私のダンナ様

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

先日、ダンナ様が女の人に電話番号とアドレスの載ったメモを貰ったという話をしました。


実はあれからしばらく、メモは車の中に入れたまま・・・・だったのですが、あの後、前の記事で「据え膳食わぬは男の恥だ!いらないならそのメモは俺によこせ!」と言っていた仕事仲間に、本当にあげちゃったんです。

ヒドい! それはいくらなんでもヒドすぎる〜〜〜〜!!!

と、それを聞いて、ダンナ様に「女の気持ちが分かってない」だの、「そんなの人としてありえない」だのと、ボロクソに言いました。
だって自分が渡したメモが他の人に渡って、知らない人からメールが来るなんて、そんなのあり?だと思いません???

でもまあ、もう今更返してくれとも言えないし、どうにもする事が出来ないまま、また何日かが過ぎました。

数日前、ダンナ様が帰ってくるなり「あ〜〜〜あ、やっぱり電話しときゃよかった〜〜〜!!!」とか何とか言いながら帰ってきました。

おいおい、何をまだ言ってんだか・・・・と思い、話を聞くと、メモをあげた人(Aさんにしときます)
があれから彼女にメールをすると、「メールをくれて嬉しい」って返事が来たんだそうです。

「はあ???」でしょ?

私も何言ってるのか、最初よく分からなかったんだけど、もちろん、メールを送ったのが他の人だというのは承知してるんです。


Aさんに聞いた話によると、相手の人は35才でフツーの「人妻」でした。
でもダンナとの生活がうまくいっていないらしく、出会い系とかで不特定の人とお付き合いをしている人のようです。

Aさんがメールをすると、「メールをくれて嬉しい」とか返事が来たんだそうです。
結局、多分たまたま見かけたうちのダンナ様が、たまたま彼女の好みだったんでしょうね。
それでメモを渡したらしいです。

Aさんも妻帯者だけど、彼にはいつもの事らしいので、きっと会う約束でもしたんでしょうね。
その後の話はまだ聞いてません。


そんな話をしながら、また「ああ〜〜〜惜しかった〜〜〜〜それにそんならお前にボロクソ言われる筋合いなかったんじゃないか〜〜〜〜!!!」と、いつまでも叫んでいました。


それにしてもメモを見て、「これは恋する女の字だ!」くらいに言っっていた、私の「女の観」は何だったのかと・・・・・我ながら恥ずかしい限りです。←ほんとバカみたいだし。


悔しがるダンナを見て、最初は「一生に一度チャンスだったのに惜しかったね〜〜〜、あはは・・・」とか笑って言っていましたが、ダンナ様がいつまでもしつこく悔しがっているので、そのうち段々腹が立ってきて「まったくいつまで同じこと言ってるのよ!!!」と、結局最後はケンカしてました。


でも↑の女の人の気持ち、私には分からないなあ・・・だったら離婚すればいいのにと思うけど、実際はそういう訳にもいかないのかな。子供がいるから、とかね。

でも結局、「自分さえ良ければ、楽になれればいい」んでしょ?
姉の元ダンナもそんなだったし、そういう逃げ方はとても賛同する気にはなれないなあ・・・・・「夫婦間がうまくいっていない」のは、浮気の正当な理由にはならないよね。


とりあえず、メモの話はこれで終わりです。

何とか?無事に済みました。ヨカッタヨカッタ♪

開く コメント(8)

もうこんな歳になってしまうと、フツー浮いた話なんて全くありませんよねえ。(あったら困るけど)


だからそんなコトは、夫婦共々無縁だと、いつも思っていたんだけど・・・・(*´ω`)ノ ハィ


何と!(◎ー◎;)ビックリ



先日、仕事先でダンナ様が女の子に「よかったら連絡してください」と、メモを渡されたと、そのメモを持って帰ってきました。


一体どういうコトなのかと言うと、私のダンナ様は現場仕事で、あちこちと毎日違う場所に出かけています。
最近まで、自宅からは遠く離れた場所のビル内の工事で、毎週末になると仕事でそこへ通っていたんです。

何回かそこへ通った時、ビル内のオフィスで働くOLの子に、仕事中「すみません」と呼び止められ、「よかったら連絡下さい」と、携帯の番号と、アドレスの書いたメモを渡されたそうなんです。

相手は20代くらいの普通の女の子だったそうです。


正直、ダンナ様は私と同じ歳ですから、既に、すっかり、紛れもない、「オジサン」です。
特に若く見えるわけでもなく、歳相応だと思います。

それなのに物好きにも何でまた・・・・と思いつつ、ちょっとだけドキドキしちゃいました。


メモを見ちゃったんだけど、とても可愛らしい字で、名前、アドレスと携帯の番号が丁寧に書いてありました。

最初は「ひょっとしたら、誰にでもそういうメモ渡しちゃう人じゃないの〜???」とも思ったのですが、それを見て、一目でそうではない事は分かりました。

メモを書いたときの、その人の心理状態が分かると言うか・・・・説明しづらいですが、私も昔は「女の子」だったので何となく分かる、としかうまく言えません。

久しぶりに、ちょっとだけ心が痛みました。
自分でも何でそうなっているのか、よく分かりませんが・・・・(o・ω・))-ω-))うん


その事を後でダンナ様が仕事仲間に言ったら、「据え膳食わぬは男の恥だ!いらないならそのメモは俺によこせ!」とか言われたらしくて、しばらくどうしたものかと悩んでたみたいです。


