全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

先週、一人でジョニーディップの「スゥイーーニー・トッド」を観に行ってきました。



本当はあまり「ミュージカル系映画」は好きではないんですが、友達が「中々良かったよ〜(*^_^*)」と言っていたのと暇だったので。(>_<;)

私、どうもタモリじゃないけど、ミュージカルは苦手です。

今までも「オペラ座の怪人」「シカゴ」「ムーラン・ルージュ」、どれもアカデミー賞取ったり、ノミネートされている作品ですけど、私にはイマイチでした。

何故に急に歌いだすのか?が理解出来ないんです・・・・。

スウィーニー・トッドはジョニーの演じる主人公の理髪師の名前です。

以前はバーカーだっけな?と名乗っていたのですが、彼と美しい妻子を妬んだ悪徳判事によって無実の罪を着せられ、15年の長きに渡って投獄されてしまいます。

15年の後、やっと妻子の住む町に戻ったバーカーですが、元住んでいた理髪店の家主、ラベット夫人から、妻は辱められた後に自殺し、娘は判事の養女として育てれている事を知らされます。

バーカーはトッドを名をかえ、判事に復讐を誓います。
そして以前の場所に理髪店を開店し、その日のために理髪店の客を手にかけ、腕を磨くのでした。


最後はハッピーエンドな訳はなく・・・・ちょっと可哀そうな終わり方になっています。(*_*)

この映画、ちょっとだけキモち悪いんですよ。
一つはトッドがカミソリでお客の頸動脈を切りまくるので、血がドバドバ出るからです。

もう一つは死体の処理の仕方なんです。
ちなみに家主である階下のラべット夫人の構えている店は

「ミートパイ屋」(@_@)

です。

心配していた歌の方ですが、ジョニーの歌が結構良くて、あんまり気になりませんでした。
普通のセリフも多かったからだと思うのですが、あまり「オペラ歌手」っぽい歌声ではなかったので・・・(オペラ座の怪人観た時は、くどい歌い方にうんざりしちゃいました)

主人公はジョニー・ディップ、ラベット夫人の役はヘレナ・ボナム・カーター、判事の役はアラン・リックマンです。

ヘレナ・ボナム・カーターは確か、監督であるティム・バートンの奥さんです。
宮本信子みたいに、ダンナさんが監督する映画によく出てますね。
「チャーリーとチョコレート工場」「ビッグフィツシュ」にも出てました。

アラン・リックマンは「ハリーポッター」のスネイプ先生ですね。「ラブ・アクチュアリー」何かにも出てます。
それにしてもさすが悪役はバッチリでした。

中世の舞台、衣裳も良かったです。
「まあまあオススメ」の映画かな。(*^_^*)

まだしばらくは上映しているみたいなので、時間があったらぜひどうぞ♪

閉じる コメント(4)

私もミュージカル系は苦手かな(^^ゞ突然歌うもんね(^^ゞ
血がドバドバでミートパイ屋さんが階下にあるのねq(T▽Tq)なかなかだねq(T▽Tq)

2008/1/31(木) 午後 3:56 kir*p*nncy*nn 返信する

きらぽんさん。トールの教室で、「オペラ座の怪人ってすごく素敵よね〜」と話しているおばちゃん達がいたけど、サッパリ気持が分かりません・・・・(@_@;)ミートパイ屋さん、仕入れがいらなくなって大繁盛してたよ〜ははは・・・・。

2008/1/31(木) 午後 11:43 さくら 返信する

ミュージカルか? まあまあ? うーむ、どうしようかな?

2008/2/1(金) 午後 0:04 riorio1964 返信する

ANDREWさん。映画館は女の人ばかりでしたよ。オペラ座の怪人よりはよかったですが、あんまり男の人向けではないかもしれませんね。
きっとダンナが行ったら「つまらん」って言うと思います(笑)

2008/2/4(月) 午前 10:55 さくら 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事