葉梨愛ツイッター的ブログ

只今人の迷惑を顧みない悪質ネトウヨ、レイシストによるストーカー行為、執拗な嫌らせブログ荒し被害の為コメント欄使用できない状態です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


NHK大河ドラマ「いだてん」で関東大震災時のデマと尋問のシーンが放映された。関東大震災時、多数の朝鮮半島出身者が虐殺されており、その点についてあいまいだったのは残念だ。一方で関東大震災では中国人や労働運動家、さらには被差別部落民や沖縄県民なども虐殺されていることを忘れてはならない。虐殺事件を起こしたのは「自警団」ばかりではない。軍や警察が明確に関与するなかで多くの人々が虐殺されている。千葉県習志野に駐屯していた騎兵連隊などの軍隊は多くの虐殺事件に関与しているとともに、「陸軍習志野支鮮人収容所」を設置し、中国・朝鮮人を収容して虐殺したともいわれている。

日本は,大学進学志望率の階層差が大きい国だ。

父が大卒の生徒群のほうが,大学進学志望率は高い。男子より女子で顕著。親が非大卒家庭への支援は,女子の進学を促すのに一役買うかもしれない。












おかしくないかい!

公的年金の将来的な支給水準の見通しを示す年金財政の検証について、政府・与党内からは参議院選挙を前に結果を公表すれば争点化するおそれがあると懸念する声も出ていて、公表は選挙のあとにずれ込むのではないかという見方が強まっています。
時の政権が、支持率低下に繋がる可能性のあるデータの公表を「選挙後にずれ込ませる」というのは権力の私物化、つまり政治の腐敗なのに、なぜ国民から強制的に巻き上げた金で運営する「公共放送を名乗る」NHKは、「公表は参院選後か」などと全く他人事のように書けるのか。

年金支給水準 見通し公表は参院選後か 将来の低下確実で

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190608/k10011945321000.html


安倍首相が吉本芸人を首相公邸に呼んで歓談したことを「遊んでいる」「サボっている」と評する意見を見るが、違う。ただ公邸で歓談しただけでなく、メディアを呼んでその光景を撮影させ、それを「ニュース」という体裁で全国に宣伝させた。つまり周到に計算された政治宣伝の仕事で、メディアは共犯者。安倍首相が芸能人との会食を重ね、それを大手メディアが無批判に「ニュース」として垂れ流しで全国に報じれば報じるほど、安倍首相のイメージはアップする。好感度が上がる。安倍首相はみんなの人気者なんだ、というムードが醸成される。批判しているのは一部の変な人なんだ、という印象に誘導される。








会社の方針に納得がいかないなら起業しろ。政治に納得いかないなら政治家になれ。現実の厳しさに直面しろ。どれも です。煎じ詰めれば「現状を受け入れて懸命に働くのが大人なんだ」「仕方がないんだ」と自分に言い訳をするために、異議申し立てをする人の足を引っ張っているのです。 さんへのリプライはまさにこの類。イチャモンつける人も日中は責任を持った仕事をしていらっしゃるのかもしれないし、それは尊敬に値するけれど、もうそれだけじゃダメな時代なんですよ。そこで少しずつ現状を改善しようとする人たちの異議申し立ての足を引っ張るのは、やめて頂きたい。やっぱり異議申し立てに文句をつける人は、仕事に邁進してきた自分(とその世代)の努力を否定されたような気持ちになるのかもしれませんね。ジェンダーなどさて置き、企業戦士になって働きまくった世代のおかげで確かに日本が経済成長した部分もあったと思います。すごい!感謝してます!けれど、日本の社会は、これまでとは違うアプローチが必要な局面なんですよ。 経済成長を可能にした社会人の勤勉と努力を認めるので、異議申し立てを通して、これまで手薄だった問題に手をつけている勇気のある方々の違った種類の努力も認めてほしいものです。これって無理な相談ですか?すごい!感謝してます!というと皮肉って言っているように聞こえるかもしれない。でも僕は実際に異議申し立ての可能性になんて目もくれずに身を粉にして働き続けた親に育てられたし、そのお陰で今の自分があるとも思っているのです。ただ、そのアプローチを繰り返すのがベストだとは思えないのです。
保立道久さんがKoji Yamamotoをリツイートしました
これは金儲けの「政治家」の言うこと。経営者と政治家がゼネラリストという特別な専門性を必要とする職業だと考えられていないことの証拠。専門を尊重しない文化の裏面が経営や政治は誰でもできるという安易さな訳です。専門、人間の個性と尊厳の尊重とそのネットワークということがわからない訳。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事