毎日の出来事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

交通事故

イメージ 1

先週の土曜日、実家でいとこと遊んでいた花奈を迎えに行った帰り。

うちの最寄りの信号のある交差点は、夜11時過ぎると点滅信号になり、時々警察が取り締まりをしているのだけど・・・・この日も信号に近づくと、辺りに人影が見えたので、また取締してるのかな?と思ってました。

近くまで行くと、取り締まりどころではなく、黒の軽自動車が交差点の電柱に正面衝突してました。代行運転の車らしく、社名が入ってる車。

事故だと思い、車の運転席から覗き込むと、軽自動車の中でぐったりと倒れている男性二人、それを介抱している男性一人。

車から「救急車呼びましたか?」と慌てて聞くと、「まだ」との返事。

急いで危なくないところに車を止め、娘の携帯から通報しました。
「119」なんだけど、「110」に電話してしまい、慌ててワン切り(@_@;)

その間に花奈にダンナを呼びに行かせました。

状況を把握しないまま、とにかく早くと急いで電話したので、

場所は?
怪我人の数は?
怪我の程度は?
車の数は?
挟まれていないか?
意識はあるか?
何歳くらいで性別は?

など、基本的な事に即答できず、結構通報に時間がかかってしまいました。

場所は自宅近くの信号のある交差点
怪我人は三人で、二人(60才くらい)は意識があるが、とても動ける様子ではない。

うち一人は頭を切っており、切れた個所から顔面にかけて大分出血している。
うちもう一人は混乱している様子で、俺はもうダメかもなどと口走ったのでちょっとビビりました(@_@;)
痛い、痛いとウンウン唸ってる。
二人とも、自力で体を動かせる状態ではありませんでした。

最初、暗くて分からなかったんでけど、点滅信号の交差点でどちらかが赤信号で止まらず直進して来たみたい。
もう一台、軽自動車が暗い畑の中に突っ込んでました。

もう一人の怪我人は最初、怪我人を介抱しようとしていた人なんだけど、やはり怪我はしている様でびっこ引いて歩いてました。

通報した時に、私が把握できてない事をこの人に聞いたんだけど、動転していて話が的を得ず。

救急車到着前に旦那が来て、意識が朦朧とする怪我人の方に何か頼まれて、携帯で電話してる。

花奈にはもう一度家に戻り、出血箇所を圧迫した方がいいのではと思い、タオルを取りに行かせました。

その間、怪我人の二人の横について、「救急車を呼んだから、もう少し頑張って。すぐに到着するから」と声を掛けました。
何か他に出来ることはないかと思いましたが、私に出来ることはありませんでした。

じきに救急車が来たので、旦那にライトで場所の誘導を頼み、怪我人の二人の傍で救急車が来たからもう直ぐだからと一緒に待っていました。

後は救急隊の方の手際の良い事。
車から運び出し、電話で搬送先の病院を確認し、直ぐに搬送されて行きました。

も~どうなる事かと。
やれやれと家族三人でホッとしました。
その場に居なかったうちの長男は、一人ベッドの中でスヤスヤ熟睡してました。

それと花奈に旦那を呼びに行かせて正解でした。

なんせ田舎だから、周りに家がないこともさる事ながら、かなりの音がしたはずなのに、皆熟睡してるのか?
救急車が来るまで人っ子一人通らなかったんです。

後で警察の方に状況を二度ほど聞かれ、でも事故を目撃していた訳ではないので、答えることは少なかったです。
「信号は既に点滅していたか?」とか「通報した時どういう状況だったのか」とか。

後の話ですが、娘の携帯に位置情報を探索した履歴が。
スマホとかで通報すると、直ぐに位置が調べられる様になってるんですね。

先に主人が電話していた相手は、代行の会社の社長さんで、後から現場にかけつけました。

どうも代行の車に二人が乗り、うちの近くの飲み屋にお客さんを迎えに行く途中で事故にあったらしく・・・でも事故の状況を見る限り、黄色点滅の代行屋の車も徐行すべきところをしていなかった、もう一台の車は赤色点滅を無視したのだと思います。

あれから数日経って、怪我の様子が気になりますが知るすべもなく、大丈夫だったかなぁと少し心配です。

去年秋に、目撃はしていなかったものの、直ぐ目の前で子供がはねられて、その時も結構オロオロしてしまいました。

今度・・・あっても困るけど、せめて通報した時に直ぐに返事が出来るようにしたいなぁ・・・と思いました。

でも事故ってその場その場で状況が違うから、中々難しいよね。

花奈、「あ~ビビった~怖かった~!!」って。
二往復も夜中に家まで猛ダッシュしたので、直ぐにスヤスヤ寝てました。
この日は本当によく働きました。

私も寝たのは深夜二時。
どっと疲れました。事故は怖いです。私も気をつけなくちゃ・・・。

開く コメント(0)