結局、本人曰く「家庭を壊す勇気がない」とかで、メモはそのままにしてあるみたいです。
(相当後ろ髪引かれていましたが)

でも「もし家庭不和だったりしたら、いっちゃってたかも♪」何て事も一人で言ってました。
本当に能天気な人です。

でももしそうなったら・・・何て少し考えちゃいました。

多分、玄人さんは免除として、相手が素人さんだったら、とりあえず実家に帰っちゃうだろうなあ。
一度信頼を裏切ったら、修復するのは難しいですよね。

それにダンナ様は分かりやすい人なので、そんな事をしたら即日バレるでしょう・・・・・・もう22年の付き合いにもなろうと言う私をごまかそうなんて、100万年早いですよね。


結局、断るにしてもイチイチ連絡するのもおかしいし、そのメモは放置するんだそうです。

と言いつつ、メモはちゃっかりまだ車の中に置いてあるようで・・・・・・全く、油断もスキもあったもんじゃありません。


この続きはまた今度♪

開く コメント(12)

大ゲンカ

イメージ 1

一昨日、10年ぶりくらいにダンナ様と大喧嘩をしました




元々私たちは付き合いが長い(既に20年超)のに、あまり喧嘩をした事がありません。

と、言うのも、ダンナ様はとお〜〜〜っても気が短くて、しかも絶対自分から先には折れない性格をしているので、その度に私が先に折れているからです。


いちいちムッとして突っかかってたら、命がいくつあっても足りません。。(*´ω`)ノ ハィ


喧嘩の理由の詳細は省きますが、ダンナ様は子供の事はいつも私任せで、時々「自分は関係ない」みたいな態度をするので、いつもそれがとってもイヤなんです。

またそれにからんで原因は色々とあるのですが、この日はどうしても許せなくって・・・・・いつもはそんな事ではまだ怒らないのに、私も色々と溜まっていたんですね。


私が半分ふざけてダンナ様に「ゴメンなさいは??」と聞くと、向こうもムッとして、「俺は何も誤る事なんてない」との返事。ムキィィィィイ━━━━━(#`Д´)凸


そこからグタグタと喧嘩になってしまい、ついに言い合いになってしまいました・・・・。
こんな喧嘩をするのは、付き合い始めてから3回目です。


いつもは直ぐに折れるけど、この日はどうしても折れたくなくて、ネチネチと言い返していたら、
ついにはダンナ様に「文句があるなら出てけ!!」と言われてしました。

しかもねえ〜〜許せない事に、「サイフと車は家のものなんだから置いてけよ!!」だって。もう最悪。


そのままサイフを投げつけて、車にも乗らず、そのまま外に飛び出しました




男の人ってよく「出てけ!!」とか言うけど、女の人って養子取りの人以外は、基本的に今まで住んでいた自分の家を捨てて嫁いできている訳なんだから、もう戻る家なんてナイじゃない??

それを分かっていて「出てけ!!」はないよね・・・・・それは「禁句」だなあ・・・・(´-ω-`)う〜ん


夜道をツカツカと歩きながら、「それでもさすがに真っ暗な道はヤバイかも・・・」と、国道を目指して1人でトボトボ歩き出しました。

20分ほど歩いてみて、後ろを振り返っても全く追ってくる様子ナシ。


実は前回(約6年前)に喧嘩したときも、家を飛び出したんだけど、その時なんて自分で「出てけ!!」って言っておきながら、その後彼は直ぐに寝てしまったらしく、私が出て行ったことに気付いてくれなかったんです・・・・・。

可哀想な私は(自分で言うな?)、喧嘩した直後、夜中の12時頃に自転車で家を出て、行く当てもなく自転車をこぎまくって、すごく遠くまで行ってしまったのでした。(TωT)ウルウル

さすがに辛くなってダンナ様に「迎えに来て」と言うつもりで、公衆電話からダンナ様の携帯と家の固定電話の両方に電話をしましたが、ダンナ様は熟睡しており、起きてはくれませんでした。

結局その後、また自転車をこいで夜中の3時頃に家に帰ったんだけど、部屋に入ると彼はどっぷり熟睡してました・・・・・。
全くその日は家出し損でした。何のために夜中に自転車こいでたのやら・・・・・・| `Д´|ノこらぁ! 



