日本将棋連盟天童支部

天童の本当は良い悪代官です。

全体表示

[ リスト ]

宮城山形対抗戦−1

11/17−18・La楽リゾートホテル

良い悪代官観戦記です。(長文失礼・2回に分けます)

「100連勝に挑戦」記念銅像は建つのか?

〜対抗戦前〜

今年の山形参加選手、出足が悪い。
Aクラスは大体20名くらいと昨年同様だが、Bクラス10名と寂しい。
宮城は、A20名・B25名位になりそう、と大村代表より連絡が入る。
楢ちゃんと必死に奔走するが、好転のきざしがない。
思案にくれてしまった。

〜対抗戦当日〜

結局山形Bクラスは、助っ人さんを入れて13名に決まってしまった。
天童支部教室の小中学生より、康平君・貴如君・紘介君・希美ちゃん参加、そして鶴岡の彪君。
みんな参加ありがとう。みんな強くなって欲しい。
しかし、宮城より15名ほど少ない。対局組合せをどうしようか?
大村代表と何度もメールで打合せを行う。(結構、頭を使った)
結局、第1局目に宮城から山形に助っ人を頼む。(8名ほど)
2局目以降はプロの先生方に多面指しをお願いする。と決定した。
果たして、うまくいくだろうか。

朝、県連の盤駒時計48セットを、楢ちゃん・綾小路さん・悪代官の3台の車で運搬。
途中で細川岩手県連会長と茂木天童支部副支部長と同乗し、会場に向かう。
細川会長は、昨日将棋連盟で将棋の日の感謝状を受けられた。
「昨年、盛岡将棋の日で2千万を集めた功績だろう・・・」と上機嫌であった。

ジャスト9時ホテル到着。大村さんと同着であった。
そして、楢ちゃん・綾小路さんも無事到着。準備はテキパキと終了した。
選手の方々もぞくぞく集まってくる。
ドタキャンは山形の1名のみ(仕事で仕方ないようだ)。

さて、問題の組合せが始まった。
今回は、宮城の達人熊谷さんが欠席。女神杉山さんとアイドル伊藤さんが奮闘している。
藤原さん・桂一郎さんも対局に参加せず、事務局を手伝っている。(すみません)
しかし、以外とスムーズに終了したようだ。(案ずるより産むが易しか?・大村代表お休みは申し訳ない)

開会式が始まった。大村代表のすばらしいあいさつ・花輪のしょうもないあいさつ。
来賓あいさつは、細川会長と山形県将棋順位戦寺沢会長だった。(山口県連会長は所用で欠席)

さて、いつものように自分の対局を振り返りながら様子をお伝えしよう。
(今回、英ちゃんが2日目朝帰るので、レポートはなしらしい、残念)
しかし、家に戻ってから棋譜と図面がなかなか作れない。
思い出すのに時間がかかる。寄る年波には勝てないようだ。

1回戦 対鈴木彊さん ○(逆転勝利) 団体 山形 16−21 宮城

イメージ 1

図ではハッキリ悪いと感じていた。ここで48玉と粘る。鈴木さん55銀が悪かったようだ。
以下、49玉・64歩・55銀・65角・64馬・47香・58玉・48金・69玉と逆転勝利だった。
55銀では38金・同飛・同銀成・同玉・65銀なら敗勢だった。鈴木さん申し訳ないです。

12:40ころ、先生方が到着した。大介先生・太地先生・真梨花嬢である。

さっそく、昼食。ここで、今日のルールを説明。
今回は「女流に優しい愛の鞭ルールPART2」です。
昨年参加の真梨花嬢「ほう、PART2があるのですか?」と心配そうに聞いてくる。
悪代官「昨年は、1時間切れ負け3面指しでしたが、今回は6面指しです・・・・」
初参加の太地先生、驚いた様子。真梨花嬢は納得の表情。
大介先生「これはやりがいがあります・・、全部勝っても良いのですか・・・」と強気の言葉。
悪代官「当然です。本気で真剣勝負お願いします。女流には豪華全勝賞ありますから・・・」
さて、先生方の結果はどうだろうか?

別行動の環那嬢よりメールが入る。(昨日から午前中まで、天童開催のJR東日本将棋大会に出席中)
支社長より昼食(天童名物新そば)の招待があり断れないとのこと。午後2時ころ到着になるらしい。
エスコート役の石塚さん(JR大会S級準優勝、対抗戦参加で車で乗せてくる)よりも電話があった。
「上司の誘いは断れない」は世の常だろう。仕方がない。

2回戦 水戸正勝さん ○(終盤よれよれ) 山形 24(40)−(43)22 宮城

イメージ 2

序盤作戦負けから中盤少しづつ盛り返す。この局面で決め手があった。
64龍だった、同歩は93角から詰み。
後ろで見ていた茂木さんより「あれが解らないとは・・・ダメだなぁ〜」
41龍(一手パス)と指したため混戦、よれよれになってしまった。辛勝。
(図で73銀から47手の即詰みは、PCで検討した結果。こんなの解るわけがない)

仲良しこよしPART2(PART1は先週将棋の日の初美女王)、東北普及部長環那嬢が、
「るんるん」と会場に入ってきた。
悪代官「お〜環那ちゃん、元気?○○も元気?」
環那嬢「元気ですよ〜、ピンクですから・・・」
一瞬意味が分からなかった・・・。(汗)

英ちゃんが環那嬢にサインをねだっている。珍しいことと感じる。
仕事のお客さんと行きつけのママさんへプレゼントのようだ。
色紙は、夢・希望の言葉が多かった。
英ちゃんに「いちご味」と書いてもらえば・・と言えばよかった。(詳細は東北6県レポート参照)

3回戦 和田信也さん ●(ひどい見落とし) 山形 31(71)−(60)17 宮城

イメージ 3

35歩と和田さんが指したところ。意味が分からない同銀と取る。そこで、53角で飛び上がってしまった。
見落としで不利になった。
以下、34歩・97香成・同桂・同角成・89玉・34銀・同銀・同金・88金と進む。
不利だが結構難しい局面のようだ。
その後、少しづつ悪くなった。実力の差だろうか。残念。

これで、初日最終局が終了した。
団体は、山形71−60と逆転した。
ただ今回は、宮城選手が多いため、先生方と宮城の方が対戦する対局が多い。
先生方の勝利でリードと言える。
大村代表は、今回は山形勝利で仕方ない。そんな雰囲気であった。(申し訳ないです)

先生方は、真剣本気モードであった。
大介先生、12−0・太地先生、12−0・真梨花嬢、7−0と全員全勝。
環那嬢は、0−3と対戦相手を喜ばせている。(ファンサービスだろう)
太地先生感想「指導対局でこんなに本気になったのは、初めてです。」とお疲れ模様。
初日3連勝者は
山形 川名さん・佐野さん・怜央君(奨励会5級)
宮城 諏訪部さん・根本さん・前小屋さん・和田さん・庄司さん

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事