肉離れ・・・・・。

もう一年も更新していませんでした。

相変わらず野球の送り迎えをしながら、毎日忙しく過ごしています。
ブログを始めたころ、幼稚園児だった娘と息子は、

娘→高一 息子→中二 になりました(*^_^*) 楽にはなったけど、若干寂しい気もします。

自分の時間が増えて、何もしないのは勿体ない!と、2年半ほど前からジムに通ってます。
最近そこで特にハマっているのがズンバ。
ダンスなんだけど踊り自体はさほど難しくなく、初めてから半年で体脂肪率が3%も減りました。

友達も出来たし(いつも会うおばさま方)、痩せたし、ジムが楽しくて、はりきって運動していたんだけど・・・・・・・。

筋トレプログラムの中で、もも上げをした瞬間。
ふくらはぎに硬球が当たった?様な痛みが・・・・・最初はひどく脚でもつったのかと思って休憩していたのだけど、一向に痛みが引く気配はなく、結果ふくらはぎの肉離れでした。

整形外科の先生に「しばらく出歩いちゃダメだよ!固定して静かにしててね!」と念を押されました。
しばらく歩くことが困難で、3日くらいは松葉杖でした。
翌日、息子の運動会にも行けず・・・養生してから早2週間・・・・痛みは殆ど引きましたが、まだびっこ引いて歩いてます。

息子には「よう!肉離れ!」とか、超バカにされるし(>_<)

やったのはふくらはぎなのに、なんで痛くない足首に青タン?って思ったら、実際出血した箇所から血が下がってくるからなんだとか。

十分すぎるくらい準備運動してからの肉離れだから、準備運動不足じゃなくて、筋肉疲労か歳かな・・・。

昨日の通院で、先生にまだ一週間は養生しなさいって言われました。
早く治らないかなあ・・・・・・・。



イメージ 1



開く コメント(8)

ラッキ〜♪(*^_^*)

イメージ 1

ここ最近、子供たちの通う小学校では「新型インフルエンザ」が大流行です(>_<;)

うちなんてショータがインフルエンザで1週間出席停止になり、それに伴い姉のハナも学校に行けなくなってしまいました・・・・・。

やっと地獄の1週間が終わり、ヤッタ〜〜〜〜ワーイ♪\(^ω^\)( /^ω^)/ワーイ♪ って思ったのもつかの間。

学校からの連絡メール。

「4年生は明日から一週間、学級閉鎖です」


悪い夢かしら?| ̄ω ̄A;アセアセ って思いましたが、バッチリ現実でした・・・。


学級閉鎖の間は勿論、自宅待機で基本外出してはいけないんだけど、さすがに我慢が出来ず・・・・ショータとカインズ(ホームセンター)に買い物に行きました。

ワンコのエサを買ったり、洗剤買ったり。

買い物が終わって外に出ると、鯛焼き屋さんがありました(*^_^*)

「ショータ、鯛焼き食べる?」
「うん!食べる食べる!\(@^0^@)/やったぁ♪」

なんてやり取りをしていると、鯛焼きスタンドの近くでハタハタと年末ジャンボの幟旗が風に揺れていました。

今年は何となく・・・・・年末ジャンボ買わなきゃいけない様な気がしていたので(懐が寂しい時に限って宝くじを買いたくなるのは何でだろう・・・・)、鯛焼きが出来るのを待つ間、宝くじを買うことにしました(*^_^*)


おばちゃんに1万円を渡して、
「年末ジャンボ30枚とスクラッチ5枚ね♪(*^_^*)」とお願いしました。

ショータ、500円玉でゴシゴシと銀はがしを擦ります。



券面のABCの枠の中に、雪だるまや富士山、手袋などの絵柄が2つづつ出てきます。
どの枠でもいいので、同じ絵柄が二つ出たらアタリです(*^_^*)

シ「・・・・・ねええお母さん、僕同じの二つ出たよ?」

私「どれどれ・・・・・うんん???これってハズレじゃないの??(´-ω-`;)ゞポリポリ 6個全部同じ柄じゃないとダメじゃないの???」

と、宝くじスタンド前でモゾモゾする親子。

結局、どういうのがアタリなのかもよく分からず、おばちゃんに聞くと、なんと!ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ス、スゲー!

10万円当たってました!

