日本将棋連盟天童支部

天童の本当は良い悪代官です。

全体表示

[ リスト ]

宮城山形対抗戦−1

悪代官観戦記−1


〜悲痛な叫びは、冷たい秋雨に消えて行った〜


〜対抗戦前〜

ここ数年同じ事を書いている気がする。
今年も山形参加選手、出足が悪い。
Aクラスは10名、Bクラス10名とみなさん大会続きでお疲れモードだろうか。
宮城は、A25名・B15名位になりそう、と大村代表より連絡が入る。
また、楢ちゃんと必死に奔走するが、好転のきざしがない。
また、思案にくれてしまった。

〜対抗戦当日〜

必死の懇願が功を奏したのか、同じくらいの選手がそろった。(1日でもOKとお願い)
天童支部教室の小中学生より、康平君・貴如君・紘介君・はるひで君・希美ちゃん参加。
そして鶴岡の彪君・新庄のしおん君。
みんな参加ありがとう。みんな強くなって欲しい。
県外(岩手3・福島3・東京1・宮城2)の方々は山形助っ人をお願いした。
しかし、宮城より5名ほど少ない。

2回戦からプロ棋士の先生方多面指しで調整をお願いすることになった。
しかし、これは山形有利になるルールである。宮城に申し訳ない。

朝、県連の盤駒時計50セットを、天童ホテルトラックで運搬。
これは、定跡になった。非常にラクチンである。

みなさんのお手伝いで、準備はテキパキと終了した。
選手の方々もぞくぞく集まってくる。

受付・会計・組合せと宮城の女性陣に事務局をお願いしてしまった。
女神杉山さんとアイドル伊藤さん、そして今回初事務局の女流強豪ひろみちゃんが奮闘している。

開会式が始まった。大村代表のすばらしいあいさつ・花輪のしょうもないあいさつ。
来賓あいさつは、2年間の続投が決まったばかりの山口雅則山形県連会長。
「天童はあまり良いところがない・・・・」自虐ネタでみんなを苦笑させた。

さて、いつものように自分の対局を振り返りながら様子をお伝えしよう。
(今回、英ちゃんが夕方から参加でレポートはなしらしい、残念)
しかし、家に戻ってから棋譜と図面がなかなか作れない。
昨年より時間がかかる。寄る年波には勝てないようだ。(昨年も同じ事を書いた気がする)

1回戦 佐藤光政さん○(優勢から難しい?) 団体 山形 19−19 宮城

イメージ 1

優勢だったが緩手連発、図で急に難しいことに気がついた。10分の長考になってしまった。
実戦は、41竜(?)・54飛・45竜・36歩・54竜・37歩成・52竜・57角成(?)・64桂で勝ちになった。57角成で62金ならば難しい形勢であった。
実は、図ですばらしい寄せがあったことを帰ってから気がついた。手順は
74桂・92玉・82銀・54飛・61竜・同銀・93香・同桂・91銀成・同玉・73角成で詰み。

13時過ぎ、先生方が到着した。富岡先生・飯塚先生・環那嬢である。

環那嬢、ルンルンと登場。
さっそく、今日のルールを説明。
今回は「女流に優しい愛の鞭ルールPART3」です。
悪代官「昨年は、1時間切れ負け6面指しでしたが、今回は4面指しです・・・・」
初参加の富岡先生・飯塚先生、驚いた様子。環那嬢は納得の表情。
富岡先生「え〜自分で時計を押すのですか・・・、これは初めてです」と心配そう。
悪代官「先生方の成績も対抗戦の結果になります・・・厳しく指導お願いします」
環那嬢「私は女流ですから・・2面ですよね」と甘いことを言っている。
悪代官「男女機会均等法(?ちょっと違うか)ですから、申請は却下です」
飯塚先生「これは面白そうです・・・」
システムは好評のようだ。

悪代官「環那ちゃん、矢内会長の結婚式は出席ですか?」
環那嬢「当然行きますよ♪」
ふ〜〜ん・・・その場でお医者さんをゲットする気では・・・とは、言えなかった。
(図星だとまずい・・・・汗)
悪代官「初美嬢の結婚式に招待もらいました」
環那嬢「聞きましたよ、東北では花輪さんだけのようですよ〜」
悪代官「それは光栄ですね、環那ちゃんも当然出席?」
環那嬢「う〜ん、行かない・・・ウソウソ、いくらつつめば良いか、悩んでいるところ」
ツンデレ仲良しライバルは、微妙な関係のようだ。

2回戦 山口昌幸さん ○(中盤より良くなった) 山形 41−42 宮城 接戦。

イメージ 2

序盤作戦勝ちからの図。ここで54歩が良かったようだ。以下86歩・55桂・54金・63桂成・
同金・45銀・58歩・同飛・55歩・54銀・同飛・71銀以下勝ち。
駒得から穴熊の堅陣で勝ちきることができた。穴熊の優秀性を感じる。


環那嬢「花輪さん、対局しましょう」とお誘い。
悪代官「了解しました、手合いに言ってきます」
環那嬢「では、2面にして下さいね♪」
悪代官「了解です」と事務局席に向かった。
・・・・・・
悪代官「悪代官の力は及びませんでした。4面指しになりました」
環那嬢「ダメ・ダメ・ダメ、絶対だめ〜〜〜全勝するのだから〜」
(両手を合わせて懇願されたが・・・)

悲痛な叫びは、冷たい秋雨に消されてしまった。

本当は、悪代官の愛の策略とは、純情可憐な環那嬢は知るよしもない。
(良い悪代官は本当は悪い人か・・・・ニヤリ)

3回戦 環那嬢 ●(慣れない戦法はダメ) 山形 64−65 宮城 接戦が続く。

イメージ 3

慣れない振り飛車であるが、先手菅井流穴熊を試したかった。
序盤失敗・中盤ぼろぼろ、いつ投了してもおかしくなかったが、悪代官の策略(4面指し)で環那嬢決めることが出来ない。(ヒヒヒ・・・)
徐々に差がつまり形勢不明の良い勝負になった。
環那嬢のボヤキ「飛車を追いかけられた・・・ストーカーのよう・・・」と苦悶の表情。
しかし、図で間違えた。41馬(?)・58歩成・32金以下1手負けになってしまった。
ここは、27銀で難しかった。残念無念。
環那嬢、私には勝ったが他の3人に負けたようだ(悪代官策略ミスか?)。

英ちゃん登場。さっそく環那嬢に7手詰めを出題している。
これは難問のはずだ。5分1本勝負である。

イメージ 4

しかし、環那嬢1分で正解。(チェッ・・・面白くない)
みなさん、ぜひ挑戦をお願いします。

これで、初日最終局が終了した。
団体は、山形64−65とすごい接戦になっている。

先生方は、真剣本気モードであった。
富岡先生・飯塚先生感想「指導対局でこんなに本気になったのは、初めてです。」とお疲れ模様。

初日3連勝者は
山形 鷲田君・小林さん(岩手)・康平君(小6・すごい+えらい)
宮城 庄司さん・渋谷さん・初田さん・柳田さん(東京)

観戦記2に続く。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事