日本将棋連盟天童支部

天童の本当は良い悪代官です。

全体表示

[ リスト ]

宮城山形対抗戦−2

続き

さて、お楽しみ懇親会である。
先生方の色紙・島先生からの将棋本、の大抽選会もある。
気仙沼支部長小山さんの乾杯で開始された。(大震災の時は1分の差で助かった・・・と言っていた)
差入れの地酒が5−6本、皆さん堪能されたようです。
環那嬢は、明日仕事のため途中でお帰りになった。(ほとんど話せず残念であった。)

大介先生は上機嫌。
「今日は危ない対局があった、お互い数分の残り。ここで、意表の王手で15秒考えさせ〜、
読みに無い手で30秒削り〜、最後は見事な即詰みだった。・・・わははは・・・」
なにもアマ相手にそこまでやるかなぁ〜、しかし本気モードの証拠だ。うれしいことです。

「今日全勝だったので、昨年より27連勝。100連勝したら何かあるのですかね〜」と言っている。
悪代官「当然あります。記念に銅像を建てましょう・・・」と約束した。
大村代表と相談、明日の第5局、宮城山形の精鋭6名を指名することにした。
今回全勝で、45連勝になるだろうか。

70名ほどの宴会は大盛会だった。全員から一言を披露してもらった。(毎年恒例)
みなさん、将棋の話し等で盛り上がっている。先生方も楽しそう。
9時ころにお開きになった。
2次会は、各自それぞれの楽しみ方。(将棋・温泉・マージャン・飲み会等・・・)

私は、細川会長・太地先生と5名ほどでホテル内居酒屋に移動。
細川会長上機嫌「私のモットーは、金は出すけど、口は出さない、これでなくてはいかん・・・」
「今、岩手県が東北で一番まとまっている・・と先生方も言っている・・・」ますます上機嫌である。
確かにその通りです。桂一郎さんと悪代官はうなずくのであった。(会長ごちそうさまです)

宮城の幹事部屋に移動、先生方と3次会。その後山形幹事部屋へ(英ちゃんが迎えに来た、自室)。
大村代表のワインをいただいた。
いつの間にか眠りについたようだ。(隣のイビキは全然気にならなかった)

2日目、朝7:30に起床。皆さん、もう起きていた。
さっそく準備して、朝食バイキング会場へ。
すごい混雑で、テーブルがなかなか空かない。しかも、空いているところは食べ終わった食器が散乱。
スタッフが足りないようだ。(ホテル王将の渋谷社長に言わなければならないか・・・?)

さて、2日目だけの参加者が顔を見せた。
山形選手少ないと知った、真和さん・軽部さん・古谷君・板垣さんが参加、感謝したい。

2日目の最大の興味は、先生方が全勝を成し遂げるかどうか。
大介先生は、張り切っている。これは要注意と感じる。
本気で100連勝を狙っているようだ。
太地先生も本気モードを感じる。

4回戦 今野盛基さん ●(途中勝ちと思ったが) 山形23(93)―(82)22 宮城

イメージ 1

図で79銀打に98玉と指したところ、これが悪手だった。89玉の方が良かったようだ。
37金と桂を取ったのが好手。次の86桂を見落とした。
ただ、詰めろではない。ここで先手からうまい詰めろがあれば・・・。
しかし、ピッタリの手はなかった。65銀(悪手)・53玉・33馬と進む。86桂で先手玉は即詰みだった。
今野さん「花輪プロにしばらくぶりに勝った〜」と大喜び。
しかし、私はプロではない。このお返しは次の山形県順位戦だ。くやしい〜。(笑)
今野さんは、最終局も綾小路さんに逆転勝ち、今大会、乗りに乗っていたようだ。

太地先生、痛恨の一敗。山形の岡部寛大君に敗戦。(当然平手)
「中盤まで優勢だった、終盤で逆転負けはプロとして恥ずかしい」とガッカリだった。
寛大君、終盤の強さは本物だろう。

大介先生も駒落ちで敗戦。100連勝はなくなった。しかし、平手で勝たねばならない。
真梨花嬢も敗戦。少し息切れだろうか?