やった〜〜〜♪ ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪



しかし、高額当選になるのでスタンドでは換金出来ず・・・・・翌日、またまたショータを連れて、みずほ銀行に行きました。

銀行に向かう途中、

シ「ねええ、お母さん・・・もし銀行に行って、銀行の人に「これ当たってないですよ」って言われちゃったりしたらどうする??? (TωT)ウルウル」

私「う〜ん、そうだよねえ・・・( ´・ω・) もし当たってなかったらすっごく恥ずかしいよねえ・・(TωT)ウルウル」

普段そんな幸運に恵まれたことがないので、段々不安になる小心者親子(O型)。

とは言うものの、もちろんちゃんと換金出来ました♪ワーイ♪\(^ω^\)( /^ω^)/ワーイ♪


元々あぶく銭なので、貯金するよりも誰かにおごったり、何か買って物に変えてしまった方がまた運が回ってくるかな?(*^_^*)


後でショータに「またスクラッチやりたい?」と聞くと、「うん!やりたい!(*^_^*)でも今度はスクラッチじゃなくて、年末ジャンボにする!(*^_^*)」だって。

9歳児の夢は大きく、彼は次は3億円当てるつもりらしいです。 il||li_| ̄|○il||li


ジャンボ宝くじの当選確率は1/10,000,000

頑張れ!ショータ!ダ━o(`・д・´)ノ━!!

開く コメント(12)

先日、明け方の5時頃に、大きな揺れで目が覚めました。(*・ω・)ン?


隣に寝ていたダンナに「おい!起きろ!!地震だぞ!!」と言われたのですが、私はとてもとても目覚めが悪く・・・・・・・。

「分かってるよ!! (`Д´)」


と寝ながらダンナに逆ギレし、まだぐーすか寝ていました。

でもさすがに家がガタガタいい始めたので、寝ぼけながらも起きて子供部屋に走って行きました。
(ちなみに下のはまだ寝てました)

その頃にはもうユラユラ揺れているくらいで、大きな揺れは終わっていたのですが、急いでテレビをつけてみると静岡の方では揺れが酷かった様で・・・・・。


静岡は震度6弱ですが、ここは震度4でした。


同じ静岡県でも静岡市からは約80キロくらい(多分)離れているので、被害は殆どなかったようで・・・
「磐田市(隣の市)で、地震に驚いた男性が、二階の窓から飛び降りてケガ(←不謹慎とは思いつつ、つい笑ってしまいました)」とかいった程度でした。

うちから50キロほど離れた所に、静岡空港からほど近い「牧ノ原」という所があるのですが、そこでは被害が大きかったそうで、ニュースで何度もやっていますが、東名の道路が崩落してしまったんですね。

水道はストップ、ガス漏れなどもあった様で、揺れがそれほど大きかったんですね。(´-ω-`)う〜ん


静岡県は「東海大地震」が来ると子供の頃からずっと言われ続けていて、かなり地震に対する意識の高い地域だと思います。
避難訓練も、学校で何度も何度もやりました。

どこの地域もそうかな???(。-`ω-)ンー
子供の頃、学校にいつも各家庭で手作りした防災ずきんが置いてあったし、今でも子供たちは一人一つづつヘルメットを持っています。

交通事故対策も兼ねて、登下校はヘルメット着用です。


私も備えがないと不安な性質で、非常用持ち出しリュックは元より、

寝袋、簡易テント、非常用簡易トイレ、保温用ビニールケット、ろうそく、乾電池、ラジオ、懐中電灯、ヘルメット、
飲料水、応急キット、マスク、衣料品、タオル、食料品などなど

逃げる際にすぐに持ち出せるよう、玄関のクローゼットの中に入れてあります。
(自分でも少々やりすぎかとは思いましたが(-_-;)もうリュックパンパンです)

倒れて来そうな大きな家具も、L字金具と揺れ止め金具を併用して留めてあります。


テレビでやっていましたが、青いビニールシートや、飲料水用のポリタンク(給水車が来た時用)が売り切れで不足していたとの事で、それも買っておいた方が良さそうですね。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

地震は困りますが、備えを見直すいいきっかけになりました。

東名も明日の午後にはすべて復旧するらしく・・・・・早く元通りになって欲しいですね(*^_^*)

開く コメント(6)

菜の花畑で

私はとってものどかな所に住んでいます(*^_^*)


毎日、朝夕はワンコの散歩に出かけているのですが、少し行ったところに菜の花畑があるとダンナに聞き、早速行ってみました。

お散歩も目的地に楽しみがあると楽しさ倍増です(*^_^*)

自宅から、徒歩で20分くらいの所です。
菜の花畑以外には何にもありませ〜〜〜ん!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


ここまでワンコ連れだと40分くらいかかってしまうので、行きはダンナ様にジムニーで乗せてってもらいました。

そんなに広くはないけれど、ここを通ると菜の花のすごくいい香りがしました(*^_^*)

↓ 無理やり写真に収められた愛犬「りゅう」

イメージ 4

イメージ 5



午前中、麗らかな日差しの中、40分ほどかけて家までてくてく歩いて帰りました。

たまにはこんなお散歩もいいもんです(*^_^*)

開く コメント(14)

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事