話は元に戻って、トボトボとさらに歩き続けると、後ろから私の横につけて止まる車が。
とってもイヤそ〜〜〜な顔をしていましたが、一応迎えにきてくれました。

一度は「帰らない」と拒否したものの、夜中に民家のある道端で長々と押し問答をする訳にもいかず、車に乗ってとりあえず家に帰りました。



・・・・・・結局、最後は迎えに来てくれた事に免じて、私の方から折れた形で仲直りしたけど、ホントは絶対向こうが悪い〜〜〜〜〜!!| `Д´|ノこらぁ!
何となく釈然としないですが、もう喧嘩はコリゴリです。


この調子だと、一生ケンカは私が折れなきゃ終わりそうにありません。
あ〜〜あ、一度でいいから向こうに「ゴメンなさい」を言わせて見たいです・・・・・。(o^^o)ふふっ♪


さっきプラプラしてたら、こんなサイトがありました。
http://www.tepore.com/koe/sei/040520/

これを見て、ケンカなんてどこのお宅も同じなんだな・・・・・としみじみ思いました。

開く コメント(25)

イメージ 1

前回より、すっかり記事を書くのを忘れていました・・・・。


Δらの続き。


誕生日の翌日にダンナ様と別れた私は、半年の間に新しい彼氏が出来ました。
相手はダンナ様の友達です・・・・・・。


自分でも後から考えると「最悪だ〜」と思ったけど、その頃はもうその人とダンナ様は連絡を取り合うこともないような友達関係だったので、あまり気にはしていませんでした。


ダンナ様はと言うと、半年の間たまに連絡はしてくるものの、会うことはありませんでした・・・。


向こうも彼女が出来たらしく、ラブラブなようでした。

だけどね?いくら世間が狭いからって言ったって、またまた相手は私の友達の友達でした。
(いやがらせ??)


そんなある日、ダンナ様から「会って欲しい。」と連絡がありました。

私もまだ好きだったのか、言われるがままにノコノコと出かけて行きました。

用事はと言うと「また付き合って欲しい。」だって。

私は思わず「は?? 」と言ったまま、固まってしまいました・・・・・。

どうやら彼女とはケンカして別れてしまったらしく、(ダンナ様は短気なので、フツーだったらケンカになると思う。)それでまた付き合って欲しいんだって。



私って相当バカだと思うけど・・・・・結局折角出来た彼氏と別れて、ダンナ様とまた付き合い始めました。


客観的に見るとホントにバカよねえ。

結局、その後も色々あったんだけどそのまま付き合い続け、現在に至ります。

母には「あんたってヤ○ザの女みたいよねえ、捨てられても捨てられてもついてくっていうの?」ってイヤミをよく言われました。

だから結婚したいと言い出したときも、両親はあまりいい顔をしませんでした。

でも最終的には「自分の娘の選んだ人なら。」と許してくれました。


24才でプロポーズされて、25で結婚して、26でハナを、29でショーを産んで現在に至ります。

今でも「あの時、断ってたらどうなってたかなあ・・・。(。-`ω´-)ンー 」と時々考える事があります。
そうしたらきっと今とは全く違う生活をしていたんでしょうね。


幸いにも今もダンナ様とは仲が良いし(多分)、カワイイ(?)子供もいます。

この生活の為に色々と犠牲にしたものもあったけど、いまはとても幸せですよ♡



くだらない話にお付き合い頂き、有難うございました♪

おわり。

開く コメント(17)

イメージ 1

ダンナと別れてから約1ヶ月、もちろんそんなにすばやく彼氏が出来るわけもなく・・・・。


私は友達と散々遊びまくってました。
だって1人だと色々と思い出してつらくなっちゃうから。


そんなある日、ひょっこりダンナ様から連絡が来ました。


車で迎えに来たのでそれに乗り込み、家から少し離れたところに車を止めました。

「何かあったの?」と話しかけると、「もう一度付き合って欲しい」だって。

「はあ??何言ってんの??」というのが半分、うれしい気持ちも半分・・。

さすがに1ヶ月では、まだ吹っ切れてはいませんでしたから・・・・・。


でもね、別れるときには「付き合いが長くなってもう友達としか思えない」って言ってた様な・・・・。

結局まだ忘れられない気持ちのほうが強くて、またその日から付き合い始めました。


友達には「甘やかしすぎ!!」って言われました。(笑)


たしかに・・・・「都合のいい女」の典型だもんね。
でもそのプライドよりも、また付き合いたい気持ちの方が遥かにに勝っていました。


それからはフツ〜に今まで通りの付き合いが続き・・・・でもその間も色々と泣かされたなあ。


また数ヶ月後、私の誕生日、11/26日は静岡にある「日本平動物園」へ連れて行ってくれました。

でもね、ちょっとおかしいのよ。だって友達カップルも一緒なんだもの。

フツー彼女の誕生日って行ったら二人きりでしょ??
ダンナ様の態度も乗り気じゃないというか・・・・「何かヘン」でした。

しかもプレゼントも用意してはいませんでした。


次の日、呼び出し電話が来て、車の中で話をしました。

何の話かと思えば「好きな子が出来た。別れて欲しい。」

頭の中は真っ白でパニック。一度目よりもひどかったなあ。

「何で?」と聞くとまた「お前の事をやっぱりもう友達としてしか見られない。」だって。
引き止めなかったら「そういうところが可愛くない。」みたいな事も言われたなあ。

だって泣いて別れたくないなんて言いたくなかったんだもの。
いくら別れたくなくても、そういう性格ではありませんでした。


その日、もう絶対に3度目はないと念を押してそのまま別れました。

開く コメント(12)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事