日本将棋連盟天童支部

天童の本当は良い悪代官です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

支部タイトル戦

3/17

3月支部タイトル戦開催

支部対抗戦天童支部予選会の最終出場者決定戦でもあります。

タイトル者は最終予選に参加できます。

予選会は敗退の〇〇君、最後のチャンスでした。

結果表

イメージ 1


吉田君(今年山大将棋部に合格した)

受験のブランクを感じさせながらも、地力を発揮したようです。

見事優勝しました。(同時にタイトル奪取)

〇〇君、惜しくも届かず、残念。

支部対抗戦最終メンバーです。

イメージ 2


3/21は熾烈な戦いが予想される。

みんな、奮闘を期待します。


そして、少し残念な報告。

小学生名人戦東日本大会に出場中の無着君

決勝トーナメントに進出していましたが

優勝者に惜敗、こちらも残念。

これは、支部対抗戦でリベンジ期待したい。

イメージ 3

開く トラックバック(0)

石井先生指導

3/16(土)

今回、見事、順位戦C1昇級を果たした、石井健太郎五段においでいただきました。

加瀬師匠の代理です。(受ける子供が多すぎて、対応が難しい?師匠はもうお年か?)

最初は、こま八君チビ、と記念撮影(おひなさまバージョンにて)

イメージ 1


指導後の講評

イメージ 2


成績表(あれ?六段になっている、五段が正解のようです)

イメージ 3



新幹線まで、お茶休憩

石井先生感想

二枚落ちと飛香落ちが多く、驚いた。

40名以上の子供と対局は、最後、よれよれ、でした。

これだけ子供が集まるのは、すごい。

将棋連盟子供教室で指導中とのこと。

最近、子供が大勢、100名を超すとか。

指導陣も棋士10名以上でしている、とのこと。

大変、お疲れ様でした。ありがとうございます。


最後におまけ、うちの愛犬です。

イメージ 4


見た目は、まだまだ若い(5才くらい?)ですが、今年16歳の老犬です。

名前は、チワワの「ちくわ」

おやじギャクではありません。

開く トラックバック(0)

初段を目指す

マイナビから本が発売された。

序盤中盤の次の一手問題集だ。

436問ある。

初級ー中級ー初段と分類されている。

初段を目指す、子供たちにぜひ読んでほしい。(特に小3以下)

3回読むことが必須だ。

熱意と根性が試される。

初段になるためには、絶対、必要なことです。

挑戦してほしい。3回終わったら、初段の力がついているだろう。



イメージ 1

開く トラックバック(0)

新しいPC買いました

いつも使っているPCが、限界に達したようだ。

excelの立ち上がり、起動も、限界を超えて遅い。

新規PCを購入(約20万弱)

近くのBTOショップにて、組み立ててもらった。

SSD500G+HDD1T・corei5-9600k・8Gメモリー・・

将棋ソフトやねうら王の速さに驚く。

イメージ 1


1秒間に約500万局面を読むスピードだ。(図のNPS値、i7-9700kは700万局面だったが)

いままでのPCは10万局くらい。(5年以上前のマシン・・)

棋譜検討もラクチンである。

図は、先日ゆぴあ杯の山大Tさんとの将棋を検討中

ここは、先手の私がかなり悪いと思っていた。

しかし、評価値は、そんなに悪くない?(う〜ん、信じられない)

ここに、人間とAIの差を感じる。

しかし、ゆぴあ杯の将棋はおかしかった。

よく優勝できたものだ。

決勝は、終盤馬をただでとられた。

どうして逆転したのか?今でも不思議である。

さっそくAI先生に聞いてみよう。

今から、将棋が強くなるだろうか。

開く トラックバック(0)

低学年指導

山形新聞観戦記

はるき君の対局だった。

低学年指導の所感も書かせていただいた。

イメージ 1


イメージ 2


みなさんのご意見をお願いいたします。

そして、もう一つ思ったこと。

前に、坂井君のお母さんが、熊坂先生のロングインタビューの件

人文学から将棋を見る。(と、私は思っていたが・・・)

これは、間違いだった。

人文学は人間を研究することだったのだ。

つまり、将棋を指す人の研究だった。

ここで、気づいたことがある。

低学年の子供たちは、どうして、楽しそうに、将棋を指すのだろうか。

これは、将棋の本質を考えることだ。(強くなるためのポイントがあるはず)

・・・・考慮中

「未知との出会い」の言葉浮かんだ。(本質は短い言葉で表せる。)

将棋が発明されてから、500年以上の月日が流れている。

そして、驚くことに、1局も同じ棋譜がない。

これは、すごいことだ。(81ますの宇宙と呼ばれるゆえんかも・・)

指せば指すほど、新しい局面に出会う。

子供たちは、そこで考える。

これが楽しさの原因ではないか。

そして、・・・強くなるためには、未知の局面でどう指すのか?

これが、指導方法のポイントではないのか。

もっと、研究しよう。


なぜか一句

未知の道 恐れを畏れん 我は立つ

はぁ〜、また50点か。

追記

散文的(普通の文章)と気が付いた。修正。

我は立つ 恐れを畏れん 未知の道

52点か?(たいして変わらんか)


今宵のウイスキーは、なぜか甘い。(なぜか昴の歌詞が流れている)




追加

本質は短い言葉で表せる

このことで、小話を

あるスナックでカクテルの名前を考えることになった。

カンパリーソーダ(赤い色)は、男性が女性をナンパする前に一杯ひっかけて行くのが起源らしい。(?)

そこで、私が命名したのは・・・

この話を、ある女流棋士二人(N女流と今はT女流)にしたことがあった。

それを聞いた二人は、速足で去って行ってしまった。

〇〇〇〇と勘違いされたのだろう。

だから、S元理事より、女流と2次会禁止令がでたのかもしれない。

そのカクテルの名前は、・・・・直接お問い合わせください。(やはり書けない)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事