5回戦 佐藤春雄さん ○(中盤佐藤さん見落とし) 山形 21(115)−(105)23 宮城

イメージ 2

図で先手玉のが固い。互角の攻め合いになれば勝てそう。後手35歩の狙いにどう対応するか?
本譜は74歩だった。(24歩が嫌だったが)以下35歩・同銀・同銀・同歩・34歩・36歩・33歩成・同金・45桂・32金・53桂成・37歩成・25飛・34銀・29飛で先手大優勢だった。佐藤さんちょっと勘違いがあったようだ。

大介先生へ精鋭の挑戦。宮城の浅野翔平さんが見事金星を挙げた。
大介先生「終盤の強さにビックリしました。詰まないと思ったが、見事に詰まさた。」強い、と感想。
これで、記念銅像建設は白紙に戻った。またの挑戦をお願いいたします。

6回戦 真梨花嬢 ●(最後は即詰みだよな〜) 山形 29(144)―(118)13 宮城

イメージ 3

図は67歩成と真梨花嬢ゲタを預けた。ここは、後手玉は即詰みのはずだ。
数手前から読んでいた局面だった。時間はたっぷりあるし余裕で読みに入った。
隣の大村代表も優勢だし、2人揃って勝てば万々歳である。
93銀から入る、以下同桂(クビをかしげながら)・同歩成・同玉・85桂・84玉・93角・85玉・86香・94玉、
・・・「うっ」・・・。
ここで重大な見落としに気づく。真梨花嬢「ほほえんだ」気がした。

イメージ 4

なんと、96香・95歩・同香・同玉・85金・96玉で打ち歩詰めだった〜。
投了するしかなかった。感想戦で前図の局面は詰みがあるはず・・となったが以外と詰まない。
では、67金・同飛成としてから詰ます?との結論になった。なにかスッキリしない。
家に戻ってから、PC先生に問い合わせた。先生は、0.01秒で正解を教えてくれた。(13手詰み)
皆さんもお考えください。(正解は文末に)
大村代表は見事勝利、昨年のリベンジを果たした。おめでとうございます。

すべての対局が終わった。みなさんお疲れ様です。
団体戦は、山形勝利となった。これは、先生方の力だった。宮城の方々には申し訳ない。
通算成績は、6勝6敗の五分に戻った。また、来年も熾烈な戦いが予想される。

閉会のあいさつ
太地先生「帰りの新幹線はゆっくり寝られそうです。」一言で先生方の気持ちを表した。
本当にお疲れ様でした。また、来年もご指導をお願いいたします。

島先生には感謝しきれない。本当にありがとうございました。
事務局・参加選手の方々もありがとうございました。
来年、天童でまた戦いましょう。

最後に、会場に掲示した詰め将棋を・・・(世界で一番難しい7手詰み)
約30年前に見たことがあった。貴如君が持ってきたものだ。
PC先生には聞かないように・・・(0.01秒で教えてくれるが・・・)

イメージ 5

真梨花嬢との対局、詰み手順
93角(角から入るのが正解)・同桂・同歩成・同玉・85桂・94玉・95銀(これが好手)
・同玉・96香・同玉・97香・85玉・95金まで。


http://www.shogiyamagata.com 日本将棋連盟山形県支部連合会HP

宮城山形対抗戦に記事・写真等あります。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

レポート楽しく読ませて頂きました。
遅くなりましたが将棋の日では大変お世話になりました。
棋士の方がとの二次会は夢のようなひとときで忘れることが出来ません。特に名人の登場は本当に驚きました
環那さん山形に来られていたんですねえ
二段昇段のお祝いを直接伝えるのは何時になるやら・・・
ピンク・いちご味気になります・・・
今度お会いしたときよろしければ教えてください
それではまた宜しくお願い致します 削除

2012/11/24(土) 午後 8:29 [ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事